第二十五話「レンゲルの力」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二十五話「レンゲルの力」

加賀美達の前に現れた者は、アマゾンファンガイアだった。

アマゾン「大空に聞け!俺の名は…
アマゾンファンガイア、ココニアリ!」

加賀美「えっ・・・?」

アマゾンは強烈な蹴りを繰り出す。

加賀美「うわっ!!!」

侑斗「こいつはヘビーだぜ!!!」

アマゾン「オマエラ…シネ!!!」

加賀美「天道ーーー!!!!助けてくれええええええ!!!」」

その時、一撃が、アマゾンを襲った。

加賀美「て・・・・・天道?」

侑斗「な・・・何ッ!?あの伝説のワームを全滅させた仮面ライダーカブトか!?」

加賀美「やったぜ!!これで百人力だ!!」

アマゾン「ギギ・・・・」


睦月「で・・・出づらい・・・・」

加賀美たちを助けたのは上城睦月、仮面ライダーレンゲル。天道総司ではない。

睦月「仮面ライダー、レンゲル!」

侑斗&加賀美「………………」


……………

睦月「(な…なんだ…く…空気が重い…)」

加賀美「なんだ…レンゲルか…」

侑斗「天道総司じゃなかったのか……」

「ハァ~~~」

睦月「折角助けたのになんていいぐさ!?」

睦月「ま…まぁいいです。こいつは俺が相手します」

アマゾン「オマエ…敵……タオス!」

アマゾンはいきなり睦月に襲いかかった。
アマゾンのスピードは圧倒的で睦月は目で追うのがやっとだった。

睦月「クッ……アンデットのカードさえあれば……」

アマゾン「オマエ…弱イ!」

その言葉と同時にアマゾンの必殺技『大切断』で睦月は吹き飛ばされ変身が解除されてしまった……。

アマゾン「アマゾン…ツマラナイカラ帰る」

そう言い、アマゾンは怪魔界に戻っていった。

睦月「そんな……レンゲルの力が…まったく通じない……」

加賀美「あれが……新しい…敵…」


そのころ、ウルトラファンガイアと戦っている音也たちは


音也「フン、やはりその程度か?」

始「口ほどにもないな」

ウファア「貴様ら……今まで手を抜いていたのか!?」

音也「どれほどのモノかと思ってな」

始「だが、これで終わりだ」

ウファア「クッ……ふっ、それはどうかな?」

名護「キバァ!!」

ウルトラファンガイアにとどめを刺そうとした時、名護が再び邪魔に入った

音也「また…お前は…」

始「邪魔するな!」

名護「俺暑い!」

ウファア「まぁ仲良く仲間われでもしていろ。
都合良く貴様等が起こした爆発のおかげで、町破壊の手間も省けた」

撤退していったウルトラファンガイア

音也「逃がしたか……」

始「……」

始は無言で去っていった。

音也「まったく……素直じゃない奴だ。」

そんな始をみながら音也は言った。

ちなみにこの時点で名護は音也に倒されている。

その頃、剣崎は

剣崎「ウェ……蛇だか王だか知らないがそこをどけぇ!!」

宇宙船にまとわりついていたキングコブラを取り除いていた。

剣崎「これでやっと帰れるディス。俺のこの力の謎を…解明するんディス!!」

剣崎は意気込み宇宙船に乗り込み飛び立っていった。