アートマン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一部の能力者が持つ能力の核。
具現化系能力との区別は難しく、アートマンを構成してる物も様々であり定義も曖昧な為、分類は困難である。
また「謎」が多いことも理由に挙げられる。

能力者の体外に放出される事により形とパワーを持つ(もちろん例外もある)。
あらゆる能力を持たない「無能力者」には、アートマンの存在やアートマンによる接触を認識出来ないことがある。

アートマンを持つものは「アートマン所持者」「アートマン能力者」「アートマン使い」と呼ばれる。
しかし、数が少ないため知名度はかなり低い。 

アートマンの発現理由は「元から持っていた」が、ほとんどで持つ者と持たざる者が存在する理由は不明だ。


しかし近年、アートマンを発現させる「クスリ」と「ビデオ」の存在が噂されている・・・





ここからはアートマンのルールについて(ここに書いてあることは裏設定)

アートマンのステータスは「攻撃力」「スピード」「正確性」で表す。

攻撃力・・・単純なパワー、能力も含める場合がある。

スピード・・・単純な空気中での速度、能力も含める場合あり。

正確性・・・動く物を正確に捉え最小限の動きで避けたり、的確に攻撃を放ったりする為の攻守どちらにも重要な要素。
      グレードが1だとアートマンが本体のコントロールを離れ自動的に特定の刺激に対してアクションを示すようになる。
      (例:ジョジョの奇妙な冒険のシアー・ハート・アタック)
      能力も含める場合あり。

これらの上下は五段階のグレード(グレード3が一般人レベル)で表される。
また、これらの合計は12になる。

その他の要素に「ダメージ」と「リンク」がある。

ダメージ・・・通常はアートマン=本体だが、ダメージがアートマン=アートマンの場合、ステータス合計が-3される。

リンク・・・アートマンとの感覚神経のリンクが有るか無いかということ、有る場合はステータス合計が-1される。


この設定はトラウマイスターとは一切関係ありません。