第三十二話「フュージョンカード・ゼロから始まる男」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第32話「フュージョンカード・ゼロから始まる男」

アマゾンファンガイア率いるザコガイア軍団に苦戦する音也と侑斗。

音也「仕方ない。キバット!!!」

キバット「おっしゃ、キバッっていくぜ!!」

音也「へんし・・」

侑斗「待て!!」

音也「何?」

侑斗「俺が役立たずかどうか、見せてやるよ。こんな奴の相手、俺じゃ役不足だがな!!」

音也「役・・・不足?おい、それは、やはり無理と言っているのか?」

侑斗「いや、実は役不足という意味はだな・・・」

キバット「な・・・何!?今まで真逆の意味だと思ってたぜ」

デネブ「俺もだ!!」

音也「もしかして、まだ世の中には間違って使っている日本語があるのかもしれない。」

侑斗「確かに・・・」

睦月「ってちょっとぉぉぉぉぉ!!何やってるんですか!!早く手伝ってくださいよ!!」

音也「あっ、悪い悪い。」

エレファントファンガイア「アマゾンさんの危機に現れた俺たち…」

ウルフファンガイア「徒党を組んでライダーを倒す!」

ホースファンガイア「5人寄らば大樹になるのさ!」

ベアーファンガイア「私達が正に無敵の!」

ドラゴンファンガイア「野獣戦隊ファンガイア5!!!!!」

音也「桜井、それとそこの、お前たちの力を試してやる。
アマゾンは任せた。この雑魚共は俺に任せろ。変身!!」

キバに変身する音也。だが、それで終わりではない。

音也「5人まとめて相手は面倒だ。来い!!タツロッド!!」

NOVA NEVER KONOWS♪熱い炎♪(ry

音也「これが、エンペラーフォーム。キバの真の姿だ。消えろ!!」

エレファントファンガイア「馬鹿な!!」

ウルフファンガイア「たった1レスもたず・・」

ホースファンガイア「われらが・・・・」

ベアーファンガイア「やられるなんて・・・・」

ドラゴンファンガイア「うぞだぁぁぁぁぁぁ!!!!!」



音也「さて、後は、奴らのお手並みでも拝見するとしよう。」


睦月「このカードを使ってください!」

侑斗「な、何だこれは!?」

睦月「いいから、速く!
これから二人分のパワーを合わせて超戦士を作り出すんですから!」


アマゾン「キエエエエエエ」

アマゾンは行動が早い。
…かどうかは分からないが、ヒーローの変身シーンでもお構いなしに襲ってきた。


侑斗「くっ、くううっ!」

睦月「早く!時間が…」

侑斗「やっ、やりゃあいいんだろう!?」

デネブ「侑斗…どうか死なないで…」

睦月「来た!」


その瞬間、侑斗と睦月の身体が引き寄せられ、一人のライダーになった。

♪あふれ出す感情がこの身体突き破り
♪時を溶かし始まったNext stage(r

そこに現れたのは、侑斗でも睦月でもゼロノスでもレンゲルでもなく、
白銀に輝くライダーだった。

??「よっしゃーーー!!!」


アマゾン「ウウ?アノフタリイ…ドコイッタ?」


??「俺の名は…そうだな、ゼロライダーとでもしておこう。
ヒュージョンカードによって誕生した…
超戦士ゼロライダーだ!!!!!」

覇気によって後退りするアマゾン。

音也「ほう…」


ゼロライダー「今までのお返しをたっぷりとしてやるぜ…
たっぷりとな。」


アマゾン「負ケルカ!!!」

音也「互角か、それ以上か…」

ゼロライダー「ちぇい!」

アマゾン「ジャングラ-!!!」

ゼロライダー「ぬっ、なかなかやるな!!」

アマゾン「オマエモナ!」

ゼロライダー「ライダーキック」

もちろんライダーキックは使えるゼロライダー。

アマゾン「ダ…大切断!」

ゼロライダー「ぐっ…!?」

わずかの差だが、ゼロライダーが膝をついてしまった。

音也「な、どうするんだ!?」

ゼロライダー「フフン、とっておきがあるんだよ!」

その直後、ゼロライダーが取り出したのは、身長の倍ほどある大剣だった。

アマゾン「ウオッ!?」

音也「そんなのがあるんなら最初から出せよ…」

大剣をだし、一気に形勢逆転し始めたゼロライダー。

ゼロライダー「どうやら一気に力の差がつきすぎたみたいだな。
つまらない。」

アマゾン「ギギ……」

ゼロライダー「じゃあとどめといくぜ!うぉ…」

その時、フュージョンが解けてしまったのである。

侑斗「あれ?」

睦月「おかしいな…。フュージョンは三十分は保つはずなのに…」

侑斗「まぁいい。お前みたいなヘタレとのフュージョンなんて二度とごめんだ」

睦月「へた…、いやへたれって…ていうか、大体、ゼロライダーって俺関係ないよね?レンゲルの一文字も入ってないんだけど?」

アマゾン「アマゾン、ツッコミガクドイヤツキライィィ!!」

いきなり、アマゾンに殴り飛ばされた睦月。

睦月「なんで…俺…だけ……」

侑斗「あのバカ!!もうフュージョンやろうとしても出来ねえじゃねえか!」

デネブ「フュージョンはもうやらないんじゃ?」

侑斗「ああやらねえよ!!ってデネブ……。やっぱり、俺にはお前しかいないぜ!」

デネブ「?」

侑斗「デネブ、来い!」


君の声聞いた気がして♪失われた時間サマヨう♪

侑斗「最初に言っておく!このベガフォームはかーなーり強い!」

ゼロノスアルタイルフォームとデネブは合体し、ベガフォームとなる。

アマゾン「レンゲル…カマセ…」

侑斗「行くぞ!アマゾン野郎!!」



つづぅく!!