第一話「戦えないライダー」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一話「戦えないライダー」

時を駆ける列車デンライナー。
次の駅は過去か、未来か…

加賀美「どうなってんだ…?」

岬「加賀美君!サボってないで早く仕事しなさい!」

加賀美「はっ、はいいい!!」

デンライナー客室では

良太郎「こ、これからどうするの…?」

モモタロス「あの野郎を追っかけるんだろ!?
おい女!
そうだよな!」

??「女じゃない、ハナ!」

ハナはそういうとモモタロスを殴り飛ばした。

モモタロス「ンナゴッ!?」

良太郎「キャラが違う!?」

良太郎「ハナ?君は…あのときの声の…あれ?」

話しかけようとすると、ハナの姿は消えていた

モモタロス「あれ?あの女……何処いきやがった…」

未だ正体の見えないハナという少女。
決して、ライダーじゃないキャラを出したら扱いにくいとか、どうせ空気になるとかそんな理由ではない!
謎だらけなのだ。

その頃、町では、イマジンが暴れ回っていた。

ヘラクスイマジン「ウォォォ!ライダーだとカブト虫モチーフは敵味方問わず強いんだァ!」

ヘラクスイマジン(以後ヘラクス)は暴れ回っている。

加賀美「やめろ!」

ヘラクス「邪魔をするなだァ!」

加賀美「邪魔をするなだァ??!」

ヘラクス「いいだろう!人間!貴様の時間から過去に飛ぶとしよう!」

と言い加賀美を襲うヘラクス

加賀美「させるか!へん…」

と加賀美が変身しようとしたとき、デンライナーが現れ、モモタロスが憑依した良太郎が現れる

M良太郎「俺!参上!いいか!俺は最初から最後まで徹底的にクライマックスだ!
行くぜ行くぜ行くぜ!」

M良太郎は変身もせずにヘラクスをボコリ始める。

ヘラクス「死ぬ死ぬ死ぬぅぅ~~って……調子に乗るなァァ!」

ノリでやられついたねだが、ツッコミを入れて自分のペースに戻しM良太郎を吹き飛ばした

良太郎「(痛いよ…モモタロス……)」

M良太郎「うっせー!!情けねえこと言ってんじゃねえ!
いくぜ……」

そう言い、電王ベルトを巻くM良太郎。

M良太郎「変身!」

電王ソードフォームに変身するM良太郎。

加賀美「あいつも……仮面ライダー……」

その後、余裕で、M良太郎はヘラクスを退けた。

M良太郎「へっおととい来やがれ!」

加賀美「お前…何者なんだ」

M良太郎「あぁ?誰だてめぇ?」

良太郎「(か……加賀美さん)」

M良太郎「あ?知り合いか」

ハナ「その人をデンライナーにつれてきて!」

M良太郎「あっ?」

ハナ「いいから早く!」

M良太郎「わ……わかったよ…」

加賀美「どこなんだここは!?
ダリナンダアンタイッタイ!?」

ハナ「何故オンドゥルの!?何故オンドゥルの!?」


モモタロス「なぁ、俺の名前モモタロスってことはないよな…
もっとこう…モモタリオンとかステキな名前が良いよな…」

良太郎「フフ、恥ずかしい話ですが、あなたの姿にモモタロスという名前を重ねた時…恥ずかしながら私、…『爆笑』してしまいましてね…」


ナオミ「お前ら少しは落ち着けぇぇぇぇえええええ!!!」

良太郎「キャラが違う!?」



次回ッ!オンドゥル星物語だいにわーっ!!!


??「このお宝は頂いていくよ!」

加賀美「仮面ライダー装甲鍬形(アームドガタック)!!!」

イマジン「美しくなければ戦いではない!!」

??「大樹を知っているんでしゅか!?」


次回第二話「これが僕等の生きる道」