サトー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新世界に最初に到達した能力者の一人。
自身の存在を隠蔽する、という能力を持つ。
能力者の力を増大させることにより自らの存在を相対的に矮小化、身を隠すという方策をとっており、戦いを経て「他人の能力を意図的に増大」させることも可能となる。
能力の使用には膨大な量の糖分が必要であり、能力の強大化につれてその消費量も増えていった。

フリー能力者たちの互助組織「連合」の立役者であり、また米軍司令官ゲイツとの個人的な親交を生かして連合と米軍の蜜月関係を築いた。
さらにダイヤモンドのような宝玉を保有し、アル・アジフの欠片を取り込むなど自らを省みないとも言える能力の強化に努める。
戦いの中、恋に落ちたアイリスを守るため、仲間を守るため。
サトーは自らの変調を知りながら、戦う力を求めていった。クリムゾンとの戦いの中、サトーにひとつの転機が訪れる。
宝玉の化身、ダイヤを管制システムとすることによる戦闘能力の飛躍的な向上である。
だがそれは同時にダイヤの特性である太源との接続をも意味していた。
太源への接続は本来人の身に叶うことではない。太源の無色の力は、サトーの人としての部分を容赦なく削り取っていく。
アイリスを守るための戦いを経て、ついにサトーは倒れ伏す。度重なる戦いの傷、太源からの侵食。
勝利王煎餅屋による外科手術によって、ダイヤから切り離されたサトーだが、その体自身も太源との接続をすでに確立していた。

宝玉と人の狭間に置かれたサトーは、目を覚ますことなく眠り続けた。――そう、彼が一番守りたかったアイリスを守ろうと戦う、最期の戦いまで。

ダイヤの身体を侵食する形で復活、アイリスを守り敵を退けたサトーだったが、ついにサトーの機能は限界に達した。
新世界において倒れ、再起不能と化したサトー。
旧世界では他人に認識されなかった彼は、新世界において信頼できる友人、そして愛する人を得た。
彼がどのような思いで戦い、どのような思いで倒れたのかは余人に差し量れることではないが、それでも彼には満足があったのだろう。

アイリスが魔界に行くことに伴い、ギランがサトーを宝玉化させて魔界へと、アイリスの元へと連れて行くことを決意。
ギランは魔界へ向かい、アイリスを連れ地上に戻る。そして宝玉化したサトーはアイリスと再会したのであった。