水の国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水統王の里?
アクア二ウムという魔法装甲や魔法具に使われる資源がとれるらしい。
機関による襲撃が二度あった。現在は、かなり復興している。
闘技大会のスタジアムはここにある。
国のいたる所に噴水などの水に関わるオブジェなどが存在する
中央近代都市部には機関の水の国支部が存在する

首都はフルーソ

Phosphorusという人気の喫茶店がある
ディストン植物園という大きな観光名所の植物園がある

またNo.50と思われる人
物によって大きめの噴水の一つがひどく強化されてしまっている。

  • 水没遺跡ミルタニア
北西部に存在する規模の大きい遺跡群
元は古代の都市のようだが今はほぼ湖の中に沈みかけている
この忘れさられた遺跡が生まれた経緯は、どうやら古代兵器の暴走によるものらしい
暴走し、膨れ上がった水の魔翌力は、都市そのものを喰らったのだ
元々盆地だったのが災いし、完全に湖が出来てしまったのだった
水面は浅いため、まだ建物の残骸などは確認できる

  • 近代都市 ミール・シュタイン
国の中央部にある都市、企業ビルや高速道路が所せましと並んでいる
自然は少なく、様々なデジタルモニターや、自動で動く道路など、ハイテク尽くしだ
流石に〝星の国〟とまではいかないが、主要国の都市たる技術力と人口数を持っている
【旧市街地 近代化される前の市街地、建物は朽ち果てたものが多く、不良やギャングの溜り場になっている】
【噴水広場 数少ない自然があるエリアであり、中心部の大きな噴水は一見の価値あり】
【地下倉庫街 地下に広がる企業などの物資がある倉庫街、人通りはすくない】
【道路 一般の4車線式道路と、その上を走る陸橋型高速道路がある】
【エアポート 飛空艇が停泊する事のできるいわば空港である】
【都市庁 街の中心部にある大きなタワー、中では都市の様々な公務が成されている、警備も厳重である】

  • アクエリアス・ブリッジ

【都市と都市を結ぶ、海の上に広がる巨大な橋、全長は10kmはありそうだ】
【車道だけではなく、しっかりと歩道も大きくスペースを取られ、観光名所としても有名だ】
【ここから望む夜景は優美の一言であり、夜間はカップルたちで賑わう】

機関のテロの標的になり、現在は修復の為に一時的に通行できなくなってる