オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第4幕 - マスク

第1場


サラゴーサのアラゴンにあるドン・ジョバンニの宮殿のテラス


左右の扉が様々な部屋に通じている 奥には閉じた門があり その向こうには宮殿の庭園が照らされてサラゴサの一部になっているのが見える 右手奥におは大きな階段が庭園に下りてきている 階段の左手からは踊りの楽しい音楽が聞こえてくる



紳士たち、淑女たち、仮面を付けた者たち、小姓や召使いたちが楽しそうに行き来している

【全員】
ああ、なんと幸せそうに - 新郎新婦はしているのだろう!
まるでふたつの花のようだ - 同じ茎から生えている
暴風は止んだのだ - 嵐の日々は
彼らの上でほほ笑むだろう - 天は永遠に


第2場

黒いドミノですっぽりと身を包み マスクを付けたひとりの男が現れて まるで何か心配事でもあるかのようにあたりを神経質に見回す

【コー​​ラスⅠ】
そこをうろついているのは誰だろう
あの黒い服を着てるのは?

【コー​​ラスⅡ】
まるで呪文で呼び出された亡霊のようだ
墓の中から

【コー​​ラスⅠ】
(仮面の人物を取り囲み)
怒りを隠すのがやっとのようだな

【コー​​ラスⅡ】
燃える炎のような目をしているぞ

【全員】
行け 幸せな者のところから立ち去るのだ
こいつの姿はあまりに不吉だ

(マスクの男は、脅すような怒りの仕草を示した後に 好奇の目を向けた人々から離れて 庭へと去って行く)


第3場

他のマスクをした人々が舞踏会場からやってくる

【全員】
喜びだけが お祝いだけが - ここでは響き渡っている
すべての唇が告げるのは - 心の喜びなのだ!
ここではただ婚礼の - 歌を鳴り渡らせよう ...
神が叶えて下さったのだ - 愛の希望を

(全員退場し ダンスの音楽は静まる 松明が消えて すべては沈黙のまま)


第4場

エルヴィーラとエルナーニは舞踏会場から歩いて右側の婚礼の部屋へとやってくる

【エルナーニ】
音は静まり 松明も消えた
この静けさと神秘を愛は味わっているのだ
ご覧 星たちまでもが 私のエルヴィーラよ
この幸せな結婚にほほ笑みかけているようだ...


【エルヴィーラ】
こんな風に輝くのを見ました
シルヴァの城で ひとり悲しみながら
私があなたを待っていた時に...そしてこのせっかちな心には
時間が永遠に続く世紀のように感じられました
でも ついに私はあなたと一緒になれたのです...

【エルナーニ】
そして永遠に


【エルヴィーラ】
おお 喜びが!

【エルナーニ】
そう そうだ 永遠にあなたのもの...

【エルヴィーラ エルナーニ】
最後の息の時まで
私たちはひとつの心を持つのです

(遠くで角笛の音がする)


【エルナーニ】
(神の呪いだ!)

【エルヴィーラ】
あなたのお顔のほほ笑みを私に見せてください
(音が再び聞こえてくる)


【エルナーニ】
(ああ、虎が獲物を求めているのだ!)

【エルヴィーラ】
(驚いて)
まあ!...あなたはどうなさったの?...何か心配でも!...

【エルナーニ】
(気が動転して)
見えないのか エルヴィーラ 地獄の冷笑が
私を闇の中で きらめきながら嘲っているのを?...
あの老人だ!...老人だ!...ご覧!...

【エルヴィーラ】
ああ、あなたはどうかなさっていますわ!
(音は近くで更に大きく聞こえる)

【エルナーニ】
(私に求めている!) 聞いてくれ おお愛しいエルヴィーラよ...
たった今 古傷が痛み出した ...
行って 薬を取ってきてくれ 愛しい人...

【エルヴィーラ】
でも あなた!...

【エルナーニ】
私を愛してるなら、急いで行ってくれ
(エルヴィーラは新婚の部屋に入って行く)

第5場

エルナーニ

【エルナーニ】
あたりはすっかり静かだ
多分あれは私のむなしい幻聴だったのだ!...
私の心は、幸せには慣れていないから
過去の苦悩を夢に見たのに違いない
私も行こう...

(エルヴィーラの後に続く)


第6場

前場の登場人物 仮面を付けたシルヴァ

【シルヴァ】
(階段の一番上に立ち止まり)
待て


【エルナーニ】
(おののいて)
(彼だ!
ミルテを糸杉に取り替えに来たのだ!)

【シルヴァ】
(彼に角笛を見せて)
ここに誓いがある もしも
エルナーニの死を望む時には
この角笛を響かせれば
エルナーニはすぐに死ぬであろう
(彼に近づいて仮面を取り)
お前は嘘をつくのか?...

【エルナーニ】
もう一度だけ聞いてください!
孤独で さすらい人で、惨めでした
私は子供の頃から
悲しみの苦い杯を
ずっと飲んで来なくてはなりませんでした
今 ようやくほほ笑んでくれたのです
私に 澄み切った天が
ですからせめて味あわせて下さい
愛の杯だけでも

【シルヴァ】
(誇らしげに彼に短剣と毒薬を手渡そうと)
ここに杯がある...選ぶことは
認めよう しかしすぐにだ

【エルナーニ】
神よ!

【シルヴァ】
ぐずぐずしたり ためらったりするなら...

【エルナーニ】
剣と毒薬ですね!
公爵...私の魂は震えています...

【シルヴァ】
スペイン人の名誉はどこにあるのだ
偽りの誓いなのか、嘘つきか?...

【エルナーニ】
わかりました...頂きましょう...死にましょう!
(彼は短剣を受け取る)


最終場

前場の登場人物 新婚の部屋から出てきたエルヴィーラ

【エルヴィーラ】
(エルナーニに)
おやめください 残酷なお方 消し去るのですか
なぜあなたは 私たち二人の命を?
(シルヴァに)
どんな地獄の悪魔が
このような仕打ちをたくらんだのですか?
墓のそばで考え付いたのでしょう
こんな復讐を実行することを!...
あなたを待っている死を
おお老いぼれよ 私が早めてやるわ
(彼に襲いかかろうとするが 立ち止まって)
ああ、何を私は言ったのでしょう?私を許してください...
私の中の苦悩が話しているのです

【シルヴァ】
無駄なのだ 女 泣いても...
無駄なのだ...私は許さぬのだから


【エルナーニ】
(この怒りは容赦ない)

【エルヴィーラ】
(シルヴァに)
私はシルヴァ家の娘です
私は愛しています...永遠に切れない
絆が私を彼と結び付けているのです

【シルヴァ】
(激しい皮肉で)
愛だと!...こいつは死ぬのだ
まさにその愛のせいで死ぬ

【エルヴィーラ】
この苦い涙のために
私に 彼にお慈悲を

【エルナーニ】
その涙は エルヴィーラ 私には見せないでおくれ ...
私は平常心でなくてはならぬのだ...

【エルヴィーラ】
お慈悲を!

【エルナーニ】
この魂の苦しみは
あらゆる苦しみより激しいのだ...


【エルヴィーラ】
彼に 私にお慈悲を

【エルナーニ】
恐ろしい誓いが
今、私に死をもたらすのだ

【エルヴィーラ】
お慈悲を!

【シルヴァ】
だめだ

【エルナーニ】
運命のいたずらだったのだ
私の幸せは

【エルヴィーラ】
彼に 私にお慈悲を

【シルヴァ】
死ぬのだ...死ぬのだ その愛のために死ぬがいい!
無駄なのだ 女 泣いても...
無駄なのだ...私は許さぬのだから
そうだ その愛のために死ぬがいい!

【エルナーニ】
哀れな者たちに
天は同情しては下さらなかった

【シルヴァ】
(脅かすように近寄って)
この角笛を響かせれば
エルナーニはすぐに死ぬであろう

【エルナーニ】
分かっている...分かっている... 終わらせよう
避けられぬ私の運命を
(自分の胸に短剣を突き立てる)

【エルヴィーラ】
何をなさったのですか ああ 気の毒なお方?
私も死にます!...私にも短剣を...

【シルヴァ】
だめだ、哀れな女よ...やめるのだ
取り乱しても意味はないぞ

【エルナーニ】
エルヴィーラ!...エルヴィーラ!...

【エルヴィーラ】
私を待ってください...
あなたの後を追うことだけが望みです...

【エルナーニ】
生きてくれ...私を愛しながら生きろ...
愛しい人よ... あなたへの命令だ...さようなら...

【エルヴィーラとエルナーニ】
私たちの愛のベッドは
死の祭壇だったのだ

【シルヴァ】
(復讐の悪魔が
ここに来て歓喜するのだ)

【エルナーニ】
エルヴィーラ、エ​​ルヴィーラ、お別れだ!

【エルヴィーラ】
私のことを待っていてください

【シルヴァ】
(ここに来るのだ!)

(エルナーニは死に エルヴィーラは気を失う)


終わり
ATTO QUARTO - La maschera

SCENA I


Terrazzo nel palazzo di Don Giovanni d'Aragona in Saragozza.

A destra ed a manca sonvi porte che mettono a vari appartamenti; il fondo è chiuso da cancelli, attraverso i quali vedonsi i giardini del palazzo illuminati e parte di Saragozza. Nel fondo a destra dello spettatore avvi una grande scalea che va nei giardini. Da una scala a sinistra di chi guarda odesi la lieta musica delle danze.

Gentiluomini, Dama, Maschere, Paggi ed Ancelle vanno e vengono gaiamente tra loro discorrendo.

TUTTI
Oh, come felici - gioiscon gli sposi!
saranno quai fiori - cresciuti a uno stel.
Cessò la bufera - dei dì procellosi;
sorrider sovr'essi - vorrà sempre il ciel.


SCENA II

Comparisce una Maschera tutta chiusa in nero domino, che guarda impaziente d'intorno, come chi cerca con premura alcuno.

CORO I
Chi è costui che qui s'aggira
vagolando in nero ammanto?

CORO II
Sembra spettro che un incanto
dalle tombe rivocò.

CORO I
(attorniando la maschera)
Par celare a stento l'ira.

CORO II
Ha per occhi brage ardenti.

TUTTI
Vada, fugga dai contenti,
che il suo aspetto funestò.

(La Maschera, dopo qualche atto di minacciosa collera, s'invola alla comune curiosità, scendendo ne' giardini)


SCENA III

Sopraggiungono altre Maschere dalla sala da ballo.

TUTTI
Sol gaudio, sol festa - qui tutto risuoni,
palesi ogni labbro - la gioia del cor!
Qui solo di nozze - il canto s'intuoni...
un nume fe' paghe - le brame d'amor.

(Tutti partono, la musica delle danze tace; si spengono le faci e tutto resta in un profondo silenzio).


SCENA IV

Elvira ed Ernani vengono dalla sala da ballo, avviandosi alla destra dello spettatore, ov'è la stanza nuziale.

ERNANI
Cessaro i suoni, disparì ogni face,
di silenzii e mistero amor si piace.
Ve' come gli astri stessi, Elvira mia,
sorrider sembrano al felice imene...


ELVIRA
Così brillar vedeali
di Silva dal castello, allor che mesta
io ti attendeva... e all'impaziente core
secoli eterni rassembravan l'ore.
Or meco alfin sei tu...

ERNANI
E per sempre.


ELVIRA
O gioia!

ERNANI
Sì, sì, per sempre tuo...

ELVIRA E ERNANI
Fino al sospiro estremo
un solo core avremo.

(S'ode un lontano suon di corno)


ERNANI
(Maledizion di Dio!)

ELVIRA
Il riso del tuo volto fa ch'io veda.
(S'ode altro suono)


ERNANI
(Ah, la tigre domanda la sua preda!)

ELVIRA
(spaventata)
Cielo!... Che hai tu?... Che affanni!...

ERNANI
(delirante)
Non vedi, Elvira, un infernal sogghigno,
che me, tra l'ombre, corruscante irride?...
È il vecchio!... il vecchio!... mira!...

ELVIRA
Ohimè, smarrisci i sensi!
(I suoni ingagliardiscono appressandosi)

ERNANI
(Egli mi vuole!) Ascolta, o dolce Elvira...
solo ora m'ange una ferita antica...
Va tosto per un farmaco, o diletta...

ELVIRA
Ma tu, signor!...

ERNANI
Se m'ami, va, t'affretta.
(Elvira va nelle stanze nuziali)

SCENA V

Ernani

ERNANI
Tutto ora tace intorno;
forse fu vana illusion la mia!...
Il cor, non uso ad esser beato,
sognò forse le angosce del passato.
Andiam...

(Va per seguire Elvira)


SCENA VI

Detto e Silva mascherato.

SILVA
(fermandosi a capo della scala)
T'arresta.


ERNANI
(spaventato)
(È desso!
Viene il mirto a cangiarmi col cipresso!)

SILVA
(mostrandogli il corno)
Ecco il pegno: nel momento
in che Ernani vorrai spento,
se uno squillo intenderà
tosto Ernani morirà.
(appressandoglisi e smascherandosi)
Sarai tu mentitor?...

ERNANI
Ascolta un detto ancor!
Solingo, errante, misero,
fin da' prim'anni miei,
d'affanni amaro un calice,
tutto ingoiar dovei.
Ora che alfine arridere
mi veggo il ciel sereno,
lascia ch'io libi almeno
la tazza dell'amor.

SILVA
(fieramente presentandogli un pugnale e un veleno)
Ecco la tazza... scegliere,
ma tosto, io ti concedo.

ERNANI
Gran Dio!

SILVA
Se tardi od esiti...

ERNANI
Ferro e velen qui vedo!
Duca... rifugge l'anima...

SILVA
Dov'è l'ispano onore,
spergiuro, mentitore?...

ERNANI
Ebben... porgi... morrò!
(Prende il pugnale)


Scena Ultima

Detti ed Elvira dalle stanze nuziali.

ELVIRA
(ad Emani)
Ferma, crudele, estinguere
perché vuoi tu due vite?
(a Silva)
Quale d'Averno demone
ha tali trame ordite?
Presso al sepolcro mediti,
compisci tal vendetta!...
La morte che t'aspetta,
o vecchio, affretterò.
(Va per iscagliarlisi contro, poi s'arresta)
Ah, ma che diss'io? perdonami...
L'angoscia in me parlò.

SILVA
È vano, o donna, il piangere...
È vano... io non perdono.


ERNANI
(La furia è inesorabile)

ELVIRA
(a Silva)
Figlia d'un Silva io sono.
Io l'amo... indissolubile
nodo mi stringe a lui.

SILVA
(con feroce ironia)
L'ami!... morrà costui,
per tale amor morrà.

ELVIRA
Per queste amare lagrime
di me, di lui pietà.

ERNANI
Quel pianto, Elvira, ascondimi...
ho d'uopo di costanza...

ELVIRA
Pietà!

ERNANI
L'affanno di quest'anima
ogni dolore avanza...


ELVIRA
Di lui, di me pietade.

ERNANI
Un giuramento orribile
ora mi danna a morte.

ELVIRA
Pietà!

SILVA
No.

ERNANI
Fu scherno della sorte
la mia felicità.

ELVIRA
Di lui, di me pietà!

SILVA
Morrà... morrà, per tale amor morrà!
È vano, o donna, il piangere...
è vano... io no, non perdono.
Sì, per tale amor morrà!

ERNANI
Non ebbe di noi miseri,
non ebbe il ciel pietà.

SILVA
(appressandoglisi minaccioso)
Se uno squillo intenderà
tosto Ernani morirà.

ERNANI
Intendo... intendo... compiasi
il mio destin fatale.
(Si pianta il pugnale nel petto)

ELVIRA
Che mai facesti, ahi misero?
Ch'io mora!... a me il pugnale...

SILVA
No, sciagurata... arrestati,
il delirar non vale...

ERNANI
Elvira!... Elvira!...

ELVIRA
Attendimi...
Sol te seguir desio...

ERNANI
Vivi... d'amarmi e vivere...
cara... t'impongo... addio...

ELVIRA e ERNANI
Per noi d'amore il talamo
di morte fu l'altar.

SILVA
(Delle vendette il demone
qui venga ad esultar)

ERNANI
Elvira, Elvira, addio!

ELVIRA
Attendimi.

SILVA
(Qui venga!)

(Ernani spira ed Elvira sviene)


FINE


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|