※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺か?俺は「剣聖」になる男だ!

名前 遊(ゆう)
出身 火の国
職業 鍛冶師(主に刀剣)
趣味 武器蒐集
目標 最強の剣士「剣聖」になる
能力 剣の生成・変形・操作
性格 短絡的且つ熱血漢だが自己中心的側面も併せ持つ
備考 人外。死神を父、剣の精霊を母に持つため身体能力が圧倒的に高い

《戦闘スタイル》
その圧倒的な身体能力に物を言わせ、生成した剣でゴリゴリ押していくタイプ
近接戦闘の能力は能力者スレでもトップクラスの性能を持つ
また、実質限度無しの生成能力に物を言わせ、投擲という手段をとることで中距離の牽制も可能
単純な膂力も圧倒的で、普通の剣から魔人が繰るような巨剣まで振るうことが可能
その代わり格闘による戦闘はあまり得意とは言えず、なんらかの方法で剣を封じれば一方的に封殺できる


《戦闘能力》
戦闘に於けるスペックは非常に高い
主に生成する巨剣「バスターソード」は非常に強度が高く、サイズも大きいため盾としても有能
そのため、圧倒的な攻撃力・防御力を誇る
さらに本体も相当頑丈に出来ているため、完全に戦闘不能に追い込むのは至難の業
勝率が圧倒的に高いキャラだったりして、中の人は戦闘するたびに申し訳なさでいっぱいになる


《日常生活》
聖都と水の国の中間地点である、川の流れる平地にぽつんと居を構えて工房を開いている
聖都と水の国に赴き武器を売る姿や、森の中で修練に励む姿が見れる
主な出没地域は、聖都・水の国・火の国である
恋人のルシファーと家でらぶらぶちゅっちゅっしてることも
困ってる人や、路地裏で悪事を働いてる場所に出没し自分の正義を押し付けて去っていくという報告も


《所属》
元・レーゲンボーゲンのメンバーだったが、解体とともにフリーとなる
自ら組織に加入する意思は見せないが、スカウトされれば検討はする心持である


《武装》
一時期はでっかい剣を背負って二本の刀を腰に差して帯状の剣を腹に巻いたりしていた
現在は能力の制限を解放する剣のみを腰に装備しているが、お世辞にも実用できるとは言い難い強度を持つ
そもそも遊は能力の使用が可能ならば何時でも何処でも何度でも武器を生成できるので携行する必要性は少ない
ただし、彼の生成する剣は特殊能力を受け継ぐことが出来ないため、能力を使用したい場合は本体必須
と思われていたが、最近になって彼の生成した刀が能力を発したという目撃情報が…
その目撃情報によると、刀から炎が吹き出た直後、刀身に皹が入り粉々になったという
しかし、本人に語られることが無い限り詳細は不明


《近況》
過去、闘技大会で華々しい成績を残しその熱血漢っぷりと熱い戦いで漢(おとこ)たちを魅了した
が、最近精霊の住み着く山に幽閉されていたらしく(ぶっちゃけ中の人がスレを離れてた)、今では過去の人
今度開かれる水の国第8回闘技大会に出場を決意し、日々鍛錬に励む姿が目撃できる………かも