ジョシュア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●存在について
フルネームはジョシュア・ランドバーグ
ノアの極秘計画『A計画』の試作実験体である『方舟の子供たち』5号
体内に魔術回路を取りつけ魔力を強化した中遠距離型であり、魔銃との相性はいい特性を持つらしいが
どうやらいつの間にかノアからは用済みとなっていたらしく、追っ手なども掛かっていないっぽいです。
凄まじい出力を有する「砲撃」、そして事象を固定する「維持」の特性を持つ魔術師であり、準一級魔道技師の資格を有する。

●性格など
内向的で臆病な小動物系。「あの」「えと」「その」をセリフの中に多用する
気を許した者とのスキンシップを好み、ハグやナデナデをされると子猫のように喜ぶ
家庭的な一面を持ち、創作料理やお菓子制作から、服飾の作成、炊事洗濯家事万能の良妻型。
何気ない平和というものを愛する牧歌的な性格をしており、お店や恋人との憩いなどの中日々をマイペースに過ごしている。
魔術師、又は魔道技師の典型として、学問に通じ知識欲が其れなりに強い傾向があるようだ。
女装をしている理由は「昔見た映画の女優に憧れたから」「可愛い格好をしてみたかった」と言うものであり、心はきちんと男の子である

●容姿
【黒を基調としたフリルの沢山付いたゴスロリドレスを身に纏い、頭にはうさ耳のようにチョコンと伸びた黒いリボンを着けて】
【先端が軽くウェーブがかった金色の髪をし、澄んだサファイアのような瞳を淡く輝かせる】
【細い脚のラインに純白のハイソックスを穿いた、身長130cm程度、年齢12、3歳ほどに見える金髪碧眼の少女】
 「少女」という部分がポイントである
肌の胸から背中にかけて蛇ののたくったような形の魔術刻印が刻まれており、
興奮や魔術発動などに反応し赤く発光する。肩にはA-05という焼印がある

能力(魔術)
維持術式:物質非物質問わず、「状態」を維持する働きを生み出すジョシュアの固有魔術。
例を出せば、大怪我・病気を負った人間にかけた場合出血や悪化を防ぐことで生命維持が出来
暴走した魔術などにかけた場合、かけた時点での状態を保ち続ける事などが出来る。
だが勿論万能ではなく、外的要因の介入に対して無力なため、術をかけたものに他の何かが干渉しようとした場合それを防ぐ力はない
また、即時発動出来る魔術ではなく、単体で戦闘の役に立つことはほぼない。
戦闘利用としては、事前に魔術を球体に固定し維持することで「弾丸」を作り出し、魔銃に装填するなどの使用法を取っている。

魔術刻印:ジョシュアの体内外に刻まれた魔力増幅などの効果を含む印。
ノアを抜け出したため調整が出来ず、暴走することでジョシュアの身体を侵食し、一時期自我を崩壊せしめんと働いた事が在ったが
エルメア=ミルフォードの協力により安定化に成功。今は沈静している

●戦闘スタイル

魔銃CarlMaria von Weber Mk-Ⅱに極端に依存した遠距離特化。
速射性連射性防衛生応用性等を全て兼ね備えており、相手によってはその場から動かずの完封すらありうる性能である。
が、反面近距離の切り返しが乏しく、本人の耐久力が常軌を逸して低いため
大抵の場合は1,2発の攻撃で戦闘不能になってしまうという脆さを孕んでいる

●テンプレ
【術式起動――体内魔導回路壱番~壱捨七番解放】
【魔銃<CarlMaria von Weber Mk-Ⅱ>:ライン接続】
【カートリッジ選択:『』『』……装填】

<状態表示>
【弾種選択::×(残弾/:展開数/8】
【レール形成:本数/8・軌道選択・→】
【解凍率表示-%】

【全ての弾丸は我が意のままに――殲滅術式<Der Freischutz>】

【魔導補助器具<Oberon>展開/ModeⅠ<Balancer-Fairy>】
【妖光羽放出:魔銃<CarlMaria von Weber Mk-Ⅱ>との接続作業・・・終了】

●カートリッジ
ジョシュアの魔銃には属性毎に分けた複数のカートリッジが存在し、
戦闘開始時に2種類を選択するが出来る。戦闘中の変更は不可能なため、相手の特性などを見極める必要がある

●弾種
カートリッジに封入された魔弾の属性や特性を表すもの。
1~5までのレベルが存在し、其れごとに違う魔術が込められている。
『Salamander』(炎属性)
『Salamander』Lv.1<Seed of Flame>……小爆発を発生させる下級魔術
『Salamander』Lv.2<Fire Wall>……薄い炎の壁を生み出す下級防御魔術
『Salamander』Lv.3<Volcanic Shell>……中規模爆発の中級魔術
『Salamander』Lv.5<Infernal Flame Emperor>……大規模の爆炎を作り出す上級魔術
『Jupiter』(雷属性)
『Jupiter』Lv.1<Short Circuit>……小規模の発電現象を引き起こす下級魔術
『Jupiter』Lv.2<Magical Mist>……不明
『Jupiter』Lv.3<Lightning Blade>……高い貫通力を誇る電気の剣を射出する中級魔術
『Undine』(氷属性)
『Undine』Lv.1<Cold Enchanter>……着弾箇所を中心として少範囲を凍結させる下級魔術
『Undine』Lv.2<Mirror Wall>……厚い氷の壁を発生させる下級防御魔術
『Undine』Lv.3<Frozen Soul>……散弾式に小型の凍結弾を無数に吐き出す中級魔術
『Undine』Lv.4<Driving Snow>……中範囲に強力な冷気を発生させる準上級魔術
『Undine』Lv.5<White Night Queen>……不明
『sylphid』(風属性)
『sylphid』Lv.2<Wind Effigy>
『sylphid』Lv.3<Sonic Shooter>
『sylphid』Lv.4<Windstorm of Etaqua>
『sylphid』Lv.5<Phoenix Wing Wind Blast>
『Gnome』  (地属性)
『Gnome』Lv.1<Barrel Rock>
『Gnome』Lv.5<Gaia Plate the Earth Giant>
『cherubim』(治癒)
『cherubim』Lv.3<Sunny Pixie>

●残弾
lv毎に封入出来る数が決まっており
lv1――50 lv2――30 lv3――15 lv4――3 lv5――1 が限界となっている。

●展開数
後述の解凍中の魔弾も含め、CarlMaria von Weber Mk-Ⅱは
最大で8つまでしか魔弾をフィールドに存在させることが出来ない。
其の為、設置や解凍する物を増やせば必然手数が低下し、手数を増やせば切り返しが貧弱になる。
ジョシュアの戦闘に於いて最も重要な部分であり、此処の調整を怠った場合敗北に直結する場合が多い

●レール
弾道操作に使用する<線路>の設定。
不可視非物質な存在であるため、肉体に干渉することも出来ない。
ジョシュアの魔弾の波長にのみ接触を許す術式であり、弾丸をその上に乗せて運ぶ道となる

●解凍率
Lv3以上の魔弾は使用の際に術式を解凍する必要性が在る。
Lvが上昇する度に解凍に掛かる時間が増えて行く
Lv3――1レス50%(1レス) Lv4――1レス33%(2レス) Lv5――1レス25%(3レス)

●魔道補助器具<Oberon>
ModeⅠ<Balancer-Fairy>

ModeⅡ<Assault-Angel>
【背の勾玉のような形状をした魔術補助ユニットに亀裂のような複数の線が走り】
【金属音と共に各部位がスライド――細長い槍の穂先を彷彿とさせる形状を取ると――その断面から純白の魔力光を放出した】
【其れは宛ら――天使の翼。羽のような残滓を無数にばら撒きながら機能を起動させる】
【<Assault-Angel>……別称<CarlMaria von Weber Mk-Ⅱ>強襲形態】
【背からジェット噴射のように魔力を放出することで、単一方向への高速飛翔を可能とするモードで在る】
【だが反面小回りは効かず、更に魔術構成のバランスも著しく乱れる奇襲仕様の形態であった】

ModeⅢ<Rancher-Dragunity>】
【砲撃甲顕現:魔銃<CarlMaria von Weber Mk-Ⅱ>との接続作業・・・終了】
【余剰魔力が全て魔銃へと収束して行き……同時に背の魔導補助ユニットが変形】
【それらは漆黒の装甲へと姿を変えながら魔銃の銃身にカチリ、カチリ……と装着されていき】
【大型拳銃は、数秒と経たず一抱え程もある黒色の<魔砲>へと姿を変えた】
【ModeⅢ<Rancher-Dragunity>。別称<CarlMaria von Weber Mk-Ⅱ> 砲戦形態】
【全ての魔弾を分解、一種の魔術へと乗せることでオーバースペッククラスの瞬間火力を叩き出す決戦仕様である】

お店について
【白い壁に赤色の三角屋根。丸い窓に女の子文字で書かれた看板。まるで漫画に出てくるような可愛らしい建物】
【「義肢、魔銃のご依頼承ります!マジックショップ<Fairy's Gift>」】

水の国、都市の外れにチョコンと建っているお店。
店主は勿論ジョシュア(準一級魔道技師)。超性能なアイテムを製造することは出来ないが
サブウェポンレベルの魔銃や、基本三タイプの義肢を生成することが可能である

●義肢基本形
【<感覚機能重視>――触覚、痛覚などの生物的な感覚を再現させることに特化した義肢。】
【此のタイプは「生身の腕」に出来る限り近づけた型であるが反面、擬似神経伝達速度、硬度、ギミック搭載には向かない】

【<戦闘機能重視>――硬質なプレートで表面を覆った装甲義肢】
【耐久性能と持続力、擬似神経伝達速度に長けており、本来の戦闘行動に近い精度を叩きだせるが】
【感覚的なものは一切望めず、擬似神経伝達速度を上げるための術式や耐久力上昇機構に阻害され、他の緻密な機械的ギミックを組み込むことが出来ない】

【<多機能重視>――他の義肢に比べ、基礎的な要素において殆どが劣る品物であるが】
【その分余白を多く持ち、「代替生体としての機能」以外の要素を組み込むことに長けている。】

●魔銃基本形
【自動生成タイプ――非物質の「魔弾」を内部術式により自動生成する型。】
【実体弾のリロード等が不要な反面、弾丸生成に時間、もしくは魔力が必要となる】
【本体以外に資金を投資する必要が無いため、コスト面で非常に優秀であるが】
【その分効力、速射・連射性等は低スペックの仕上がりにしかならない。此れを選択する場合は、「一属性」を指定して頂く事となる】

【エンチャントタイプ――実弾に魔力的な要素を付与する型】
【実弾を元とし強化措置を施すため殺傷力は非常に高く、複数種類の弾丸を携帯することで多方面の属性効果を期待できる】
【だが、弾丸の一つ一つに魔術式を刻みこむ必要性が在るため、専門技師の元に赴く入手の手間と、大きなコストが掛かり】
【威力故か銃身自体に掛かる負担も大きく破損の確率が高い】

【マジシャンタイプ――魔術自体を弾倉に封入し、圧縮措置を施す型】
【魔術師の使うクイックスペルを魔道具で再現した型で、素早く任意の魔術を起動できるため汎用性が高い】
【だが、ラインを形成しなくてはならないため持ち主が魔術を行使出来る必要性があり、また圧縮解凍術式も難度が低くはない、「魔術師専用」である】

四肢のどこかを欠損なされた場合や、魔銃が欲しくなった際などは御気軽に御来店くださいませ!