第二十七話「選ばれし者」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第27話「選ばれし者」

妙な事を思い出しているうちに、剣崎はオンドゥル星に到着していた。

剣崎「久しぶりディスね。オンドゥル星……。」

てつを「一真、待っていたぞ」

剣崎「ッ!?父さん?なんで?」

てつを「わかっていたさ。そろそろお前が自らの力に疑問を持ち、ここに戻ってくること、すべてな」

剣崎「なら……教えてください。このブレイドの力の謎を」

てつを「それは自分で見つけるんだ。
地球での修行が終われば、全てをお前は知りさらなる成長を遂げるだろう」

剣崎「父さん……わかったよ」

てつを「まぁ今日はゆっくりするといい。
城に戻ることは許可できないが、別館に泊まるといい」

剣崎「わかった。ありがとう父さん!」

そして別館に移動した剣崎。

剣崎「ウェ~、今日はゆっくりするディス」

?「へぇ~、ここがオンドゥル皇族が使う別館か」

剣崎「ッ!?誰ディス?オンドゥル星人じゃないディスね……」

?「私は霧島美穂(きりしまみほ)。地球からここに来た者よ」

そこにいたのは一人の女性だった。

剣崎「地球人……だって!?」

美穂「そうよ。ちょっとした事情でここにいるのよ」

剣崎「………」

そのとき、外から悲鳴が聞こえた。


悲鳴がする現場に駆けつけた剣崎。そして、なぜか着いてきた美穂

デスガロン「フハハハハ、やはりここにいたか。仮面ライダーブレイド!」

剣崎「デスガロン……なぜここに!?」

デスガロン「貴様を殺しに来た」

剣崎「なら…俺がお前を倒してやる!ヘシン」

ブレイドに変身した剣崎。


デスガロンと戦う剣崎。しかし、地球で戦ったようにはいかず、危機に陥っていた。

剣崎「ウェ……」

デスガロン「やはり、貴様の弱点は予想通りだ」

剣崎「何?」

デスガロン「貴様は守るモノがなければ戦えない一人の力では何もできない!違うか?」

剣崎「ウェ……」

デスガロン「さぁ、何もできずに死ね!」

デスガロンの一撃がブレイドに直撃した。

剣崎「ハァ……ハァ……もう…ダメなのか…」

デスガロン「所詮はその程度だ!貴様は一人では何もできんのだ!」

剣崎「………違う…」

デスガロン「な…なんだとん!?」

剣崎「俺は一人じゃない……みんな一緒にいる!ヴァァァァァ!」

その時不思議な光が剣崎を包みバイオブレイドに変身する。

デスガロン「な……なんだと!?」

剣崎「確かに今ここにいる俺は一人だ!しかし、地球にいるみんなと、俺は繋がっている!だから一人じゃない!」

デスガロン「だが、その傷で何ができる!」

剣崎「ヴァァァァァァ!!」

剣崎が叫んだ瞬間だった。デスガロンは突如起きた爆発に巻き込まれ吹き飛んでいった。

美穂「すごい……これが……次期オンドゥル皇帝…剣崎一真の力…」

剣崎「ウェ~……ウェ~……、もう…動けない…」

謎の爆発を必殺として発動した剣崎は、自らもダメージを負い、普通のブレイドに戻っていた。


その時、剣崎を数体のファンガイアに囲まれていた。

剣崎「……もぅ…ここまでか…」

?「待てェ!」

その時謎の叫び声とともに、赤いカブトムシライダーが現れる。
275 2008年08月24日 03:50 メビウス ザコガイア「誰だ貴様は!?」

?「天が呼ぶ、地が呼ぶ人が呼ぶ!
悪を倒せと俺を呼ぶ!」

ザコガイア「何者だぁい!?」

?「聞けぇ悪人共!俺は仮面ライダーストロンガー!」

挿入歌

チャラララ~♪チャラララ~♪

突っ走れ空を飛べ~♪
ブラックサタンを倒すため(ry

仮面ライダースト~ロンガ~♪


ストロンガー「ストロンガーキック!」

数体の雑魚ガイアをストロンガーは一瞬で倒した。

剣崎「すいません…助かりました…。貴方は?」

ストロンガー「俺は仮面ライダーストロンガー城茂。
怪魔界まで進入したら、ここに繋がっていたんだ。ここは地球じゃないようだが?」

剣崎「ここは……」

剣崎は茂にここが地球ではないこと、自分の正体色々と話した。

茂「な…確かにここは地球ではないと思っていたが…」

剣崎「安心してください父さんに話してみます。」

茂「そうか…悪いが頼むぜ。」


その頃吹き飛んだデスガロンはヨロヨロになり剣崎を探していた。

デスガロン「み…認めんぞ……あんな…甘ったれ……に…、負けるなんぞ…」

?「負けちゃったのね。貴方。」

デスガロン「ひ……姫様!?何故ここに?」

?「剣崎一真を見に来たのよ。おもしろいわね、彼。」

デスガロン「見て……いらした……のか…」

?「ええ、特等席でね。」

デスガロン「姫様……いやクイーンよ!もう一度…もう一度だけチャンスを!」

?「貴方のようなつまらない人間は必要ないわ。消えなさい。」

その時、クイーンと呼ばれた者は、デスガロンにむかい手を向けた。

デスガロン「や…やめてください!もう一度だけ!もう一度だけチャンスを!!」

?「貴方の…夜が来る」

デスガロン「チャンスをォォォォォ!!」

クイーンの力によりデスガロンは粉々になった。


その頃、地球では、今までにない規模のファンガイアが現れていた。

音也「これじゃ…あのときと同じだ…」

名護「何がです!?答えなさい!」

侑斗「今はそれどころじゃないだろ!ファンガイアを止めるぞ!」

名護と侑斗は変身し、ファンガイアと戦っていく。

音也「キングが…目覚めたんだ……」

音也が静かに言った。