第三十一話「ファンガイアというもの」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三十一話『ファンガイアというもの』


加賀美がファンガイア軍を退けた後、加賀美たちは散り散りになり、あふれ出したファンガイアを倒していた。

 そんな頃、音也はキングについて調べていた。

音也「どうやら、まだ大丈夫らしい。」

キバット「あいつらと協力しないのか?」

音也「今までのファンガイア軍ならば、奴らでも勝てた。だが、今後出てくる奴らは俺たちじゃなければ」

侑斗「聞き捨てならないな!」

音也「お前は…確か桜井だったな。何のようだ?お前には雑魚ファンガイアを頼んだはずだが?」

侑斗「お前は…この時代の俺が連れてきたって言ってたな?」

音也「ああ、それがどうした?」

侑斗「だが、そんな証拠は何処にもない…ハッキリ言う俺はお前が信用ならない!」

音也「随分な言葉だな。俺を信用できない…だと?」

侑斗「お前は過去から来たって言っていた。何故お前は未来に来る必要がある?
過去でキングを倒せば、それで終わるはずだ。何故わざわざこの時代に来る?」

音也「それが出来ない理由があるんだよ…」

侑斗「なに?」

音也「お子ちゃまには関係がない話だ。
それより、来るぞ!」

侑斗「これは……ファンガイア四天王寺の気!?」

音也「まったく、気分屋のお前が、どういう風の吹き回しだ?
アマゾンファンガイア?」

アマゾン「俺…オ前タチ…倒ス!」

その頃の怪魔界


ウファア「四天王寺はどうしてるか…って、一人しかいない!?」


クウガ「アマゾンは出撃して、王蛇はこの前からいない…
ギルスとJにいたってはやられてるしな。」

ウファア「だがお前が復活したからには四天王寺の増強は必要無いな。」

クウガ「そういうことだ。」

ウファア「ならばファンガイア軍の戦士達を集合させるとするか…」

??「おはようございます
オレ、そういう顔してるだろ?」

ウファア「お前は…」

ウファア「誰だっけ?」

?「カイだよ、カイ。あれ?名乗らなかったかなぁ?」

クウガ「人間、こんな所に何しにきた?」

カイ「俺はあれだよ、あれ!桜井侑斗、消しに来たんだ。
ここに用はない。」

カイと名乗った男は、そういうとフラフラと去っていった。


ウファア「いいのか?」

クウガ「奴には関わるな。俺の勘がそう言っている」

ウファア「なん……だと……?」

クウガ「やはり人間はおもしろい…ククク…」

その頃、単独行動をとっている加賀美は、王蛇と再会していた。

加賀美「王蛇……」

王蛇「イライラさせるなよ……」

加賀美「お前は…俺を何故助けた?」

王蛇「俺はいつも腹が減ってるんだ。大事な餌を横取りされるわけにはいかないんでな」

加賀美「だが……お前はほかのファンガイアとは……」

王蛇「ごちゃごちゃ、イライラさせるな!」

そう言うと王蛇はいきなり加賀美の首を絞めた。

加賀美「やめ……て……くれ……」

王蛇「冥土の土産に教えてやる。俺たちファンガイアは、一人一人が、全く別の生物だ。
その中で、俺は戦闘しか考える事がないファンガイア。例え相手が誰であろうと、戦う。それが俺の本能だ。
そして、お前は俺の気まぐれで命拾いしただけにすぎない……。
だが、もう終わりだ。俺の空腹はもう限界を突破しちまったからだ。ハァハッハハハハハッハ」

王蛇はオンドゥル星物語史上、一、二を荒そう長台詞を噛まずに言った。


いっぽう、アマゾンファンガイアと戦っていた音也と侑斗…


アマゾン「大切断!!!」

音也「ギャアアア!!!!?」

侑斗「くっ、やっぱりこいつは強い!」

そうこうしているうちに、ザコファンガイアもうじゃうじゃ集まってきた。

侑斗「や、やべぇ…」

その時!
あのレンゲルが現れたのだった…

睦月「久しぶりですね、みなさん…」

侑斗「だ、誰だ?」

睦月「か、仮面ライダーレンゲル、上条睦月だ!!!」

音也「誰でも良いけど、あいつら倒せるのか?」

睦月「フフフ、とっておきがあるんですよ!!!」