セン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

病院の院長さん。
おじいさんになったり青年になったり女性になったり時々幼女。
口調は軽い、昔の威厳に満ちた性格はどこへ……

元は神に仕える龍であったが地上で遊んでいる間に地上の空気に浸食され龍になる術を失った。
地上の空気は体に合わないのか身体能力は限りなく0に近い。
数ヶ月前で握力は10kgを切っていた。

能力として"Rainy Day"(雨ふらし)"神の水浴び"(水制御)"青天の霹靂"(雲変化)を所持している。

雨ふらしは呼んで名の通り雨を降らす。
ただし最初は小雨程度、時間と共に本降りになっていき最終的にはゲリラ豪雨レベルにまでなる
原理としては空中に雨雲を生成する。なので雲を吹き飛ばせば雨は止む

水制御は"自身の生み出した水"と"その水に触れた水"を自由自在に操ることが出来る
勢いなども制御できるようで破壊力や貫通力もある。
ただし大量の水を使うので大技になればなるほど時間が必要
/中の人はレス数で考えてます

雲変化はセンの特徴であり他の水能力者との相違点だろう。
"Rainy Day"で生成した水、そしてその水に触れた水を雲へと変化させる事が出来る。
この雲は特別で触れた物質の箇所を消失させる事が出来る。
ただし軽いので飛ばされやすい。

ディルクと恋仲だった。なのでサタンに殺され、ノアに墓を荒らされた事に対する怒りはかなりのものだ。
ただ普段は人を喰ったようにニコニコ