第一話「剣崎」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一話「剣崎」

地球では橘朔也が仮面ライダーギャレンに変身して、敵(ファンガイア)と戦っていた。

毛根F「毛毛毛ーッ!
俺様は毛根ファンガイアだ!受けてみるかこの毛根の強さ!美しさ!」

橘「な、ナンナンダアンダイッタイ!」

毛根F「とどめの一撃!毛根ストリーミング・苺畑のプレイボーイとシンドバット!!!」

毛根ファンガイアの必殺技名は長かった。

橘「俺が死んだら、ライダーはいないも同然…ッ
だったら…
こうするしかないだろ!!!」

ギャレンは毛根ファンガイアの必殺技を受けなんとか耐え切り、
こちらも必殺技の用意をした。
その時…

毛根F「うぎゃー!!?」

橘「な、何ッ!?」

そこには、カマキリのようなライダーが毛根ファンガイアをライダーキックで倒していた。

カマキリライダー「フン、BOARDの戦力も、たかが知れているな。
これだったら、俺がやったほうが幾分かマシに見えるぜ!」

橘「ま、待てっ!
お前は何故ライダーになれるんだ!?
何故、何が目的で…?」

カマキリライダー「そこにいる奴にでも聞いてみな。」

そういうと謎のライダーは去って行った。

橘「!?」

振り返るとそこには、一人の男がいた。

剣崎「オリバゲンザギカヅバダ」

橘「何…剣崎、一馬だと…?」

橘は何故かオンドゥル語を理解できた。

橘「教えてくれ、あいつは何物なんだ!?」

剣崎「俺にもわからないんディス」

橘「そうか…とりあえず烏丸署長に報告しておくか。」

BOARD司令室

烏丸「なるほど、我々やZECT以外のライダーか…」

橘「はい、ヤツラは我々と敵対するようなら充分な脅威ですね。」

烏丸「全くだな。」

その時、町にファンガイアが現れたとの連絡が入った!

橘「行って来ます!」

烏丸「ああ、気をつけろよ。
今、ZECTにもほとんどライダーがいないからな。」

橘「くっ、ここか、ファンガイアが暴れているところは!ヘシン!」

チーズケーキF「フハハ、私はチーズケーキファンガイアだ!
喰らえ!」

橘はチーズケーキファンガイアの攻撃を受け、その場に倒れこんだ。

橘「バカなっ…!最近のファンガイア、強くなりすぎだ!」

ギャレンがファンガイアの攻撃を受け、倒れそうになったその時!
一人の人間が現れた!

剣崎「ウェイ!」

橘「お前は…剣崎!?」

剣崎「ここはオリにマカセウェ!ヘシン!
ジャックフォーム!」

剣崎は仮面ライダーブレイド・ジャックフォームへと変身した。

剣崎「ウェイ!ウェイ!ウェ^------イ!!!」

チーズケーキF「なかなかやるなっ!
だが、俺を倒すにはもうひとつってところだな!」

徐々に押されていく剣崎。
しかし、そこに橘ギャレンが立ち上がった!

橘「くそっ…
もう俺は何もいらん…
ファンガイアを撃滅できる力が手に入るなら、何もいらない!
俺に力を貸してくれ!
ザヨゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

チーズケーキF「ええっ!?」

剣崎「そ、それが…仮面ライダーギャレン・ジャックフォーム…!」

剣崎「行くぜ、ダディヤナザン!」

橘「ああ…!」

剣崎「ライダー…」

橘「キック!!!」

チーズケーキF「ウソだああああ!!!!!」

チーズケーキファンガイアは散華。
町の人々も無事救出した。

橘「行くのか?」

剣崎「ウェイ。俺は今BOARDに行くわけにはいかないんディス。」

橘「そうか、深くは聴かないぜ。
だがいずれ、ともに戦ってくれると信じている。」

剣崎「それは俺もディス」

こうして剣崎は去っていった。
だが、剣崎の冒険は始まったばかり…
果たして、剣崎の先に待ち構えている苦難とは…?
そして、ファンガイアの正体とは…?