第十話「熱風ライダー」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十話 「熱風ライダー」

 廃墟に到着した剣崎たちは、SBFとBHFと早速遭遇した。

SBF「いいのか?凍っちまうぜ?」

BHF「凍らせちまうぜ?」

剣崎「うるさい!!お前を倒して仲間を助ける。ヘシン!!」

侑斗「・・・・・クッ」

剣崎「侑斗、無理しなくていい。俺がやるディス」

剣に変身した剣崎は、烏丸か託されたバイク『ブルーベイダー』を駆り、凍らされる事なく戦っている。しかし・・・

剣崎「これじゃあ、効果的な攻撃が出来ない・・・」

その時、侑斗は、2体のファンガイアの致命的な弱点を発見していた。


剣崎「クッ・・・・、俺は勝てるのか・・・?」

侑斗「剣崎、あいつらの弱点見つけたぜ」

剣崎「なんだって?」

侑斗「あいつらは二体同時じゃないと冷凍ビームを出すことが出来ない。だから、俺とお前で」

剣崎「侑斗!?それじゃあカードが・・・」

侑斗「ばぁ~か、カードはお守りじゃないんだ。使うときに使わなきゃ意味がないんだよ!!変身!!」


侑斗「行くぜ、たぁぁ!」


侑斗がファンガイア達に向かっていくと同時に、剣崎がバイクを走らせた。


SBF「バガボンドめ!
何度やっても同じ事!」


侑斗「さぁな?
やってみなくちゃ、わからねぇ!」


BHF「な、あっちに!?」


剣崎が逆方向から迫ってくる。


剣崎「ウェイ!」


侑斗「行け、剣崎!」


剣崎「これで最後だ、ライダーキック!」


BHF「ギャァァァム!!!」


SBF「し、しまった!
あいつがいないと息が…」


剣崎「もひとつおまけにライダーキック!!!」


SBF「ウボァー」


侑斗「ヒュウ!さっすが剣崎!」


剣崎「これで仲間は元に戻るだろうか?」


?「その通りや。
なかなかやるようになったやないけ。
そろそろ、本気を出すとするか…」


剣崎「ウェ!?」


謎の声の主は一体!?