アーチャー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

年齢不詳男性
身長195cm体重75Kg
プリン頭、丸グラサンの耐熱耐冷耐弾耐刃仕様の赤いコートを着、特別製のブーツを履いている
第七世界からの来訪者
どうやら不慮の事故で飛ばされたらしい

性格は平和主義者で戦闘時でも相手を気遣うほどのお人好し
特徴は基本的に不幸な所、戦闘時以外は笑みを絶やさない所

能力は持たず、彼が唯一扱える「魔法」と一つを極める事が出来ない者の悪足掻きとも取れる武器術、戦闘経験からくる戦闘思考力を駆使して戦う

「魔法」
アーチャーが扱える魔法は一つとその派生のみである
「練光模倣(ワークス)」
特定の物質(アーチャーの場合は光)を集約、固定する事によって一度見た物の形、色彩、重量を模倣する魔法
アーチャーはこの魔法しか使えないが、長年の研究と研鑽によって魔力効率を無茶苦茶良くした魔法に昇華されている
アーチャーの場合、刃が付いている物で無ければ模倣出来ない
形が固まっている状態では光の特性は失われる
また、練光模倣で創り出した物を操るアーチャーオリジナルの魔法を「練光模倣・剣舞(ワークス・ブレイドダンス)」と呼ぶ

「模倣崩壊(ブレイク)」
練光模倣で創り出した物を砕き光に戻す魔法
先ほど出た練光模倣・剣舞と同じくアーチャーが造り出したオリジナルである

「練光模倣・重装(ワークス・フラクタル)」
練光模倣で創り出した物を模倣崩壊で砕き閃光に。その閃光を一本の強力な武器…『宝具』に練光模倣するアーチャーオリジナルの魔法
この時に創り出せる宝具はアーチャーが過去見た事がある物だけである
だが所詮は模倣、単体だけでは力を発揮出来ない

「神すら射抜く弓兵の弓(アーチャー)」
アーチャーが具現化出来る物で唯一、単体でも力を発揮出来る物でありアーチャーの所有する模倣では無いオリジナルの弓の『宝具』
つがえた矢に「狙った物が動かない限り必ず当たる」概念を付加させる事が出来る
また、つがえた矢がアーチャーが具現化させた『模倣宝具』である場合『宝具』本来の力を付加させる事が出来る

# 「模倣爆破(ブレイク)」
第七世界とのラインが広がったことによって使えるようになった模倣崩壊の別バージョン
練光模倣で創り出した物の魔力と光を爆発の力に変化させ、起爆させる魔法
光も変化させている為、練光模倣・重装に繋げる事が出来ないが、破壊力は高い
# 大魔導式『白夜の徒士』

『―――折れた矢はただその切っ先で己の理想を射抜き続ける』
『―――砕けた剣はただ白夜の草原で幾多の敵を断ち続ける』
『―――されどそれは彼の者自身を射続けるが如く』
『―――されどそれは彼の者自身を断ち続けるが如く』
『―――死の瞬間まで彼の者を貫き続ける』
『―――死の瞬間まで彼の者を痛め続ける』
『―――これは彼の者が消え去る路の途中』
『―――白夜の徒士の物語』

アーチャーが持つ最強の魔法
アーチャーを中心に半径約50mほどの結界を創り出す八小節から成る大結界魔法である
効果は「結界内の「世界」を自身の心象風景に塗り潰す」という物
アーチャーの場合白夜の空、何処までも広がる草原、そして草原にまるで墓標のように突き刺さった幾多の剣が顕れる

結界内の世界を塗り潰す為、発動直前の罠や放出系の攻撃すら塗り潰していく
草原に突き刺さった剣群はアーチャーの意のままに操る事が出来、『宝具』は「神すら射抜く弓兵の弓」が無くともその効果を発揮する

「神すら断つ弓兵の剣」

『白夜の徒士』で創られた世界に突き刺さっている一振り
外形は普通の西洋剣でまるで羽のように軽く刃は潰れている
指定した物を必ず斬り断つ能力を持つ
が、指定した物以外は必ず斬れない特性を持つ