K-9999


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カグヤが面白半分でノアに提供した髪の毛から作られたクローン。
名前はKAGUYAの9999番目のクローンであることからつけられた型番。カグヤには「カヤ」と呼ばれている。

本来ならば失敗作であってもおかしくない、幼い姿に白髪、赤眼という風貌をしている。
知能の発達も不十分で敵味方の判別が出来ないところもあり、かなり危険な存在。

実は単なるカグヤのクローンではなく、炎系の能力者細胞を混ぜてあるらしい。
そのため普通の髪ではなく、炎を髪に纏わせる“炎髪”が使用可能。もともとのカグヤの弱点である炎を克服した。