第四十話「富士山の上で大決戦」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第四十話「富士山の上で大決戦」


富士山頂・怪魔城


キング「何っ、ビショップがやられただと?」

カイ「どうやらそうらしいですね。」

キング「馬鹿めが…こうもあっさりと」

オーガ(長くはないな…)

オーガファンガイアは出世していた。良く分からない役職に。

クウガ「こ、これは!!?」

キング「何事だ!?」

クウガ「奴らが…迫って来ている!」

キング「馬鹿な、奴らはもう…」

カイ「生きていたんでしょうよ。」

キング「何という事を…」

キングはやや自失気味になった。

クイーン「そういえば新OPは?」

クウガ「ファンガイアにだって間違いはある。そういう事です。」

その頃ライダー達は、ゼロライナーで怪魔城に到着していた。


加賀美「そ、想像以上に入り組んだ城だなぁ…」

侑斗「そんな事言ってる暇はない!行くぜ!!!」

一同「ああ!!!」

一同はある程度チーム分けをした。

まず加賀美とジャンパーソンチーム。
そして侑斗とデネブチーム。
さらに始と名護チームである。

侑斗「こ、ここは…食堂か!」

デネブ「いろんな食材があるなぁ。」

そこに、一体のファンガイアが現れた。

???「俺は給仕長のヒトデファンガイア!
ここを通りたくば俺を倒してからにしてもらおう!」

デネブ「侑斗、ここは俺にまかせて。」

侑斗「あ、ああ…」

デネブ、ヒトデ「勝負だ!できた!」

侑斗「はえぇぇなぁ!!!って、料理勝負かよ!美味し○ぼか!!!」

デネブ、ヒトデ「侑斗が審査員だ!」

侑斗は二人の料理を口に入れた。

侑斗「…ヒトデの勝ち。」

デネブ「な、何で…」

侑斗「またシイタケ入れただろ!!!」

デネブ「そんなぁぁぁ…」

ヒトデ「よっしゃあ!これでお前らは終わった…」

侑斗「それとこれとは話が別だ!!!」

侑斗はヒトデファンガイアを倒し、次へ向かった。

次に侑斗たちが入ってきたのは、個室のようなところだった。

侑斗「ここは…?」

カイ「いらっしゃいませ…俺、そういう顔してるだろ?」

侑斗「ダレだお前は!?」

カイ「俺はカイ。」

侑斗「カイ…?どっかで聞いた名だな」

カイ「なぁ、さっさとキング倒しちゃってくれよ」

侑斗「なに?」

カイ「イマジンの時間にするには人間もファンガイアも邪魔なんだよねぇ」

侑斗「イマジン……。どういう事だ?お前はファンガイアの仲間じゃないのか?」

カイ「俺、そんな事言ったっけ?まぁどっちでもいいや。俺は、この戦いからは降りるから」

そう言うとカイは時間の波を捕まえて、約束の場所へと消えていった。

侑斗「なんだったんだ…あいつ…」

デネブ「カイ…」

侑斗「知ってるのか?」

デネブ「また後ではなすよ」

侑斗「そうだな。まずはファンガイアを倒すことが先決だ。」