第三十四話「名護破れる」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三十四話『名護敗れる!!』


加賀美のピンチに現れたのは名護だった。
名護はイクサに変身、王蛇と戦う。
だが、王蛇の方が実力は上だった。

王蛇「貧弱貧弱ゥゥゥ!!」

加賀美「名護ォォォォォ!!」

加賀見「さよなら、みんな…
どうか死なないで」


王蛇「なにいっ!?」

名護「やめなさい!
自爆なんてまねは!」

加賀見「ライダーキック!」


加賀見は自爆ではなくライダーキックを放った。
紛らわしいセリフと一緒に。
そして、勘違いした名護に当たった。


名護「ンナゴッ」



加賀見「な(r」

名護「い…いてぇ……だ…第一いつ…変身してないのにライダーキックとはどういう事です?」

加賀美「心に花があればそれがライダーキックなのさ……」

名護「ふざけるな!」

王蛇「そうだな、ふざけてる場合じゃないぜ」

名護「しま……」

名護はライジングイクサになる暇もなくやられてしまった。

名護「タイトルの……まんま……すぎる……」

変身が解け名護は倒れてしまった。

加賀美「ッ!?き…貴様……」

王蛇「さて……とどめをさすか…」

加賀美「貴様ァァァァァ!!」

王蛇「ッ?か……変わった……?」

加賀美「もう……許さないぞ……。」

王蛇「いや、違う。変身はしていない…。なのに……何故だ…俺が圧倒されている………」

加賀美「……」

加賀美は生身の状態で二発王蛇に決めた。
その二発で、王蛇は想像を絶するダメージを受けた。

加賀美「お前は、こんなもんじゃすまさない!変身!」

ガタックになる加賀美。

王蛇「お…俺が…恐怖している……?この…俺が…?ちくしょぉぉぉ!こんな事があってたまるかぁぁぁ!!」

王蛇は初めて恐怖した。戦う事しか考えられなかった彼が…。
今の加賀美はそれほどの存在なのである。


王蛇「ウォォォォ!」

加賀美「オリャァァァァ!!」

加賀美のライダーキックが炸裂。
王蛇は下半身が吹き飛び上半身だけになった。

王蛇「さ……最高だぜ……イライラしねえ…。やっぱてめぇは最高だったぜ……」

加賀美「……」

王蛇「ハハハハハ……ハハハハハハハハハ」

王蛇は高笑いしながら、消滅していった。



その頃、剣崎はやっと半分ほどの旅を終えていた。

剣崎「地球まで後半分…もう少しスピード出ないのかな……」

美穂「(瞬間移動使って宇宙船ごとワープしてもいいけど、おもしろいからもう少し放っておこう)」


帰路は長そうである。




つづく