第十一話「俺を動かす力」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シャドームーンに向かっていくブレイドとゼロノス。
が、全く歯が立たない!


オンドゥル星物語 第11話「俺を動かす力」


侑斗「くそっ、一体どうすれば…!」


剣崎「もう一度、必殺技を!」


侑斗「食らえっ!!!」


剣崎「ウェイ!!!」


シャドームーン「ムダや!!!」


吹き飛ばされるブレイドとゼロノス。


そこに、謎の道具を持ってデネブと加賀美が現れた。


加賀美「剣崎!烏丸署長から預かってきたものだ!!!」


デネブ「これを使えば…うわっ!!!」


シャドームーン「何をする気や!!!」


加賀美とデネブを吹き飛ばしたシャドームーンは、剣の切先をゼロノスに向けた。


シャドームーン「これで終わりや!!!」


侑斗「う、うわああああああ!!!!」


シャドームーンの攻撃を受けた侑斗は、変身が解け、全身から多量の流血をして倒れた。


剣崎「ゆ、侑斗!!!!!」


剣崎「お、俺にもっと力があれば…!」


剣をブレイドに向けるシャドームーン。


シャドームーン「もっと力を見せてみぃ!」


剣崎「俺の体を動かすのは、義務とか使命じゃない。
そこに居る人を守りたいという思い…。
人を愛しているから俺は闘っているんだ!!!」


剣崎は加賀美達の持ってきたラウズアブゾーバーを装着した。
その瞬間、ブレイドが光に包まれたのだ。


シャドームーン「な、何っ!?」


ブレイドはジャックフォームに変身。
パワーアップを遂げて、シャドームーンに切りかかった。


シャドームーン「こんな攻撃…」


剣崎「ウェイ!!!」


シャドームーン「なにっ!?」


ブレイドジャックフォームの攻撃は鋭く、そして雄雄しい一撃だった。


シャドームーンは今まで以上のダメージを受け、圧倒された。

剣崎「つ、強い…何だこの力は!?
全身にパワーがみなぎってくるようだ!!」


侑斗「や、やったぜ、剣崎…」


加賀美「やはりお前は俺達の仲で最強だ!」


デネブ「侑斗をよろしく!」


剣崎「みんな、帰ろう!
そして治療するんだ!!!」


シャドームーン「ぐっ…」


起き上がるシャドームーン。


剣崎「ウェ!?」


シャドームーン「ま、まだだ・・・」


加賀美「まだやるってのか!?」


???「ふふふ、貴様はもう用済みなのだよシャドームーン。」


シャドームーン「な、何っ!?」


そこへ突然、緑色のファンガイアが現れた。


緑のファンガイア「俺の名前はギルスファンガイア…
ファンガイアの理想のために貴様を使ってみたが、やはりダメだったか…!」