第五話「激突」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第5話『激突』


良太郎に入った青いイマジン。
敵を撃退した彼らはデンライナーに戻り、彼から話を聞いていた。

良太郎「……ウラタロス!」

ナオミ「異議なし」

ハナ「異議なし」

モモタロス「異議なし」

ウラタロス「うぉーい!ちょっと待ってよ!
そんなセンスない名前?」

オーナー「賛成3反対1。というわけで彼はウラタロスという事で」

四人「異議なし」

ウラ「えっ?なに?異議なしって流行ってんの?
まぁいっか。折角仲間になったんだし」

モモ「いいか!俺はてめぇを仲間だと思ってねえ!
わかったか亀野郎」

ウラ「………」

ハナ「私もそう思う。少し妖しすぎるわ。イマジンが電王のしかも特異点の味方をするなんて。
知らずに入ったこの馬鹿はともかく」

モモ「返す言葉もない……」

ウラ「・・・実は・・僕は、カイに実体を与えてもらえず、厳しい生活を送ってたんです・・・・
今回だって、野上良太郎さえ手に入れたら、後はお払い箱・・・。僕はカイに復習したかったんです。」

モモ「う・・・う・・・ビェェェェェ(泣)泣かせるじゃねえか!!おし!!今日から、俺もお前と一緒に戦うぜ」

ナオミ「いい話です!!いい話です!!」

ハナ「復習の文字間違ってるのがなんか怪しいけど・・・どうする?良太郎?」

良太郎「信じてみようよ。実際、ウラタロスは、僕らを助けてくれたんだし」

ウラ「ああ、もうウラタロスっていうのは決定なのね」

その頃加賀美は・・・

加賀美「くそ・・・、まさか、酒に酔わされてつかまるとは思ってなかったぜ」

ウォッカイマジン(以後ウォッカ)「いや、まさかこんな簡単な手にひっかかるとは・・・。
まぁいいか。お前を捕らえたのは他でもない。
貴様に聞いてもらいたいことがある」

加賀美「馬鹿な!?イマジンがライダーである俺に話しだと?なんのわなだ!!」

ウォッカ「確かに、そう思われても仕方がない。だが、違うんだ。」

加賀美「なんだと!!確かに、捕らえられたのにゼクターの一つ奪われてなくて、傷一つつけられず、今だって縄に縛られることさえされずに自由をもらって、なおかつここまでの発言権を得て、こんな罠なんて何もなさそうな見通しのいい場所までつれられて、飢えないように食料までもらった!!そんな奴らを信じられ・・・信用する要素抜群じゃないかぁぁぁぁ!!!」

ウォッカ「わかってもらってうれしいよ・・・(こいつ馬鹿だな・・・)」

ウォッカ「貴様に聞いてもらいたい事とは一つだ。カイをイマジンのボスを倒して欲しい!!」

加賀美「なんだって!?お前たちのボスを?」

侑斗「そんな事信用できるかよ!!」

突然、侑斗が現れた。

加賀美「侑斗!?なんで?」

侑斗「お前らをつけてた。そうすれば、イマジンのアジトにつくかと思ってな」

ウォッカ「確かに、カイを倒せば、我らイマジンの大半は消滅してしまう。我らイマジンのほとんどは、カイのイメージで成り立っている。その主がいなければ、我らは体どころか、存在すら維持できない」

侑斗「なら、やっぱ信用できねえな。」

???「なら、俺の言葉なら信用できるか?」

その時、奥から一人の男が現れた。

加賀美「お前は・・・・剣崎!?なんでこんな所に!?」

ウォッカを動かしていた男、それは、かつて加賀美たちと戦い、未来では良太郎の父になる男剣崎一真だった。

剣崎「久しぶりだな。加賀美、桜井」

侑斗「剣崎・・・お前わかってるのか!?イマジンは倒さなきゃいけない敵だ。俺たちと一緒にファンガイアを倒したお前が・・・」

剣崎「本当の敵はイマジンではない」

加賀美「なんだって!?」

剣崎「本当の敵、それは大ショッカーと呼ばれる組織だ」

加賀美「なんだって!?」


剣崎「俺は、オンドゥル星の戻り、独自に調査を行っていた。父さんに言われたんだ。
地球には、まだ、あのファンガイアのキング以上の悪がいるってな。
だから、俺は、再び地球に戻った。その時知ったんだ。いずれ、そう遠くない未来、様々な世界をはびこる全ての悪の組織の集合体大ショッカーが現れるってな」

侑斗「様々な世界!?何の話をしてるんだ、お前は!!」

???「その話なら、僕がしてあげるよ」

そこに、前に、オーガファンガイアの棍棒を盗んだ男が現れた。

加賀美「お前・・・」

剣崎「彼の名前は海東大樹。この、オンドゥル星とは別の世界から来た、仮面ライダーだ」

海東「そういうこと。僕は様々な世界を巡り、大ショッカーの存在を知った。大ショッカーは、1号の世界からディケイドの世界までを今支配しようとしている。
だが、その世界の支配も時間の問題だ。
仮面ライダーはそれぞれの世界に一人しかいない。
だが、この様々な仮面ライダーが存在しているオンドゥル星物語の世界なら、大ショッカーを倒せるかもしれない。だから、僕はこの世界に現れたのさ」

加賀美「何の話をしてるんだ!?そんな事、信用できるはずないだろ!!」

海東「なら、これを見て信用してもらうよ」

そう言うと、海東はディエンドライバーという銃にガタックの絵が描かれたカードを挿入し、仮面ライダーガタックを償還した。

海東「これは、別の世界のガタックだよ」

その証拠を見せると、すぐに、海東はガタックをカードに戻した。

加賀美「・・・」

侑斗「どうやら、信じるしかないみたいだな・・・」


加賀美「だけど、それで、剣崎がイマジンと一緒にいるっていうのはよくわからないんだけど」

ウォッカ「俺も、反対なんだ。世界が崩壊すれば、生きていく意味がない。本来イマジンは、自分の世界を、人のイメージにより手に入れる事が目的なんだ。それなのに、最近は、人間を襲い、自分たちがとって変わるようにするような奴らしかいない。
本当は、俺たちイマジンと人間は共存するべきなんだ!それが出来ないなら、元々、時間のはぐれものだった俺たちイマジンは消えたほうがいい」

剣崎「イマジンには、こういう考え方を持ってる奴も少なくはない。そんな奴らと共に戦うんだ。
大ショッカーは、様々な世界の敵組織と関係を結んでいる。もし、ファンガイアやワームがいたみたいに、色んな敵組織が存在する俺たちの世界に大ショッカーが来て、手を結ばれたら、俺たち全ライダーの力を合わせても勝てるかどうか・・・」

侑斗「わかった・・・。だが、俺は、イマジンは倒すぜ。何があっても、カイのやった事は絶対に許さない!!」

剣崎「ああ。わかってる。俺も、カイを倒すことには賛成だ。それでいいな?ウォッカ!!」

ウォッカ「ええ、剣崎さんがいうなら、俺はかまいません」

加賀美「(ああ、剣崎には敬語なんだ)」

海東「じゃあ、僕はここで。他の世界にも用があるんでね(こんなにお宝が眠る世界を壊させるわけにはいかないからね。今は、彼らに協力するさ。今はね)」


その頃、カイは・・・・

カイ「なぁ、あれ・・・G5だっけ?俺を殺そうとしてるイマジンの集団ってのは」

???「ああ、そのとおりだ。イマジンの裏切り集団『G5』。妙な男がリーダーになり戦っているらしい」

カイ「妙な男?」

???「アンデット、人間でもイマジンでもない男だ。その男が、奴らの新たな主となり戦っているらしい」

カイ「アンデット?邪魔だなぁ。じゃあ、こいつにつぶしてもらうか。」

???「いいよ、あの野上良太郎って奴の体奪えばいいんだよね?」

カイ「ああ」

???「答えは聞いてないけどね。いってくるよ」

紫の光に包まれたイマジンが良太郎を求め飛び去っていった。


その頃、デンライナーでは


モモ「てめぇ!!他のキャラクターが繋げてくれてる間に、紙面や文面や映像では絶対にお送りできないあんな事やそんな事やりやがって!!ドラえもんだけだぞ!!
そういう言葉で卑猥にならねえのは!!」

モモタロスは、なんやもうようわからんツッコミ方してかないません。

ウラ「良太郎の体を自由に使っていいって言ったのは先輩でしょ?ビエビエ泣きながら、みっともない」

モモ「うっせー!!それはてめぇに同情したからだ!!もう同情しねえ!!どうせ、てめぇの話も嘘なんだろ!!
やっぱ、てめぇはイマジン軍団の野郎なんだよ!!俺はてめぇを仲間なんて認めねえな!!」

ハナ「喧嘩なら外でやりなさい」

良太郎「そういえば、加賀美さん、遅いな・・」

少し、心配したが、その直後、加賀美が帰ってきた。

良太郎「どうしたんですか?加賀美さん?難しい顔して」

加賀美「俺は、怪人さえ倒せば、世界は平和になると思ってた。平和のためには戦うしかないって思ってた。
大人になるにつれてそんな考え方しかもてなかったんだ。
子供の頃みたいに柔軟に考えなくなってた」

良太郎「えっ?」

加賀美「ガキの頃なりたかった大人に…俺はなってやるよ!」

良太郎「何の話をしてるんですか?」

加賀美「良太郎、悪いが、俺は、もうお前たちと共には戦えない。俺はデンライナーを降りる」

良太郎「加賀美さん!?なんで・・」

加賀美「今は言えない。だが、いずれ、また共に戦う日が来るだろう」

加賀美は良太郎の元から去っていった。果たして、加賀美という戦力を失った良太郎は、電王だけで、イマジン軍団と、カイと戦う事は出来るんだろうか


つづく



次回予告

???「俺の強さにお前が泣いた!!涙はこれで拭いとき!!」

M良太郎「イマジンは・・・俺が倒す!!」

剣崎「大ショッカーがこの世界に来るまで後半年・・・それまでにカイを倒さなくちゃいけない」

加賀美「良太郎には会ってやらないのか?」

剣崎「未来の息子には会うものじゃない。一番いいのは、俺たち親子がこの時代で会わない事だ。
だから、俺は影で動き続けるさ」

???「良太郎、お前の力、俺に貸してくれ!!」

次回『浪速の熊と親心』




矢車「大ショッカーか…予想谷しなかった」

睦月「で、でも兄貴、もしかしたら何か不都合が起きて設定が変わってオレ達にもで番が…」

矢車「自分を知れ…そんなオイシイ話があると思うのか?」

睦月「なんて酷い作…」


矢車「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァッ!!!」


睦月「オッマッケェ~!!!」