第二十四話「ギリギリまで頑張って、踏ん張って」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第24話『ギリギリまでがんばって、踏ん張って』


始「ハハハハハハハハハ!!!俺は強い!俺は強い!!!」


名護「俺熱い!!!」

始「邪魔だ!」

名護「ンナゴッ!!」

名護を吹き飛ばす始。
そしてまた高笑いを続ける。

剣崎「は、始…」

始「あん?まだいたのか、貴様…
たかが人間の貴様が、俺に立ち向かってどうするつもりだ?あん?」

剣崎「………」

加賀美「剣崎!あいつは敵だ!!!」

戸惑う剣崎。

剣崎「俺は…」

始「あん?」

剣崎「俺は…オンドゥル星の王子だ!!!」

加賀美「な、何だってーーーー!!!?」

????「し、知らなかった!!!」

剣崎は真実を話し、その場を立ち去った。

始「フン、何が王子だ!
ちゃんちゃらおかしくてヘソで茶を沸かしちまうぜ!!!」

加賀美「て、てめぇ!!」

始「何だ?俺に勝てるとでも思っているのか?」

????「そうだ、そいつは強い、まだ尚早だ!」

加賀美「そ、そうか…
だが俺は必ずお前を倒す!!!」

始「フン」

音也「今はファンガイアを倒すのが先決だ。」

侑斗「み、みんな…その前に、ちょっと良いか?」

一同「?」

侑斗「ダリナンダアンタイッタイ!!!?」

????「おっと、これは失礼。
俺としたことが、名前を名乗るのを忘れていた。」

謎の男はファンガイアに変身。
この男の招待とは…?


加賀美「ファンガイアだ・・」

侑斗「ファンガイアだな・・・」

音也「ああ、ファンガイアだ」

始「どこからどう見てもファンガイアだな」

????「いやいや!!まだ名乗ってないよ!!」

加賀美「いや、いいって、何処からどう見てもファンガイアだし」

????「ファンガイアにだって、名前の一つや二つあるさ!!」

始「どうせ、この話だけの敵だろ?名前なんてなくたって同じだろ」

???「もしかしたら、新しい四天王寺かもしれないぞ?」

音也「四天王寺は、全員仮面ライダーに似た姿をしているはずだ。お前は何処からどう見てもファンガイア。だから、雑魚ガイアだ」

??「ちっくしょーー!!なんか、焦れよ!!なんとなく焦れよ!!てか、どんどん『?』がなんか減ってるし!!」

侑斗「書くほうも面倒くさいんだろ」

?「敵だよ?俺ファンガイアなんだよ?いつもの流れだと、変身して倒そうとしたりとかするだろ?お前ら正義の仮面ライダーなんだろ?」

始「まだ、この話3レス目だからな~。もうちょっと引き伸ばすべきだろ」

「何?『3レス』ってどういう事!?どういうワード?なんて単語なの?つか、遂に『?』なくなっちまったよ。俺誰だかわかんねえよ。ちくしょー!!」

加賀美「最初から誰だかわからなかったがな」

「もういい、もう名乗る!!俺は・・・・ウルトラファンガイアだ!!」

侑斗「ウルトラマンガイアみたいな名前だな」

音也「しかも、名前が長いから「」の横に表示される名前は、SBFとかみたいに略されるんだろうなぁ」

ウファア「なんで、今回、お前ら俺に冷たいの?
なんかあったの?
てかウファアってなんだよ!?
もうちょっといい略し方あっただろうが!!!」

その頃剣崎は…

剣崎「一度オンドゥル星へ戻るディス…」

なんか決意を固めていた。

そしてウルトラファンガイアを発見した加賀美達…

加賀美「ば、馬鹿な…」

始「歯が立たないだと…?」

ウファア「ウファハハ…
これがおれの強さだ!」

加賀美「ど、どうすれば…!?」

名護「加賀美君!!」

加賀美「な、何すか?」

名護「私はゼクトをやめる!」

加賀美「なに…?ZECTをやめるですって?」

音也「そいつは良い心がけだな!こい、キバット」

音也は変身していなかったため、無事だった。

キバット「噛ませろ~ガプッ」

音也「ここは俺が食い止める!だから逃げろ!」

侑斗、加賀美「ああ、分かった!」

名護「わ、私は…
キバ!」

始「うおりゃあああああ!!!」

なぜか始と名護も残り、
大乱闘となった。



加賀美「ここまでくれば…」

侑斗「!あの方向・・・・!」

音也たちが戦っていた方角で、大爆発が起こった!

侑斗「位、一体何が…!?」

????「キシャアアアア!!!」

加賀美「!!?」