義兵衛


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白髭を生やした老人。アキコの祖父。
鍛冶職人で常に大剣、槍、レイピア、小刀を持ち歩いている。
山奥にある村の集落に住んでいたが、アキコを探しに街に下りてきた。

能力は武器や物に成仏できずさまよっている霊を憑けることが出来る。
ただし、大掛かりな儀式が必要なことやかなりの体力を消耗するため、戦闘中など思いつきではできない。
武器や物に霊を込める際に、霊と『契約』を結べば、ある特定の物を口に入れることで霊を自分の体に憑依させることができる。
憑依した霊は自分の個性に応じて身体能力を向上させる
勿論、普段持ち歩いている武器にも霊が憑いている

攻撃を受けた際、魂はダメージを感じないが、義兵衛の体にはきちんとダメージが残る。
そのため、憑依した霊はダメージに対してリアクションは取らないようだ。
しかし、攻撃を受けるたびに義兵衛に謝るところから、どうやら武器についている霊はみんな、義兵衛のことを慕っているようだ。

アキコと聖都に住み、工房「G-Hey'S ファクトリー」を開き、源兵衛と共に鍛冶を行っていた。
しかし、アキコの異変にいち早く気付き、アキコに眠る鬼の力を抑える為に、自らの「魂を物に憑ける」能力で慶次を生き返す。
そして、鬼の力を封印するための「器」となる為に、己の肉体と精神を玉にする。
もう二度と、人間には戻れない。

大剣の霊:『潮風の契約』を結んでいて、砂を食べると憑依。名前はウィリア。
     活発な性格の女で、好戦的。力をUPさせて、大剣を軽々と振るう。

レイピアの霊:契約名は不明。ピーナッツを食べると憑依。名前はアルメディ。
       根暗な性格の男だが、キレると暴走する。微弱だが4種の属性の魔法と1つの召還魔法が扱えるようになる。
 《ベース召還》……地中から自分の魔力をUPさせる高さ2mのモニュメントを召還する魔法。
          これを召還することで魔法が強力になり、剣に魔法属性を付ける『魔法剣』を操ることができる。


槍の霊:契約名は不明。チョコを食べると憑依。名前はアミック。
    しっかりとした口調のだが、どこか幼さが残る女。ウィリアとは犬猿の仲。
    攻撃が当った時の握りの位置を見て不可視の剣の長さを見破るなど、判断力や、冷静さがUPする。

小刀の霊:契約名は不明。血を舐めると憑依。名前は霧丸。
     常に無口で、雑談中でも喋らない。どうやら生前は忍者の模様。
     目で追えないスピードで攻撃、移動を可能とする。しかし、あまりにも動けるため定期的に魂と体の拒絶反応がでる。
     拒絶反応が出ている時は何も動けず、その時に狙われる可能性が高い。