シルフェ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

所属は機関の王の直属警備部隊々長
通称"四天王"

普段は"エリス"と言う名。
武器は日本刀(夜駆け)能力は血を操る類だと思われる。
風統王とは知り合い?

能力は相手からの攻撃を受けた際に血が優先的にダメージを受けシルフェ本体を護る。
このときにダメージを受けた血は体の外に出される。
この血がすべてなくなったときに初めてシルフェ自身にダメージを与えれるようになる。
尚、一撃必殺のダメージの攻撃も血がその分のダメージを受けるため、結果的にどれだけの威力の高い一撃でも
とりあえずは一発だけは耐えることができる。
さらにこの血が減るごとに殺傷力と疾さが加速度的に上がっていく。

能力者の血に触れることでその能力者の能力を酷く劣化した状態で取り込むことができ、
さらにシルフェ自身の能力も少しずつ強化されるようだ。
ただし血そのものが能力であるため回復系の能力で体の傷を治すことはできても血が作られるまでは完治はしない。

双子の姉である王を安全に逃がすためにその手で殺した実の兄の死体を使って囮にするなど
王に対する忠誠心は確かなようだ。

機関を裏切った理由は姉と共に普通の生活をするため。

何度も連戦をしている様子からかなり上級の能力者かと思われる。
自分のことを機関で一番強いと公言するが真相は不明
それに近い実力は持っているようだが…?

非常に感情的で挑発に乗せられやすい。
また自分の発育が悪いことを気にしており胸が薄い、発育が悪いといった事実を指摘するとすぐに我を忘れる。