第二十三話「ワイルドカリス」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

23話『ワイルドカリス』


バイオブレイドに変身した剣崎にやられたデスガロンは、必死に逃げた。かなり逃げた。やばいくらい逃げた。

それを剣は先回りして追いつめた。

デスガロン「ネイティブ……ワームか…」

剣「変身!」

サソードに変身した剣。

剣「俺を怪魔界まで連れて行け!」

デスガロン「なに!?」

剣「ですから!!つべこべ言わずに俺を怪魔界まで連れて行け!」

デスガロン「誰が連れていくかバーカ!」

デスガロンは最後の力を振り絞り、怪魔界まで逃げていった。

剣「クソッ……」



そして、数日後

始「クッ……俺は弱いのか…」

苦悩する始。始は強さを求めていた。

始「待て……何故俺はこんなにも戦う?
まさか…奴ら人間のために…クッ関係がない!
俺は…俺は今度こそ、もう戦わない!」

その頃、侑斗はそれとなく音也を加賀美に紹介していた。

侑斗「あれ?剣崎は?」

加賀美「昨日から姿を見てないんだ。何かあったんだろうか。」

音也「おい、それよりもいい女はいないのか?
この俺がいるというのになんて事だ」

加賀美「……」

侑斗「どうした?加賀美?」

加賀美「なんで表記が俺は名字でお前らは名前なんだ?」

侑斗「な……なんの話だ?」

そして、加賀美たちは剣崎を探しに外に出る。
その時だった。
ギルスファンガイアが再び現れた。

ギルス「お前が紅音也だったとはな…。お前は邪魔だ!コロス!」

音也「どうかな?来い!キバット!」

……………

何も来ないお(^ω^)


音也「どうしたんだキバット?」

電話する音也

キバット「今忙しいんだ」

侑斗「クソッ、こうなったら俺たちで行くぞ変身!」

ゼロノスアルタイルフォームに変身する侑斗。

加賀美「こい、ガタックゼクター!変身!」

すぐさまキャストオフする加賀美。

ギルス「無駄だ、お前たちじゃ俺には勝てない」

言葉通りだった。
変身できない音也と、アルタイルフォームの侑斗では歯が立たない。
唯一がんばった加賀美も時を止める能力の前に膝をつく。

加賀美「俺たちじゃ…歯が立たない……」

侑斗「デネブ……こんな時に何を…」

音也「せめてイクサがあれば…」

その時だった。

始「……」

加賀美「相川……」

ギルス「どうした?アンデットの生き残り?」

始「………」

加賀美「アンデット……相川が!?」

始「ああ、そうだ。俺はアンデットだ。お前たち人間の敵だ。」

ギルス「なるほど、ようやく我らファンガイアに組みする決意を決めたか」

始は目をつむり考え込む。

始「ああ、決意を決めた。」

ギルス「これでJの後釜も…」

加賀美「相川ァァ!裏切るのか!!?」

始「俺は人間は救わない…俺はぁぁぁ!」

カリスに変身する始。

始「仲間を救う!」

~挿入歌~

TAKE IT TRY 感じてたい思い~♪(ry


一枚のカードをだし、カリスのベルト部位にスロットさせ、カリスは赤黒く変化した。

始「ハァ!!」

そして、新たなカリスはギルスに一撃を与えた。

加賀美「は……始…」

始「俺は戦うかどうか迷っていた……。だが、今なら違う!
俺には命と使命をトしてでもやらなければならない事がある」

ギルス「ふざけるなぁぁぁ!こぉの……ふぬけやろうガァァァァ!!」

ギルス怒りの一撃。しかし始はなんなくかわし、ギルスをカウンターで打ちのめす。

ギルス「エクシードギルスになった俺に……これほどのダメージを……」

始「来い!終わらせてやる……」

ギルス「生意気なぁぁぁぁ!」

始「ウォォォ!!」

始の渾身の一撃がギルスを貫いた。

ギルス「バカな……俺は…ファンガイア…四天王寺の…」

始「終わりだ!ギルス!」

ギルス「ぢくじょ゛よ゛ょよ゛ょー!!!ぢぐじょ゛よ゛ょ゛よ゛ょょょ゛!!!」

始「ハァァァ!」

冷静さを欠いたギルスはもはや始の敵ではなく、始はギルスを破壊した。