第十二話「恐怖!ファンガイア四天王寺」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

突如として現れたギルスファンガイア(以降ギルス)。
剣崎は既にシャドームーンとの戦いで力を使い果たし、侑斗も大けがを負い変身出来ない。絶体絶命である。

ギルス「障害は排除する。例え、それがノミ以下の障害でもな!」

まず剣崎に近づくギルス。その時

加賀美「待て!」

ギルスを妨害したのは、加賀美だった。


キバット「第12話!恐怖、ファンガイア四天王寺」


加賀美「………」

ギルス「どうした人間?そんなに早く死にたいか?」

加賀美「ザビー、行くぞ!変身」

ザビーに変身し、ギルスと戦う加賀美だったが、圧倒的に力の差があった。

加賀美「くそ…キャストオフ!クロックアップ!」

加賀美はクロックアップを使いギルスに攻撃しようとする。しかし

ギルス「時を支配する能力があるのが自分だけだと思わないことだ!」

加賀美はクロックアップした瞬間、ギルスに首を絞められ、地面にたたきつけられた。


加賀美「そんな……クロックアップが…通じないなんて…」

ギルス「とどめだ!」

加賀美「クッ!」

命辛々、加賀美はギルスの攻撃から逃げるが、ザビーゼクターに当たってしまい、ゼクターが破壊され変身が解けてしまった。

加賀美「だ…駄目だ…殺される…」

その時、ギルスファンガイアにJPと書かれたカードが投げつけられた。


加賀美「あ…あいつは…!?まさか」

?「ジャンパーソン、フォウジャスティス」

そう言うと紫色のロボットはギルスに攻撃を加える。

ギルス「ぐ…バカな…この俺が…ファンガイア四天王寺の一人である俺が押されている…?」

?「新君!君は仲間とともに逃げるんだ。」

加賀美「なんで、俺の名前…」

?「早く行くんだ!」

加賀美「わかった…」

加賀美は、デネブとともに剣崎、侑斗を連れ逃げていった。


ギルス「せっかくの獲物を…もう許さんぞクソ野郎!」

?「無理だ。君では私に勝てない」

?2「イライラさせるなよ」

その時、紫色のロボットは謎の攻撃により吹き飛ばされ海に落ちた。

ギルス「王蛇…何をしにきた?」

王蛇「うるせぇ…俺はいつも腹が減ってんだ…、なんなら…お前でもいいんだぜ?」

ギルス「時を支配できる俺に勝てるつもりでいるのか?」

王蛇「五秒だ」

ギルス「何?」

王蛇「てめぇの時の支配は五秒しか保たねえ…。それ以降連続でもつかえねえ。それだけわかりゃてめぇを殺すには十分だ」

ギルス「やってみるか?」


?「やめろ、身内同士で争うな」

そこにまた仮面ライダーによく似たファンガイアが現れる。

王蛇「なんだ…てめぇか…なんならてめぇも食ってやろうか?」

?「遠慮しておく。王蛇、それよりも怪魔界に戻ってこい。キングがお呼びだ」

王蛇「チッ、良いだろう今回は見逃してやる。だが今度会った時は容赦しねえ。じゃあな」

王蛇は怪魔界まで去っていった。

?「ではギルス、シャドームーンの尻拭いを立派に果たしてくれ。ファンガイア四天王寺の名にかけて」

ギルス「わかっているさ、言われずとも」

そして、謎の仮面ライダーの姿をした者も、怪魔界まで戻っていった。