第四十二話「王の名」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第四十二話「王の名」



加賀美達は長い長い階段を上った末、王の間に着いた。

ジャンパーソン「こ、ここが…王の間」

加賀美「ついに来たんだな・・・」

キング「よく来たな。
いかにも、私が王だ。ファンガイアのな。」

加賀美「あんた、名前は…?」

キング「王は王だ。
名前など与えられることはない!」

加賀美「そうか…なら…
決戦だ!!!」


加賀美はガタックに変身し、王が火を噴く。

加賀美「くっ…この程度の熱さで!!!」

キング「フッ…
やはり私の力は未だかなりのもののようだ!!!」

加賀美「何ぃっ!?」

キング「おおおおおおううう!!!!!」

キングの正拳突きが加賀美の肉体を貫くほどの衝撃でやってきた。

加賀美「うおおご!?」

ジャンパーソン「むっ、危ない!」

ジャンパーソンが加賀美をかばった。
しかし、前話で名護に先を越されていたのだ。

ジャンパーソン「くっ、加賀美、気をつけろ。
奴は…最強だ!!!」

加賀美「ああ、分かってるさ。ハイパーゼクター!」

その頃始、名護と侑斗、デネブが合流していた。

侑斗「この会談を上った先にキングが…」

始「満身創痍だが、行くかな。」

デネブ「ああ…」

名護「少しは休ませてほしいものですね。」

その時、何者かが後ろから…

????「待ちなさい。」

一同「!?」

クイーン「とりあえずキングの所にはいかせられない。
貴方達は私が相手をしてあげる。」

始「貴様…まだいたのか!!!」

戦闘体制にはいる始。

始「誰か一人でも上へ行けえええええええええ!!!!!」

侑斗、デネブ、名護「分かった!!!」

始「えっ、残ってくれないの!?」

クイーン「まぁいいわ。キングはつよいし…
あいつらが束になってもかなわないでしょうね。」

始「俺たち仮面ライダーを…なめるなよ!」

王の間―


加賀美「ハイパーガタック見斬ッ!!!」

キング「ほう、なかなかやりおる…」

侑斗「加賀美、助太刀だぜ!!!」

名護「ンナゴ?」

ジャンパーソン「おお、これでなんとか…?」

キング「そうもいくまい!」

キングは3,4発光の弾を放った。

侑斗「ぐえっ!?」

デネブ「侑斗!!!
全部、侑斗にあたるなんて…」

侑斗「構いやしねぇさ…
変身、来いデネブ!」

デネブ「待ってました!」

名護「私も変身!」

加賀美「おっしゃいくぜえええええ!!!!!!」

名護「ファイナルライジングブラスト!!!」

侑斗「グランドストライク!!!」

ジャンパーソン「ブレイクナックル!!!」

加賀美「ライダーキイイイイイック!!!」

必殺技の波状攻撃!!!

キング「うっ…ぐおおおおおお…!!!」

加賀美「やったか!?」

キング「ふぅ、残念だったなぁ!
なかなかの攻撃だったが、私のボディに傷を入れることは不~可能だったようだなぁ!」

キングはなぜかハイになっている。

加賀美「ば、万事休す…」

侑斗「こ、こいつ…強い…」

侑斗は割りと当たり前なことを言った。



その頃、階段前では…

始「貴様、とんだ裏切り者だなぁ。
まさかこうなるなんて思っても見たけど、思えなかったぜ。」

クイーン「?まぁいい…
とにかく、キングは負けることは無いと思うけどね。」

剣崎「剣崎一真、ただいま参上!」

空気を読まずに剣崎が現れた!!!

始「剣崎…貴様か…」

剣崎「き、霧島…美穂…
本当にファンガイアだったのか?」

霧島(クイーン)「そうよ、何か問題でも?」

剣崎「できない・…!
俺には…攻撃…できない!!!」


続く