第三十七話「さよなら、デネブ」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第37話『さよなら、デネブ』

ゼロノスファンガイアとなった侑斗の前にデネブが立ちはだかった。

デネブ「侑斗!目を覚ましてくれ!俺は侑斗と戦いたくなんかない!」

ゼロノス「侑斗?誰だそれは?」

デネブ「侑斗!!」

ゼロノス「ウガァァァァァ!!」

ゼロノスはデネブに攻撃。デネブは大ダメージを受ける。


デネブ「侑斗…聞いてくれ…」

ゼロノス「うるさい!!」

ゼロガッシャーがデネブの腹部に突き刺さる。

デネブ「グ……俺は…侑斗が大好きだ…」

ゼロノス「黙れ!」

デネブ「椎茸は…食べてくれなくても…侑斗は俺の料理を…おいしそうに食べてくれた…」

ゼロノス「ぶっ飛ばすぞ!」

デネブ「俺は知ってる…。侑斗は厳しいけど、本当は誰よりも優しい奴だって…」

ゼロノス「ウワァァァァァ!!」

その時、侑斗の体から、気味の悪い光が飛び出て行き、ゼロノスは元の姿に戻った…。


侑斗「デネブ……」

デネブ「よか……った……。侑斗……。元に…もど…」

台詞の途中で、デネブは倒れる。

侑斗「デネブ!おい!しっかりしろ!!」

デネブ「侑斗……ありがとう……」

侑斗「おい…デネブ!?デネブ!!」

デネブ「…………」

侑斗「おい…嘘だろ……返事しろよ!デネブ」

デネブ「……ムニャムニャ…侑斗~椎茸攻撃だぁ~」

侑斗「・・・・、デネブゥゥゥゥゥゥ!!」

デネブはただ寝ていただけだった。


その頃加賀美たち


加賀美「バカ…な……」

勝ったはずの加賀美はダメージを受け、膝をついていた。

ウファア「油断したな。俺が死んだと思ったか?」

加賀美「いや…あの死に方は…死んだパターンだろ…」

ウファア「確かに、俺は死んでいた。だが、忘れたか?俺はゼロノスに魂を送り込んでいた」

加賀美「な……」

ウファア「俺は敵をファンガイアにした魂をもう一度自分に戻し、再生する事もできるんだよ(とは言え…ゼロノスの意志の力に弾き飛ばされ運が良かっただけだがな……)」


ウファア「さて、どうしてやろうか?貴様もファンガイアにしてやろうか…(本当は…そんな力はもう残っていないがな…)」

加賀美「まだ、そんな力が…俺は…ハイパーゼクター使って…ヨロヨロだってのに」

今!!バカとそうじゃない者の差がでた!!


加賀美がピンチになったその時、JPカードが投げられた。

?「ジャンパーソン、フォウジャスティス!」

加賀美「お前は…だいぶ前に俺を助けてくれた……」

?「私の名はジャンパーソン。ファンガイアを倒すべく、行動している!」

ウファア「(よし…体力が少しだけだが戻った。青い方は弱っていて役には立たん…。なら紫色の方を!)」

体力が回復したウファアは、ジャンパーソンをファンガイアにしようとする。しかし

ウファア「ば…バカな…」

ジャンパーソン「無駄だ。私は機械だからな!」

ウファア「そんな……バカな…」

ジャンパーソン「消滅しろ!ウルトラファンガイア」

ジャンパーソンの必殺技で、ウファアは跡形もなく消滅。
今度こそ、ウファアは死んだのである。


クウガ「くっ…」

一方、音也とクウガも激戦を繰り広げていた。

音也「そろそろ終わらせるか。」

クウガ「し、仕方ない…アレを使う!!!」

音也「なにっ!?」

クウガ「はぁぁぁぁんんんんおおおおおお…」

クウガが力を入れると、大気が震え、地面が割れ始めた。
そして、クウガの姿がみるみる変化していったのだ。

クウガ「まさかなれるとはな・・・この、アルティメットに!!!」


クウガファンガイア・アルティメットフォームは、
そこにいる総てのライダーを弾き飛ばし、
音也の頭を踏みつけた。


クウガ「さすがだ…
ファンガイアの力も相俟って、最強の力だ…」

加賀美「な、なんて力…」

ジャンパーソン「さっきのファンガイアとは桁が違う…」

侑斗「俺、ようやく参上!!!
俺をこんな目に合わせた奴はどいつだ!?」

加賀美「ゆ、侑斗・・・逃げ…」

クウガ「お前か…覚えているぞ、この前俺にやられた奴だ…」

侑斗「や、やられるかよ…俺は…仮面ライダーだ!!!」

クウガ「貴様なんぞ、俺が手を下すまでもない…」

クウガが睨みつけると、侑斗はその場に倒れ込んだ。

侑斗「な、なにっ…」

音也「へ、ヘビににらまれたカエル状態だ…!」


クウガファンガイアに弄ばれるライダーたち。
そこに、あの二人が現れた。


剣崎「………」

始「…なんだ、このザマは…」

クウガ「…むっ!?」

加賀美「け、剣崎…」

侑斗「始も、ようやく来たか」

始「これは一体どういうことなんだ!?」

クウガ「なんだ、お前らは…」

剣崎「………」

剣崎は何も言葉を発さず、クウガをただじっと睨んでいる。
クウガも剣崎を睨んでいる。

クウガ「何だ、その目は…」

加賀美「何っ?」

クウガ「その目はなんだああああああああ!!!?」