オカモト事件

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オカモト事件(おかもとじけん)1844年2月9日、太平洋上で数十隻の船(正確な数は記録には残っていない)が行方不明となった事件。
当時、行方不明となった人数はのべ978人で、一人の生還者以外は2010年現在、遺体すら発見されていない。
その唯一の生存者であるオカモト(日系人、漢字不明)は事件後海流付近を漂流しているところを
偶然通りかかったイギリス海軍に救出されたが、その後逃走して彼自身も行方不明となる。
この事態に海軍は付近で聞き込み調査などを繰り返すが、依然として行方は掴めなかった。

1999年に行方不明となった船の一つと思われる釣り漁船がソロモン諸島北方80マイルの海底で発見された。
著名な海洋探検家の毛利大吾朗は
「過積載のためボイラー爆発、火災を起こし沈没していた。、
調査の結果、元は予定になかった大量の貨物が積み込まれており
当日何者かが急に積み込みを許可したのだと思われる。 」
との見解を示した。

尚、この事件は鎖国されていた日本にもオランダ人商人などによって伝えられ、
歴史書「天保年鑑」にもこの事件について触れられている。

@wikiへようこそ

  • ウィキはみんなで気軽にホームページ編集できるツールです。
  • このページは自由に編集することができます。
  • メールで送られてきたパスワードを用いてログインすることで、各種変更(サイト名、トップページ、メンバー管理、サイドページ、デザイン、ページ管理、等)することができます

まずはこちらをご覧ください。


分からないことは?

等をご活用ください

@wiki助け合いコミュニティの掲示板スレッド一覧

#atfb_bbs_list

その他お勧めサービスについて


おすすめ機能


その他にもいろいろな機能満載!!


バグ・不具合を見つけたら? 要望がある場合は?

お手数ですが、メールでお問い合わせください。