ラビット(鈴月 兎儀)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

赤い髪のツインテールに毛糸の帽子、ノースリーブの水色のシャツに緑の上着と黒い短パン、黒と紫のニーソックスの少女
セリフがすべてかな表記 チューインガムが大好きでいつも噛んでは膨らましている

『歌姫の一族』の特徴としてその瞳がルビーのように赤い

膨らませた風船の中でさらに風船を作ったり、チェリーのヘタを口のなかで結んだり種をつけたまま食べたりするのが特技
どうも弱肉強食が当たり前とされるサバンナのような大自然にあふれる地方で生まれ育ったらしい
旅の中で自分の姉と『オジキ』を探している

マナーニャたち夢の案内人の子守歌を知る人物の一人

本名の表記が少々男っぽいのであまり気に入っておらず『オジキ』が呼び始めたラビットという愛称のほうが気に入っている
今のところ、その本名はルカス・トゥアティアド・チカチーロ、神楽坂 颯に教えてある

【能力】

アートマン『キリング・ムーン』

頭から長く後ろに垂らした長耳と赤く大きな眼がどこかウサギを思わせる、白を基調とした
女性的なフォルムのボディを持つラビットのアートマン
射程距離は短いがパワーと速度に優れているタイプ

ラビットの口に含んだ物やキリング・ムーンの触れたものにチューインガムの性質を与える能力
無機物は簡単にチューインガム化させることが可能だが生命のあるものは抵抗が起きるのか
生命のある物に能力を使うには何度か拳を叩きこまなくてはならない

チューインガム化した物の強度は『引く』『伸ばす』動作にはガムのごとき強度をみせ、
『叩く』『切る』などの動作にはそのままの物の性質に依存される
割ると、べたべたした物質として貼りつくこともある

また、自分で膨らませたチューインガム状の物質はヘリウムを入れたようにふわふわと浮かび上がらせることもできるようだ