ラムダ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――盲信の盲目、千変万化の千里眼



フェリーチェ(Felice) / ラムダ(Λ)



Λ 14人目
水色の髪の少女。常に目元をすっかり隠すような大きいサングラスをかけている。
白い総レースのワンピースと、翼のチャームのついたペンダントを着用。
身長は140cm程度、身体能力は並で色白く、足の筋肉が弱いためすぐ転倒する。
また、体中に傷に模した瞼がある。能力発動時以外はこじあけても開く事は無い。
基本的に優しい性格だが14歳という年相応の無邪気さもあり、気の遣い方も粗い。

視覚が異常に発達しており、また光と熱に弱い。
常にサングラスを外そうとせず、夜中でも電灯の光を嫌って目元を隠している。
サングラスを外すと周囲の光が目に入って激痛を齎し、結果自己防衛として能力が発動する。
なお、サングラスを外さなくとも能力自体は発動出来るようだ。
最近では、強くなること、正義というものに対して強く関心を抱いているようだ。

自称、クラウディオの姉。孤児院≪クロックミテヌ≫の中では最年少で、「目」の能力を持たせられている。
また、シルヴェストルを父と呼んでいる。
現在は綾菊の孤児院で生活中。「お母さん」とは彼女の事。

《罪と罰》(ドスエトフスキー)
体中の瞼から目を出し、それによって魔力そのものを攻撃エネルギーとして放つ。
[検閲により削除]
ep