第二十九話「宇宙の果てで愛を叫ぶ」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第29話「宇宙の果てで愛を叫ぶ」


剣崎はちょっとオンドゥル星を散歩する事にした。

剣崎「暑いディスのんね~」

城「オンドゥル星って暑いのか?」

剣崎「(いるし)いやそんなことはないディス。
今年はオンドゥル球温暖化の影響だと思うぜ。」

城「ほへ~」


霧島「あら、あなた達は」

剣崎「ウェット!」

城「(湿る)」

霧島「あら、あれは…?」

剣崎「あぶなぁぁぁい!」

空から迫り来る火球から霧島を守るべく、
とっさに庇った剣崎は大火傷を負った。


剣崎「熱ウェッ熱ウェッ熱ウェッ熱ウェッ熱ウェッ」

城「湿ってたからさ。」

剣崎「?」

その直後、空から謎の恐竜が!

霧島「あ、あれは…宇宙恐竜ゼッポン!?」


宇宙恐竜ゼッポンは火球を吐き出した。

城「へば」

剣崎「死ぬ」

霧島「何っ」

その刹那、宇宙恐竜ゼッポンは死んでいた。

剣崎「うぇ?」

????「安心しろ、ゼッポンは私が倒した。」

霧島「(あの男は…まぁいい。
おかげで私がゼッポンを浄化した事がばれずにすむ。)」

剣崎「すげぇっ!
あの恐竜を倒すなんて!
名前教えろ!
サインくれ!
子供作れ!
城茂たおせ!」

城「(湿る)」

????「私の名はゾフィー」

剣崎「じゃあ帰るか」

ゾフィー「あかん帰らんといて!」

剣崎「だめ帰ってやる」

ゾフィー「市ねえええ!!!」


ゾフィーファンガイアの攻撃。
ゾフィーファンガイアは胸部の謎の物体から光線を発することが可能で、
この光線は山をも焼き尽くす。


ゾフィー「わはは、しんジマエ!!!」


剣崎「なんディスかそれは?」

城「効かないねぇ、改造人間だから。」

剣崎「霧島さん、今のうちに逃げて!」

霧島「え?あ、はい。」

城「青春だねぇ」

ゾフィー「バ、バカな…エネルギーが!!!」

剣崎「お前なんかジャックフォームになるまでもない、これで十分だ!」

剣崎が拳を振り下ろした。

ゾフィー「ぬんはふは!!?」

ゾフィーファンガイア、散華。

剣崎「ふーっ」

霧島「終わった?」

剣崎「終わったディス。
とりあえず何か忘れてるような気がするけど、地球に帰るか。」

城「なんでまた?」

剣崎「何か地球が危ない気がするんだ。」

霧島「じゃあ私も地球に連れて行ってもらおうかな。」

剣崎「だ、大丈夫ディスよ!」

城(なぁ、お前あの女の事どう思ってんだ?)

剣崎「え?け、結構好きかもね。」

こうして、剣崎は霧島をつれて地球へ帰っていった。

城「……てつをに言っとくか。」