山田 唯直


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

読みは<やまだ ただなお>
日本の神奈川から稽古中に異世界落ちした空手家

年齢43歳、身長164㎝
どんな時であろうと笑顔を絶やさない人のいい顔をしている
体は小さいながらも筋肉が異様に詰まっており、巨石のように見える

性格は爽やか系武人
あまり深くは考えない性格であるのか、適当な事を言ってを勢いで押し切ろうとすることが多い
異世界で空手を普及させるのが現在の目的となっている

また、穏やかに見えて非常に好戦的
武人と試合うことを喜びとしており、強者を見かけると戦闘を申し込むことが多い
強者との死合いに己が道の先を見出すという狂気的な一面も持ち合わせている
<月落とし><笑鬼(ワライオニ)>という異名を持つ

戦闘スタイルは空手+独自の秘技
見切りに長け、こと拳打への対処能力は非常に高い
戦闘時は腰の高さすらほとんど変えないため動きはかなり限定されている
組み手立ちで構え相手を見、迎え撃つ構えとフットワークを使った高機動の構えを使い分けている
組み手立ちからフットワークを使う形に移行する際
『怯えろ竦め……鬼 が 通 る ぞ』という台詞を言う。本人は格好いいと思っているらしい

<秘技・月落とし>
かつて山中で門下生と合宿していた際に熊と遭遇し戦ったときに編み出した奥義
目を閉じ精神肉体共に極限まで研ぎ澄ますことで速度、破壊力共に最高まで高め打ち出す眉間狙いの上段突き
閉じた目には錯覚にも似た<光の道>が映し出され、山田はそれをなぞり拳を突き出す
山田の単発攻撃では最強の威力だが1レスの溜めの後の直線単発攻撃なため大変決まりにくい

<秘技・仙人殺し>
相手の下丹田に渾身の力で肘を突きたて気を<殺す>一撃を生み出す
命中した場合3レスの間気を乱され使用不能になる
ほぼ気功使い専用だが威力は高い

<秘技・隠れ寸鉄>
回し蹴りの後に繋げる追撃技
蹴り足を瞬時に地面に叩き付け、その勢いに体の各部を連動させ瞬時に中段肘打ちに移行し
更に肘打ちで畳んだ腕を開くことによって上段裏拳打を打ち出す
文章でも分かる通りかなり無理がある動きだが意表はつけるため多用する

現在雷の国にて空手道場<武信道場>の師範を務めている

能力:超回復
7時間以上の睡眠を条件に発動する回復促進能力
睡眠開始から7時間経過した時点で発動し、目が覚めると回復は止まる
回復力は優れたものではあるが速効性は無く、戦闘には全く関係が無い
実は最初の戦闘後からずっとこれに関する描写があったが本人もこの能力には気付いていない
山田は異世界はすごく怪我が治りやすいものだと思っているらしい