第一話「剣崎一真」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一話『剣崎一真』


橘が去ってから三ヵ月後。


剣崎と侑斗はファンガイアを見つけては退治する日々をおくり、剣崎に至ってはある程度日本語を覚えていたのである。


剣崎「何!?街のはずれで奴等が暴れているって!?」


侑斗「ああ。まぁ今回もそんなに強い奴じゃないだろう。
俺とお前で事は足りる。」


剣崎「分かった…。」


侑斗「ハナはもう寝てるな。
それじゃ、パッと行くか。」


そう言うと二人はゼロライナーに乗り、ファンガイアへの元へと向かって行った。


デネブ「侑斗~侑斗はどこだ!?
まったく最近は単独行動が多い…あ、単独じゃないか。」


街のはずれ…かつてAREA-Xと呼ばれていたこの土地。
ならず者達の集まる無法地帯である。


モモタロス「わはは!金と酒持って来い!!!」


剣崎「あれが…ファンガイア?」


侑斗「妙に赤い奴だな…ネタが尽きたのか?」


侑斗は緊張のあまりつまらないことを口走った。

モモタロス「ぐへへ、おいボウズ!いいモン持ってるじゃねーか!」


少年「あ、それは!」


ウラタロス「やめときなよ先輩…」


キンタロス「そうやで、こんなことばっかりしとったらまたあいつらが…」


リュウタロス「あれ?みんな怖いの?答えは聞いてないけど。」


モモタロス「うるせぇ!あいつらが怖くて盗賊団やってられっ…」


そう言い終わる前にモモタロスにぶつかる二人の男がいた。


モモタロス「いてぇ!な、何しやがんだ!!?」


侑斗「うるせぇんだよ!!!」


侑斗は間髪入れずにモモタロスに肘鉄を入れる。
見事みぞおちに入ったのか、イマジン(?)はその場にうずくまってしまった。


モモタロス「ウ、ウグゥ~!」


剣崎「あ、あぁ~、何もそこまでしなくても…」


ウラタロス「何だこいつら!?」


キンタロス「こんなところにノコノコと…」


リュウタロス「やっちゃいな、モモタロス!!」


モモタロス「ぐ、ぐふっ、やってくれるぜお前ら…
ふ、ふふふ…はーっははっははっは!!!」


剣崎「ウェーーーーーーーーーイ!!!」


モモタロス「ぬ、お前が笑うなぁ!!!」


剣崎「ヘシン!」

侑斗「変身!
…最初に言っておく、俺はかーなーり、眠い!だから早く終わらせて帰る!」

剣崎「ウェエエエイ!!!」

ウラタロス「ちょ、出番これだけ!?」

侑斗「お前らは邪魔だ!!!」

キンタロス「何ィ!?」

剣崎「ボルャスンディド」

リュウタロス「うわぁ~!」

あっという間にイマジン三体を片付けた二人。

ついにモモタロス撃破まで後一歩と迫ったその時…

モモタロス「ぐはぁっ!?」

突然モモタロスの体を光が貫き、倒してしまった。

侑斗「何だ!?」

???「ふん…こんな者に苦戦しているとは…」

剣崎「お前は…カガヴィイイイ!!!」

何と、現れた男は加賀美であった…

加賀美「お前たちが頼りないから、俺がZECTを率いてやっていかないと駄目じゃないか…」

侑斗「な、何がどうなってんだ…?」

立ち尽くす二人…その目の前に現れたのは、間違いなく『加賀美新』であった。




ハナ「ヂネブ、これ片付けといて!」

デネブ「デネブです。」


剣崎「加賀美!起きろ加賀美」

加賀美「まったく…ムニャニャムニャ…俺がZECTを」

剣崎「起きろ!!」

加賀美「ビクッ!!はい!加賀美新、すぐ現場に」

剣崎「ヒーロータイムのネタを使うな。それより今日はバイトなんじゃないのか?」

さっきまで見ていたのは加賀美の夢だった。それもそのはずだ。いくらガタックになったとはいえ、彼があんなに強いはずはない。加賀美は落胆しながらアルバイトに行った。

剣崎「ん?なんだ、何か胸騒ぎがする。これは…アンデットか?」

加賀美がアルバイトに行った後、何故かアンデットの気配を察知した剣崎はそこに駆けつける。そこにいたのは、前に出会ったカマキリのようなライダーと、それと戦ってるアンデットだった。
そして、そのライダーはなんなく、アンデットを倒した。

「強い…」

変身して駆けつけた剣崎だが、出番もなく終わってしまった。

剣崎「あんた味方なんだよな?俺と一緒に…ヴェッ」

いきなり、剣崎は謎のライダーに攻撃されてしまう。

謎のら(ry「すべてが俺の敵だ。貴様もな!」

剣崎「う、ウェ!!!」

謎「ふん、他愛もない…」

謎のライダーが剣崎を倒そうと腕を振り上げたその時…

(こぼれ落ちる砂のように誰も時止められない)

謎「!?」

剣崎「こ、この歌は…仮面ライダー電王の!」

侑斗「クソっ、歌を間違えてしまった!デネブーーーーーー!!!!」

デネブ「ごめん、侑斗!」

謎「何だあいつらは…?」

侑斗「最初に言っておく!俺はかーなー…」

謎「ふんっ!」

決め台詞を言わせる間も無く、謎のライダーはゼロノスに攻撃した。
が、ゼロノスはすんでのところで攻撃をかわしたのだった。

侑斗「い、いきなりかよ!?
そっちがその気なら、俺にも考えがある!」

デネブ「侑斗をよろしく!」

剣崎「くっ、俺はドウスレバ…!」

タッタ…タッタ…タラタタラタタタ~タ♪

剣崎「今度は何の音だ?」

侑斗「この音は…」

謎n(ry「?」

謎の音楽が奏でられた時、奴はやってくる。

愛犬『てつを』「父さーーーん!!」

侑斗「っておもちゃの犬かよ!?」

デネブ「あれ、おかしいな。ちゃんとゼロライナーに置いてきたのに」

侑斗「しかもお前のかよ…」

デネブ「ほら、おうちに戻るんだ」

デネブがリモコンを押し愛犬てつをに命令する。

愛犬てつを「お前たちの操り人形になってたまるかぁぁ!!」

デネブ「ただをこねてはいけません」

侑斗「で~ね~ぶ~、さっさと片づけろ!」

怒りのあまり、デネブにプロレス技をかける侑斗。

デネブ「ごめんよ侑斗~。でも誰がこんなところまで持ってきたんだろ?」

愛犬てつを「これはきっとゴルゴムの策略に違いない!」

剣崎「なんか…声が父さんににてるな。」


謎「フン、今のままでは面白くもなんともない。
次に逢うときまでお預けだ。」

剣崎「ウェ?」

そういうと謎のライダーはどこかへと去っていってしまった。

侑斗「良かったなオマエ、助かったぞ。」

剣崎「ウェ、ウェー…」



次の日



加賀美「ど、どこへいったんだアイツ!?」


置手紙「旅ニ出マス」

加賀美の家には剣崎の姿は無く、
あったのはそう書かれた置手紙だけであった…


第一話 完