剣崎一真


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

剣崎一真(仮面ライダー剣ロボブレイドバイオブレイド)


オンドルゥ星の皇子。
立派な大人になるため修行に大忙しだ。
口癖は「ウェイ」だが決して『道』という意味ではない。


序章で地球に降り立ち、橘と出会ってから運命が大きく変わることになる。


ダメもとでやってみたところ、仮面ライダーブレイドに変身し、アンデッドを撃破する。


しかし橘に裏切られ、加賀美の家に居候。


そして橘と戦うが、歯が立たず、3ヶ月間の時を過ごす。


第1話では、謎のライダーに破れ、そのまま修行の旅に出る。


その成果か、第3話で加賀美のピンチに戻ってきたときは、イクサ名護を一蹴する等、成長の良さを魅せている。


その間に謎の白いライダー、シャドームーンの映像を入手。
いずれ来る危機に備えていた。


さらには敵として現れた橘と決戦し、見事打ち倒すが橘はそれが原因で死亡。


第6話、第7話で始と邂逅。
サンバ達の村を救出すべく、一時休戦し、メタルダークカブトを撃破する。


その後一時侑斗のもとを離れたデネブと契約するが、全く良いところが無かった。


ファンガイアに加賀美とデネブが凍らされた時には、専用バイクを駆り、
ブルーハワイファンガイアとストロベリーファンガイアを撃破。


その後現れたシャドームーンに、仲間をほとんど攻撃され、自分の力の至らなさを痛感したが、ラウズアブゾーバーを装着し、
仮面ライダーブレイド・ジャックフォームに変身。
圧倒的な力でシャドームーンを撃破。


ファンガイア四天王寺であるギルスに敗れた後、乃木と剣、二人のワームの生き残りに助けられ、彼らに修行をつけられ、さらにパワーアップした。


未来から、3悪ライダーが来襲した時は、ネオゼクトのリーダーであるコーカサスと対決。奇跡の力により、コーカサスを消滅させるも、彼の不死身の力と、ゼクターを吸収する力でパワーアップを果たし、蘇ったコーカサスの前に、絶体絶命の危機に陥る。


その後、コーカサスと共に心中した3年後の桜井侑斗に未来を託される。


Jファンガイアとの対決中、少女を殺されてしまった悲しみから、その悲しみによりロボブレイドへと変身する。このロボブレイドの力はかつての英雄ロボライダーに酷似している。


デスガロンとの戦闘ではバイオブレイドに変身。
これも伝説の英雄バイオライダーに酷似している。


これらの謎を解明するためにオンドゥル星に帰省。
城茂と出会い、ザコガイア、ゾフィーファンガイアを倒すなど、その力は衰えるところを知らない。


出演作品『仮面ライダー剣』