第四十一話「ライジングカリス」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第41話『ライジングカリス』


侑斗たちが、いりくんだ城を歩き回ってる頃、始と名護はイクサに付いてるセンサーでファンガイアのいる位置を探っていた。

名護「やはり、紅の力を探ることは出来ない」

始「人間の作った出来損ないの機械だ。期待はしていない。」

名護「なんだと!!大体、新OPはいつになったら作られるんだ!!」

始「ネタがないんだ!!こっち側の作者には!!」

名護「ぐ・・・・グゥ・・・」

喧嘩しながらも歩いていく二人。

名護「ここです。ここに、ファンガイアがいます。」

始「よし、入るぞ!!」

ドアを蹴破り、ファンガイアがいるであろう部屋に入る二人。

始「ビショップとかいったか・・・」

オーガ「フフフ、違うな。俺はビショップではない。実は、ビショップとオーガは別人だったのだ!!」

名護「な・・・なんだってーーーー!?」

始「ウィキ書き直さなきゃな・・・・」

始「まぁ、いい。変身!!」

ワイルドカリスに変身する始。

名護「変身!!」

ライジングイクサに変身する名護。

オーガ「ほう、貴様らか。我がファンガイア一族が世話になったようだな。」

始「安心しろ。お前もすぐ仲間の所へ送ってやる。」

名護「その命、神に返しなさい!!」

オーガ「いいことを教えてやろう。貴様らの力は、俺に劣る。」

始「いい度胸だ」

名護「行くぞ!!」

始と名護は二人で、一斉にオーガに襲い掛かる。

二人で一斉に襲い掛かるが、チームワークが全く取れていないため、すぐにやられてしまった二人。

名護「ええい!!私に合わせなさい!!」

始「お前こそ、俺の邪魔をするな!!」

オーガ「終わったな。唯一、俺に勝てる方法を貴様らは放棄した」

名護「黙れ!!こんな男の力を借りなくても!!」

名護はイクサカリバーを駆り、オーガに襲い掛かる。しかし

オーガ「言ったはずだ。貴様らでは俺に適わない!!」

名護はオーガに一撃でやられてしまい、変身が解除されてしまった

始「名護!!クッ・・・」

オーガ「後は、貴様一人だ」

始はオーガと戦う。なんとか致命傷は全て免れているが、圧倒的に始が不利なのには変わりない。

始「くそ・・・。ジョーカーになるしかないのか・・・・」

オーガ「何?まだ、貴様は力を残しているのか!?」

始「名護!!加賀美たちに言っておけ。後の事は全て任せるとな」

名護「何!?」

始「気をつけろよ。ジョーカーになってしまえば、俺自身、制御しきれない。ウォォォォォォ!!」

オーガ「させるかぁぁぁぁぁ!!」

オーガは始に必殺の一撃を繰り出そうとする。

名護「相川ァァァァァ!!!」

オーガの必殺技が炸裂した。

始「な・・・・名護・・・・」

始はジョーカーにはならず、我に返っていた。名護が生身で、自分をかばっていたからだ。

名護「グ・・・ふざけてはいけませんよ・・・。こんな所で死ぬなんて許しませんよ!!」

始「・・・すまない・・・」

名護「これを使いなさい!!」

イクサライザーを始に投げる名護。

始「これは・・・」

名護「193と押すんです。そうすれば、カリスはパワーアップする・・・」

そう言い、名護は倒れる。

オーガ「なんだ?何をする気ニダ!!」

始「超変身!!!」

オーガ「何ッ!?」

イクサライザーを使い、カリスはさらに形状変化を果たし、ワイルドカリスにライジングイクサの青いカラーリングが追加される。

オーガ「何ッ・・・」


fight for justice 誰かの為じゃなく自分の生き方を証明したい♪

始「待たせたな・・」

fight for justice正義の為になら全てを犠牲にしても良い♪

始「これが、俺たちの本気だ。」

オーガ「俺が・・・最も恐れていた事態が・・」

始「くらえ!!カリスダイナミック!!」

ライジングカリスとなった事で、出現したイクサカリバーを使い、オーガを一刀両断した。

オーガ「ま・・・・まさか・・・2話くらい・・間延びすると・・・思ってた・・・のに・・・」

そう言い、オーガは爆発した。

始「ハァ・・・ハァ・・・・。もう二度と、こんな無茶はしないぞ・・・」

変身を解除しながら始は言う。

名護「ふっ・・やはり、イクサを使いこなせるのは・・・私だけ・・・」

始「言っていろ・・・・少し休憩すれば、すぐに行くぞ・・・」

名護「プリキュアも終わったことですしね。」


つづく