水 火棧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】水 火棧

【プロフィール】名前の読み方は「みずひたな」。
異世界から来たらしく、この世界の事や能力の事はあまり知らない。
年齢は22歳、元の世界では奴隷だったらしく、元の世界には帰りたくないらしい。最近はよく喋るようになった。

【容姿】髪型は青いロングヘア。赤い眼鏡を掛けていて黙っていれば割と美人。服装は流水と金魚柄の黒い着物で、身長は180cmくらいで細身。胸は無いに等しいレベル。左腰に3本、右腰に一本の鞘を携えている。

【性格】一人称は私、二人称は君。大人しく、落ち着いた感じで非常にクール。無乳である事を気にしているらしいが、言われてもキレたりはしない。
本人曰く「私の会話は九割ジョークで一割はとってもドライ。そのうえ人の話を全く聞かないし、見当違いな事ばっかり言う」らしい。その為か性格とのギャップが激しい。ちなみに物忘れが激しく、自分が何しているかを忘れることすら日常。

【好物】秋刀魚(塩焼きが望ましい)、白飯。

【武器】

対能力者用太刀「水恋」
水の魔力を帯びた刀。
刀身には青い文字で呪文が書かれており、錆びたり傷付いたりする事はない。
自分の魔力を水に変換し、水を飛ばす事で遠距離攻撃も可能。ちなみに普通の刀としての切れ味も高い。

対能力者用太刀「火恋」
火の魔力を帯びた刀。
刀身には赤い文字で呪文が書かれており、錆びたり傷付いたりする事はない。
自分の魔力を炎に変換し、炎を飛ばす事で遠距離攻撃も可能。ちなみに普通の刀としての切れ味も高い。

対能力者用太刀「風恋」
風の魔力を帯びた刀。
刀身には緑の文字で呪文が書かれており、錆びたり傷付いたりする事はない。
自分の魔力を風に変換し、風を飛ばす事で遠距離攻撃も可能。ちなみに普通の刀としての切れ味も高い。

対艦用太刀「断恋」
魔力加工により切れ味を極限まで高めた名刀。
刀身には黒い文字で呪文が書かれており、錆びたり傷ついたりする事は無い。
他の三本とは違い遠距離では無力だが近距離では無類の強さを誇る。魔力を注ぐ事でさらに強力な斬撃を繰り出す事も出来る。

【本人の性能】
(一般人を5、最大値を10とする)
(能力の応用は一般的な能力者を1とする)
(変人度は一般人を1とする)


パワー 4
スピード 4 
ガード 5
スタミナ 4
テクニック 7
能力の応用 7
知能 8
ルックス 7
常識 5
変人度 7


【能力】「カラフル☆ブロッサム」

魔力で生成された桜の花びらを生み出す能力。
魔力なので当たれば割と痛いし木に突き刺さったりするし、姿をくらましたりも出来る。
あくまでもサブウェポン。ちなみに魔力による生成の為、刀に触れさせると火や水の魔力を混ぜ合わせる事が出来る。火の場合は赤、水の場合は青、風の場合は緑に花びらが染まる。

【中の人お気に入りの台詞】

「あれだな、あれだよ、ほら、あれ、あれだ。あれ?何言おうとしてたんだっけか。」