レフィア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

性別:女性
年齢:23歳
身長:168cm
体重:51kg
刻印:閃光

見事な赤毛とそれと同色の瞳を持つ女。
整った顔立ちをしているものの、眼がやや大きめで愛嬌が有り過ぎ、美形とは呼べないが、起伏に富んだ豊かな体付きをしている。
髪は後頭の高い位置で小さく纏め、変形ポニーテールにしている。
インバネスに似た意匠の黒い軍服らしき服を着る。起伏に富んだ体付き故に胸元は内側から押し上げられており、布地の余裕はあまり無い。
左腰には剣帯で重厚な片刃剣を吊り、右腰には小銃を専用のシースで吊る。

能力:焔哨の創り手
焔哨の創り手独自の燃焼物質を任意の状態で生成・操作する能力。
生成される燃焼物質は細かな調整が可能で、火薬、爆薬として生成する事や油として生成する事も出来る。
更にある程度燃焼反応の緩急や、爆発の膨張速度等の調整も可能であり、爆発に特定の指向性を持たせる事も可能。
気体の状態では無色で独特の香りがあり、液体でも同様。固体の状態だと黒色で無臭になる。
生成量には無論限界があり、生成する速度も然程早いわけでは無く、燃焼物質を固体として生成し、爆薬として運用出来る状態にするのにもある程度の時間を必要とする。

  • 武器
片刃剣:ガインスレイザ
全長110cm、刃渡り70cm程の重厚な片刃剣。
亀裂の様な黒い線が雷状に入った白い刀身に、艶の無い黒い刃を持つ。
特殊な鋼糸を縒り編んで作った鞭状の刃軸に、本来の刀身を十二片に分割して造った刃片を通し、組み合わせて列ねた蛇腹に似た特殊な構造をしている。
所持者の魔力に反応して刃がスライドし、刀身が自在に分離・接合する。
刀身の刃に当たる黒い部分は焔哨の創り手で精製した大量の燃焼物質の結晶を圧縮して硬度を上げた物を使用しており、一般的な刀剣よりやや高めの切味を持つが、燃焼物質としての側面も持ち合わせる。
また、分離する刃片同士の接合面にも焔哨の創り手で生成した大量の燃焼物質の結晶を圧縮した物が使われており、これらを起爆しながら魔力を通して刀身を解放する事によって擬似的に刀身を射出する事が可能。
また、十二の刃片の内、切先に当たる部分は全てが圧縮した燃焼物質結晶で造られている。

小銃:クナイゼア27-改
全長742mm、口径5.56mm、装弾数30発の小銃。種別としてはアサルトライフルに近い。
一般的なアサルトライフルと同程度の性能であるが、焔哨の創り手で精製した燃焼物質を用いた独特の弾頭を運用出来る用に改造されている。