マギタイト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夜の国で取れる特殊鉱物であり、魔力に反応して微々たる光を放つ。一定量の魔力を蓄え発する能力を持っているため、大規模な魔術を行う際に使われる事や、武器に組み込まれる事が多い。小さい物なら比較的安易に採掘できるが、大きく質の良い物を掘り当てるのは至難の業であると言われている。其々発することのできる魔力が決まっており、光の色で見分けられる。

最高品質のマギタイトを見つけるには紅月の夜(年に2,3度月の魔力が濃くなり赤く染まる日)の翌日が最も良いと言われているが、近年数々の採掘により数を減らしている。
最近では氷の国のガルボ博士により「魔力自動変換装置」が発明され、カノッサなどの脅威に対抗すべくマギタイトを組み込んだ戦闘用アンドロイドが導入されつつある。
ルルーメン国際学術会議襲撃の際の会議内容が、まさにこのアンドロイドについての事であった。

/フリー設定ですので使って貰えれば嬉しいです&ページ編集はどなたでもご自由に!