一二三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

心に傷を抱える少女。
何かキッカケがあると直ぐに怯えて痙攣する。

常に頭に狐の面を斜め被りしており浴衣を着ている。
これ以外身につけておらず浴衣は母のプレゼント。
母を捜すためこちらの世界に来た。
背中には見るも無惨な巨大な傷があり彼女の心の傷でもある。
したがって魔力等で治療しようとしても逆に傷が大きくなる。

夢魔を使う、しかし夢魔は具現化はわずかな時間しかできず基本戦法は、
睡眠薬の飴を使い眠らし夢魔により精神を責めることで戦う。

命の危機には【恐怖】が召還される

【恐怖】は体長数十mで顔には恐怖の仮面、黒いパーカーと黒いローブを着ている。
能力は圧倒的だが直ぐ消える。消えた後は一二三の身体の傷が開く。
/正確には5レス返されることで消失