第四十三話「ケンカ」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

行方不明になっていた剣崎が帰ってきた。

始と美穂の戦いに乱入した。

始「お前、生きていたのか・・・」

美穂「そうね、今まで何をしていたの?」

剣崎「俺は、あの爆発の日、ある男に助けられた」


~回想~


剣崎「ク・・・あれが・・キングの・・力・・・。もう・・駄目だ・・・」

ボロボロになった剣崎は、もう崩壊している村の外れで倒れてしまった。

天道「ん?なんだ?おい!!しっかりしろ!!」

ボロボロになっていた剣崎は、天道によって、救われてた。


剣崎「ウェア!!日本は!!」

天道「気がついたか?日本は見ての有様だ。」

剣崎「・・・?何処に行くんだ?」

天道「お前はこの小屋の世話になっていろ。俺は、魔界城に行く。あれ?怪魔城だったか?まぁ、とりあえず、ファンガイアの根城に行く」

剣崎「待ってくれ!!なら俺も!!俺も仮面ライダーだ・・・俺のせいで・・・俺のせいで日本は・・・」

天道「そうか・・・。なら、余計に連れて行くわけにはいかなくなった。日本がこうなったのがお前のせいなら、俺はお前を許すわけにはいかない。
お前みたいな弱い奴は必要ない!!」

小屋を出て行く天道。それに続いて追いかける剣崎。

外の光景を見た剣崎。それは、人々が絶望し、笑うことがなくなった村だった。

剣崎「これは・・」

天道「お前たちが負けたせいで、この村だけじゃない。日本から人々の笑顔がなくなったんだ・・・。俺はお前たちを許さない!
だから、お前たちの力には頼るつもりはない!」

剣崎「・・・・なら、俺が、この人たちの笑顔を取り戻せば、俺を認めてくれるか?」

天道「出来るのならな。お前ごときに」

剣崎「見てみろ!!」


そう言うと、剣崎は、村のみんなが見える場所に移動する。

剣崎「みんな!!見てくれ!!ブルブルアイアイ♪ブルベリアイ♪」

剣崎は特訓したブルベリダンスを披露した。それを見た村の人々は、次々に笑顔になっていく。

天道「なるほどな・・・・。どうやら、思ったよりもマシな奴みたいんだな。行くぞ」

剣崎「えっ?」

天道「お前を不本意ながらも認めてやるって言ったんだ。早く行くぞ」

剣崎「・・・・わ・・・わかったばい!!」


~回想終了~

剣崎「というわけディス」

始&美穂「踊ったのか!!?あれをォォォォ!!?」

衝撃の事実発覚!

始「で、お前を助けた天道という男はどうなっているんだ?」

剣崎「あいつなら、今頃戦ってるさ。クウガファンガイアとな」

美穂「なんですって?なら、彼、死んだわよ」

剣崎「えっ?」

美穂「クウガファンガイアのアルティメットフォームはキングの力に匹敵する。天道という男がどれだけの実力かは知らないけど、彼なら舞えるわけがないわ。そして、貴方たちもココで終わりよ」

美穂は剣崎と始を攻撃する。

始「クッ・・・、やはり、この女!倒すしかない!!」

剣崎「待つディス!!やっぱり霧島さんを攻撃するなんて!!」

始「何!?この腑抜けが!!」

剣崎「誰が腑抜けだ!ば~かば~か!!」

始「お前なんて阿呆じゃないか!!」

美穂「貴方たち・・何しに来たの?」

剣崎「いや・・・、タイトルがケンカだからケンカしなきゃいけないかなぁって思ってさ。なぁ?」

始「ああ。」

剣崎「だけど、ふざけてばっかりもいられないディス!!そうだ歌だ!歌を歌えばファンガイアだって、わかってくれるはずだ!」

始「えっ?マジで!?」

剣崎&始「生き残りたい♪生き残りたい♪」

美穂「ライオン!!!?」

思わずツッコミを入れた美穂。

剣崎「わかってくれたか・・・美穂」

美穂「剣崎君・・・・って、何がじゃボケェェェェ!!」

剣崎「アグフゥ・・・」

始「馬鹿が!やはり奴は敵なんだよ!」

美穂「いいえ、行きなさい。貴方たち、おもしろいわ。もしかしたら、キングに勝って、私たちファンガイアの宿命を変えられるかもね・・。信じてみたくなったわ」

剣崎「えっ?じゃあ、なんで俺殴られたの?」

始「行くぞ剣崎、この先にキングがいる」

剣崎「ねぇ、聞いてる?なんで俺殴られたの?」

とりあえず、階段を上っていく剣崎と始。

美穂「気をつけてね剣崎君。帰ってきたらデートくらい・・・したいから・・」


果たして、剣崎たちはキングを倒すことが出来るのか?