殺人享楽者を語る人々


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『姉、笑みを浮かべながら語る』発言者:着物を着た美しき絵描き


馬鹿。アイツを一言で言うなら馬鹿だけで十分。

それ以外の言葉なんて要らないと思うわよ?

あの事件を、私は何も思っていないと言えば嘘になると思う
私はあれ以来「死」が嫌いになった。もう知人の死なんて見たくないから。
だけど、あの馬鹿は違った。私の考えている事とは全く違う次元の話だったのよ。

「俺決めた。生温い奴ら全員殺す」

馬鹿でしょ?知人の死を見てそんな事言えるのはアイツしかいないわ
私はすぐに言った。「そんなので彼女が喜ぶと思う!?」って。
当たり前に決まってるじゃない!誰だってそう言うに決まっている!
だけど・・・そんな言葉はアイツに通用しない、いやアイツの決心は固かったのよ

「人は簡単に死ぬ。彼女がそう教えてくれた。だから俺はやる
           彼女が悲しむなんて関係ない。これは俺が決めた事だから」

本当に・・驚かされるわ。ビックリするくらいよ
この世界をパズルに例えるなら、アイツは『真四角なパズル』。
何処にも当てはまらない1つだけのピース。何処にも接しないピース。
だけど・・・・真四角だからこそ恐ろしく当てはまる・・・この意味分かるかしら??

私はアイツを見守る事にするわ。アイツがこれからどう動くか・・・・姉としては楽しみ♪

・・・ちょっと語りすぎたわね・・まぁいいわ今日だけは大サービスよ



『後輩、脅えながら語る』発言者:真赤なギターを抱えた青年


ひぃぃぃぃ!?な、なんですか!?

え?赤毛の殺人享楽者について教えてくれ?な、なんだそんな事か・・・ホッ

そ、そうですね・・・俺の知っている限りじゃ、赤毛の殺人享楽者ってあの人しかいませんね・・・

あの人は単純なんだと思います・・・・

気に入った物は自分の物にする・・・気に入らない物は捨てる・・・まるで子供みたいですね
自分の好きなおもちゃは手元へ、それ以外はおもちゃ箱へポイ!
本当に純粋ですよ・・・だからこそ逆に怖いです・・・・うぅ思いだしただけでも鳥肌が・・・・

でも・・・・あの人は成長している・・・そんな気がします
子供でもいつかは大人に変わる・・・・あの人は今そんな状態だと・・・俺は確信しています

ふぇ!?す、すいません!!この事あの人に言わないでください!!
あの人怒ると本当に怖いんです!って何処に行くんですか!?ちょっと!?ちょっとぉぉぉ!!



『精霊、言葉も分からず語る』通訳:精霊が居座る胸ポケットの持ち主


『ぅぁぁ!』
自分の名前はうららだって

『ヴァ・ン・ス・ぅき!』
ヴァンスって言う奴が好きだってさ

『ぅぁぁ♪ぅぁぁ♪』
接してくれる人皆大好き・・・

つまりだな、うららは自分に優しく接してくれる人は全員好きだって事さ。
アレだ!!自分を優しくしてくれる奴はどんな奴でも良い奴!!
ソイツがどんな悪人でもどんな正義の奴でも!良い事してくれる奴は良い奴だって事さ!

なるほど・・・流石!流石と言おう!流石俺の精霊だ!!
100点!100点をつけよう!!

『♪』

・・・?俺は誰かって?あぁすまない!自己紹介がまだだったなぁ?

俺は世の中の生ぬるい奴を殺す殺人享楽者!!よろしくなぁ!!

まぁいいか自己紹介なんて!お前は今死ぬんだから!!

俺にわざわざインタビューとは・・ご苦労様といおう!

だが・・・あんた生温い目してるぜ?インタビューしただけで死ぬ筈がナイ・・と

残念だねぇ!そういう事は実際にあるんだよ!!

じゃあね・・・インタビュー代はあんたの死さ!!



『インタビューg終了後に起きた1つの殺人事件』目撃者:たまたまそこを通り過ぎた一般人


い、一体・・・・何が起こったのか分からなかった・・・・・

新聞記者らしき男が赤毛の男に近づいていったんだ・・

新聞記者らしき男は赤毛の男に何か質問していた・・・質問の内容はよく聞こえなかった・・・・

そしたら、赤毛の男がニヤァと笑って答え始めたんだ・・・

そうすると、新聞記者らしきの男の顔が一気に青ざめて行って・・・・

そしたら赤毛の男がいきなり新聞記者らしき男の顔を掴んで!

そしたら!そしたら!うわぁぁぁぁぁぁぁぁあああぁぁあぁぁぁ!!

冗談じゃねえ!俺は死なない人間だ!こんなところさっさと逃げてやる!!

【そして数日後】

【その後、目撃者は無残な姿と成り果て見つかった・・・・】

【その事件の真相はいまだに分からない】