第十六話「激突!3大ライダー対ネオゼクト3悪ライダー(前編)」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第16話「激突!3大ライダー対ネオゼクト3悪ライダー(前編)」

ここは今から三年後の世界。そこは、今とは違い、世界が崩落してしまっていた。

たった三人のライダーのせいで……。

風間「ハァ…ハァ…ここまで来れば…」

トンボをモチーフにした銃ライダー仮面ライダードレイク『風間大介』は岬と片腕を失った加賀美を連れ必死に逃げていた。

岬「桜井君は?」

加賀美「まだ戻らない……最悪だ……。剣崎と始は…もういないし…。天道たち他のライダーはみんな……」

岬「ライダー変身解除装置……あれさえなければ私たちだって…」

風間「唯一効果範囲外から攻撃できる私以外なにもできないなんて」

?「おやおや、こんな所にいたのですか?」


そこにいるのは金色のカブトムシライダー。仮面ライダーコーカサスである。

コーカサス「加賀美新…貴方は邪魔です。唯一ハイパーゼクターの素養を持った戦士よ」

加賀美「クソッ…風間!岬さんをつれて逃げろ!」

風間「貴方は!?」

加賀美「俺がなんとかくい止めてみせる!変身!」

加賀美はガタックに変身する。

岬「加賀美君、なら私も!」

風間「あなたはだめです!こちらへ!」

岬は加賀美を止めようとするが風間に引き留められる。

岬「離して!私だってザビーよ!戦えるはずだわ!」

風間「彼の気持ちをくんでください!今の我々では勝ち目がない。だが、桜井君が必ず必ず何か策を持って帰ってきてくれる!」

岬「加賀美君……か…がみ……」

岬は泣き崩れ遂に諦め、風間と共に逃げていった。


加賀美「………」

岬たちが逃げてから数分経たずだった。加賀美は物言わぬ屍と化してしまった。

コーカサス「いくら戦神とはいえ、隻腕ではハイパークロックアップを使うまでもないか」

そして、コーカサスが岬たちを追おうとした時

?「私に…お任せを……」

今度は銀色のカブトムシライダーが現れた。

コーカサス「なら任せる。私は帰り、過去に行く準備をします。」

?「了解」


そして、逃げた岬たちだったが、既に銀色のカブトムシライダーに追いつかれていた。

?「なんだ…雑魚ばかりか」

風間「雑魚かどうか…試してみますか?」

岬「変身!」

岬はザビーに変身し風間の援護の元、銀色のカブトムシライダーに攻撃する。

?「無駄だ。天道総司、加賀美新亡き今、我らネオゼクトを倒せるモノなどいない」

岬「あなた…今…なんて……」

?「天道総司、加賀美新亡き今、我らネオゼクトに適うものなどいないと言ったのだ」

岬「よくも…よくも加賀美君を!!」

頭に血が上った瞬間だった。岬は銀色のライダーに突進する。しかし…

?「感情で戦うなど…愚の骨頂だ」

そのライダーの武器の刃に突き刺され岬は命を落とす。

風間「岬さん!?貴様ァァァァ、ゴンだけじゃなく…貴様らは俺から一体いくつ奪うつもりだ!!」

?「全てだ。貴様の命ごとな。風間大介!」


風間「私は……ただ……風に……なりたかった…だけ……」

激しい戦いの末、風間も倒れてしまう。

?「何故だ?何故変身解除装置が作動しなかったのだ?」

風間「……もう……一人…、ライダーがいた事を忘れていたな……」

?「なに?」

風間「歴戦の英雄たちは……みんな…装置により不意打ちで死んだ……だが…彼は……英雄ではない……だから…存在を公にされて…いなかった…

?「どういう……まさか!?」

風間「矢車…想……あなたたちゼクトの元お仲間…ですよ……」


最後に言い残し風間は気を失った。

?「早く戻らなければ…」

銀色のライダーはすぐさまネオゼクト本部に戻っていった。



その頃、ネオゼクト本部では

矢車「太陽がない世界っていうのも悪くないが、気に入らないんでな」

矢車が潜入、目の前にいる仮面ライダーケタロスと会話をしていた。

ケタロス「まさか、生身の人間にゼクトルーパーを全滅させ、変身解除装置を破壊されるとは思わなかったぞ」

矢車「こいつらは俺を笑う事さえできなかった。お前は…どうかな?」

そう言い、矢車はキックホッパーに変身。ケタロスを圧倒する。


矢車「やはりその程度か?」

ケタロス「ぐ……」

コーカサス「苦戦していますね」

ケタロス「コーカサス!?なにをしに……」

コーカサス「侵入者を排除しに、ですよ……」

矢車「ちょうどいい、笑ってくれよ……クロックアップ」

コーカサス「フッ…ハイパークロックアップ!」


何が起きたのかわからない。おそらくやられた本人にすら……。

矢車は変身がとけ血を吹き出し倒れていた…。


コーカサス「さて…では…三年前へ行く準備をすすめましょう。」

ケタロス「本当に行く意味はあるのか?」

コーカサス「剣崎一真、現オンドゥル星の王。奴の存在は厄介です。まだ奴が王になる前に殺しておくのがベストです」

ケタロス「なら、ヘラクスが戻れば」

コーカサス「ええ、すぐにでも」


その頃、桜井が三年後にゼロライナーで戻っていた。

桜井「風間!?どうしたんだ風間?」

風間「桜井…か……。奴らは……もう…過去へ……飛ぶつもりだ…」

桜井「そんな…もう……」

風間「止めてくれ桜井……こんな悲惨な未来を…二度と…作らないために……」

桜井「わかった……。俺が歴史を変える!」


そしてネオゼクトライダーたちは…


コーカサス「跳ぶか、過去へ…」


ケタロス「ああ。われらが過去へ飛んでから、完全支配を要するまでの時間はゆうに12時間…!!!」


ヘラクス「腕が鳴るぜ…」


ケタロス「ライダービートの調子はどうだ?ヘラクス…」


ヘラクス「万全だ。俺のライダービートはドリルになるぜ!」


コーカサス「ならば、行きましょうか!!!」










現代…


地球滅亡まであと12時間!