第十八話「悲しみの皇子」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第18話『悲しみの皇子』


ネオゼクトを撃退して一週間後、ファンガイアは現れず、剣崎たちは平和な日々をすごしていた。

剣崎「ウェ~・・・暇だなぁ」

アクビをしながら言う剣崎。

加賀美「変なアクビだな。相変わらず」

剣崎「ほっといてくれよ・・・・。ん!?この・・・・気は・・・?」

剣崎は、ファンガイアの気を感じ取った。

加賀美「剣崎!!」

剣崎「ああ!!急ごう!!」

剣崎と加賀美は急いで気を感じる場所に走っていった。

剣崎「・・・・、町が・・・・」

ファンガイアたちの狙いは剣崎たち仮面ライダーだけじゃなく、町を破壊し、一般市民たちを狙うことだった。

加賀美「やめさせないと、変身!!剣崎は町の人たちを頼む」

ガタックに変身した加賀美はファンガイアを探す。


剣崎「ん?君、大丈夫か!?」

剣崎は逃げ遅れ、倒れている少女を見つける。

剣崎「よかった。まだ無事だ」

J「人間は~つぶす!!」

剣崎「ウェッ!?」

剣崎の頭上に、巨大化したJファンガイアがいた。


加賀美「クッ・・・なんて数のファンガイア軍団なんだ・・・」

加賀美の前にはファンガイア四天王寺ではなく、数え切れない程のファンガイア軍団だった。

?「なら手伝ってやろう!!」

その声と共に数体のファンガイアが爆発した。

加賀美「お前・・・・」

剣「わが友カガ~ミン!!久しぶりだな」

加賀美を助けたのはサソードに変身した剣だった。

加賀美「なんでお前が・・・?」

剣「話は後だ。剣崎はどこにいる?」

加賀美「あいつなら、逃げ遅れた町の人を助けている。どうしたんだ?」

剣「奴の・・・悲しみのボルテージが上がっているんだ・・・。何かあったのかと主ってな。」

その頃、ブレイドに変身した剣崎は少女を守りながら、巨大化したJと戦っていた。

剣崎「貴様がこの町を・・・そしてこの子を・・・」

J「だとしたらどうする?」

剣崎「よくもみんなを・・貴様・・・許さん!!」

だが、さすがに、巨大すぎる敵Jファンガイアに対し、剣崎はなすすべがなかった。

J「そんな邪魔なものを持っているから、戦えないんじゃないか?」

剣崎「ウェッ!?グワッ・・・」

剣崎はJに殴り飛ばされてしまう。そして、Jは剣崎から倒れている少女を奪う。

剣崎「ウェーーーーー!!やめろぉぉぉぉぉ!!」

だが、剣崎の声は空しく、少女はJによって殺されてしまう。

剣崎「ウェ・・・ウェ・・・・・ウェェェェェェェェェ!!!」

J「さて、とどめだ。剣崎一真!!」

Jは剣崎にとどめの一撃を繰り出す。

剣崎「ウワァァァァァァァ!!」

その時、不思議な事が起こった。剣崎一真仮面ライダーブレイドの体が光だし、彼は、ロボブレイドへと変身したのである。

剣崎「ウウェーーーーーーーーーイ!!」

剣崎はJの攻撃を弾き飛ばし、Jにダメージを与え、Jは元の大きさに戻っていた。

J「貴様は・・・・何者なんだ・・・!?」

剣崎「俺は悲しみの皇子!!ロボブレイド!!」

J「ふざけるなぁぁぁぁ!!」

剣崎「ブレイティックシューター!!」

そう言うと剣崎の持っている剣が銃に変形。それでJに致命傷を与える

J「ばか・・・な・・・ファンガイア・・・四天王寺の・・・俺が・・・」

剣崎「ロボブレイドキック!!」

剣崎はジャンプし、ロボブレイドキックを繰り出し、Jを吹き飛ばした。

J「グア・・・アア・・・、これで・・・・終わったと・・思うなよ・・・。
ファンガイア四天王寺と・・・言い・・・・4人しかいないと・・・思われがちだが・・・
ファンガイア四天王寺は・・・5人いるのだ・・・・。
貴様らは死ぬ・・・必ずな!!必ずゥゥゥ!!」

剣崎「とどめだ!!ブレイティックシューター!!」

ブレイティックシューターの弾丸がJファンガイアを貫き、彼を粉々にした。


そして、その頃、始の前にもファンガイア四天王寺の一人がいた。

始「貴様は・・・」

ギルス「久しぶりだな。アンデット」

始「・・・・・」

カリスに変身する始。

ギルス「何故、アンデットであるお前が人間の味方をする?」

始「何・・?」

ギルス「人間の味方などしてどうする?俺たち・・・ファンガイアの所に来ないか?」