ナツキ≪旧No.1≫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最高位のナンバーを持っていた機関の一員。表向きは作戦行動中に死亡した、という事になっている。
現在単独行動を行っているが、離反する意思は彼女には無い。

魔力の「変質」の能力者で、精密な魔力操作を得意とする。
即席の魔導兵器を作り出したり、既存の魔術を利用したりと攻撃方法は多種多様。

彼女が常時展開する術式に“十二単”というものがあるが、これは身体に最大12枚の対物防禦障壁を展開するという内容のもの。
この障壁は多く“纏う”事によって防御力が上がるが、その分機動力を代償とする。逆に言えば、障壁が薄くなる程機動力が増加する。
相手にとっては、それが頭では理解出来ても、戦闘中にそれを見極めて行動するのは至難の業である。


桜花
周囲に放出した魔力を大量の桜の花弁の形状に変化させ、相手に向かって射出。
最後の花弁を射出した時点で花弁一つ一つに込められた〝炸裂〟の術式を発動、その全てを爆散させる。
花弁を直接衝突させる事で裂傷を与える事が可能だが、花弁一つ一つの速度は然程高くなく、余程足が遅くなければ回避が可能。
和泉 文月の技に似通った部分がある。
/名前の元ネタは太平洋戦争中に開発された航空特攻兵器「桜花」。

震天
相手の懐に潜り込み、身体のばねを利用した勢いで相手を上方に向けて吹き飛ばす技。
元々は〝和泉一心流〟の技で、次の技を防御が薄れた相手に叩き込む目的で使用される。
/震天とは、天を動かすほどに勢いの盛んなこと。第二次世界大戦期の特別攻撃隊の中に、「震天隊」というものが存在していた。

月華
刃全体に魔力を纏わせ、刃を振るうと同時にその方向に〝刃型〟の魔力を放出。魔力の量によっては巨大化する。
減衰せずに直進する事が特徴。離れた相手に対しても威力が変化しない。
/月華とは、月光を意味する。

銀星月華
月華の強化版。相手の攻撃を〝破壊〟する効果を持っている。
/銀星は家紋の名前の一つ。だからと言って特に意味は無い。

断空絶景
正面に魔力の刃を射出する技。月華と違って速度と方向をある程度操る事が出来るが、その分魔力消費が大きい。
刃に込められた魔力で飛行する為、特定の距離を超えると消失する。

散桜夜雨
〝斬撃〟を特定の座標に固定し、一定の動作を行った瞬間に全てを一斉に射出する技。
相手を一撃目で固定し、その寸前の座標に二撃目以降を配置する事で一気に斬撃を浴びせる事も出来る。
武器を鞘に収めた瞬間が一定の動作のデフォルトに設定されている。

破踏閃華
刃の切っ先に魔力を集中させ、突きが命中した瞬間に魔力を波状に放出。
対象の装甲を無視し、直接相手を破壊する。

烈天蒼衝
刃に魔力を込め、そのまま相手に斬りかかる基礎的な技。
込める魔力量によって刃の威力が増減し、威力が限界まで高められた際には刃全体が蒼く染まる。

斬神剣
限界まで高めた魔力を一閃の内に解放。巨大化した斬撃で周囲の空間ごと対象を引き裂く絶技。
空間を切断する〝断空〟とは異なり、概念的に引き裂く事は出来ない。あくまで〝密度〟で断ち切る技。
/斬鉄剣の語呂の良さは異常。

暴風連影
回転するように四連続で斜めに斬り付けた後、駆け抜けるようにして相手の背後に回り込み、更に一撃を加える技。
脚力を用いても相手の背後に回れない場合は、月華へと繋がる。

双龍乱舞
両腕に刃を握り、神速の連続攻撃を相手に叩き込む技。
威力よりも手数を重視しており、やや体力を消費し易い。

掃蹴剣
相手の武器と接触し、弾かれた瞬間に一気に力を込めて自らの武器を引き戻し、相手の得物を弾き飛ばす技。
かつて戦った事のある、とある能力者の剣技をラーニングしたもの。
失敗した場合でも、強烈なノックバック効果を発揮する。

皇陽烈火
高く跳躍し、〝衝撃波〟を纏って相手の近くに降下する技。
相手に直接触れずに吹き飛ばす事が出来る他、直接的な攻撃力も持っている。
降下の軌道は読みやすいものの、衝撃波の範囲が非常に広い。