オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第2幕

第1景
あらゆるチャイナのシンボルで飾り立てられた大きなテントでできた建物が現れる

【ピン】
おい パン!おい ポン!
あの死の銅鑼が鳴ってから
王宮は目覚め 街は目覚めてしまったぞ
我々はどちらのイベントの準備もしなくてはならぬ
あの異邦人が勝てば 婚礼
負ければ 葬式だ

【ポン】
私は婚礼の準備を...

【パン】
...では私は葬式を...

【ポン】
...赤い祭り提灯を...

【パン】
...白い悲しみの提灯を...

【ポン】
...線香とお供物を...

【パン】
...線香とお供物...

【ポン】
...金色の紙幣
美しい赤い駕籠...

【パン】
...お茶 砂糖 ナツメグ、
大きな棺 上等の...

【ポン】
...僧侶どもが歌い...

【パン】
...僧侶どもが嘆く...

【ポン パン】
...そしてそれ以外はすべて
しきたりに従う...

【パン】
...細かい...

【ポン】
...細かい...

【ポン パン】
...無数にあるしきたりに!

【ピン】
おおチャイナ おおチャイナ
何と今はいらいらと揺れ動き
落ち着きのないことか
幸せに眠っていたというに
その七万世紀の長きに渡って!

【ピン ポン パン】
すべては従って動いていたのだ
この世の古くからのしきたりに

【パン】
そこに現れたのが...

【ポン】
そこに現れたのが...

【ピン】
そこに現れたのが...

【ピン ポン パン】
...トゥーランドット姫!

【ピン】
そして何年も間 われらの宴は
こんな喜びに成り下がったのだ...

【ポン】
銅鑼が三打で......

【パン】
... 謎が三つ...

【ピン】
...そして首が落ちる!

【ポン】
首が落ちる!

【ピン】
首が落ちる!

【パン】
鼠の年は六個の首

【ポン】
狗の年は八個

【パン ピン ポン】
今年の干支の
恐ろしき寅の年には
もう十三個にもなってしまっている!

【ポン パン】
十三個だぞ...... 
これから斬られるはずのあいつを入れて!

【ピン】
何て仕事だ!

【パン】
何て仕事だ!

【ポン】
何と憂鬱な!

【ピン】
何て仕事だ!

【パン】
何て仕事だ!

【ポン】
何と憂鬱な!

【ピン ポン パン】
そしてわれらも何たる役目に格下げじゃ?
大臣が死刑執行とは!
死刑執行の大臣じゃ!

【ピン】
私はホーナンに家を持っている
青い湖があって
そこは竹に囲まれている
だが私はここで 自分の人生を無駄にしておる
経典の上で 頭を抱え込んで...

【ポン パン】
...経典の上で!

【ピン】
...経典の上で!
あそこに戻りたいものだ...

【パン】
そこに戻りたいものだ!

【ポン】
そこに戻りたいものだ!

【ピン】
...あの青い湖のそばに...

【パン】
そこに戻りたいものだ!

【ポン】
そこに戻りたいものだ!

【ピン】
...竹に囲まれた!

【ポン】
私はツィアンの近くに林を持っている...
...この上もなく美しい林を
私に木陰を作ってはくれないが
私は林を持っている
この上もなく美しい林を

【パン】
私はキウに庭園を持っている
そこを去って私はここに来た
もう再び見ることはないだろう
もう二度と見ることはないのだ 二度と!

【ピン】
あそこに戻りたいものだ
あの青い湖のそばに
...竹に囲まれた!
だがここでわれらは...

【ポン】
ここでわれらは!

【パン】
ここでわれらは!

【ピン】
...頭を抱え込んでおる...

【ピン ポン パン】
...経典の上で!

【ポン】
ツィアンに帰ることができたなら...

【ピン】
あそこに帰ることができたなら...

【パン】
キウに帰ることができたなら...

【ピン】
...あの青い湖を満喫するのに...

【ポン】
... ツィアンに...

【パン】
...キウに...

【ピン】
ホーナンに......
...竹に囲まれた!

【ポン】
...ツィアンに帰ることができたなら!

【パン】
...キウに帰ることができたなら!

【ピン】
おお この世よ...

【ポン】
おお この世よ...

【パン】
おお この世よ...

【ピン ポン パン】
...愛に満ち 気が変な!

【ポン】
われらは見てきた...

【パン】
われらは見てきた...

【ポン】
われらは志願者が押し掛けるのを見てきた!

【ピン】
おお 大勢!

【ポン】
おお 大勢!

【ピン】
われらは見てきた...

【パン】
おお 大勢 おお 大勢!

【ポン】
おお 大勢!

【ピン】
おお世界よ 恋の狂気にあふれた!
お前たち あの王子を覚えているか
サマルカンドの王室の?
彼は愛を求めた
そして姫は喜んで
彼を死刑執行人のところに送った

【群衆】
(舞台裏の合唱)
油をさして 砥げ 刃を
きらめかせ はね飛ばせ 災と血を ...  

【ピン】
死刑執行人のところに!

【群衆】
...刃がきらめき 飛び散らせるように ...
... 炎と血を!

【ポン】
インドの宝石で飾られたサガリカは...
...鐘のようなイヤリングを付けていた?
やつも愛を求め 首を斬られた!

【パン】
そしてビルマのも?

【ポン】
それにキルギスの王子も?

【ポン パン】
殺された!殺された!殺された!殺された!

【ピン】
六キュビトの大きさの弓を持ったタタールは

【群衆】
油をさせ 砥げ...
...刃がほとばしらせるのだ 血を! ...

【ピン】
...立派な毛皮を着た?

【群衆】
...トゥーランドットさまが支配なさるところ...

【ポン】
滅ぼされた!

【パン】
滅ぼされた!

【群衆】
...仕事は...
...決して楽にはならぬ!

【ピン】
首を斬られて!

【パン】
殺すのだ...

【ピン】
殺す!殺す!殺す!殺す!

【パン】
...滅ぼせ!殺せ!滅ぼせ!殺せ

【ポン】
殺す!殺す!殺す!

【群衆】
油をさせ 砥げ 刃がほとばしらせるのだ 血を!

【ピン ポン パン】
さらば 愛よ さらば 一族よ!
さらば 神の一族よ!
さらば...
チャイナは終わりだ!
さらば 神の一族よ!

【ピン】
(呼ばれているかのように)
おお虎よ! おお虎よ!

【ピン パン ポン】
おお偉大なる天の将軍よ
それはずっと前から待ち焦がれていた夜だ
降伏の夜!

【ピン】
私はベッドをご用意致しましょう!

【ポン】
柔らかい羽を振りかけましょう

【パン】
私は床の間を香らせましょう

【ピン】
新郎新婦はランプを手に導かれましょう

【ピン ポン パン】
それから三人そろって庭で
われらは歌いましょう ...

【ポン】
...愛の歌を 朝まで...

【ピン】
...こんな風に...

【パン】
...こんな風に...

【ピン ポン パン】
われらが幸運のチャイナにはおらぬのじゃ
愛を否定する女性など!
かつてはひとりいたが
氷のような女が
だが今は炎と燃えている
プリンセス、あなた様の帝国は広がっております
ツェ-キアンから遠くイアン-ツウまで!

【ピン】
(ポンとパンは口を閉じて伴奏する)
けれどその柔らかいカーテンのところには
あなた様を支配なさる夫君が!

【ピン ポン パン】
あなた様はすでにキスの香りを感じている
すでにしおらしくなって すっかり気だるそうだ!

【ポン パン】
栄光あれ 栄光あれ 秘密の夜に
今こそ奇跡が起きるのが見られるのだ!

【ピン パン】
栄光あれ 栄光あれ...

【ポン】
黄色の絹の毛布を...

【ピン パン】
...秘密の夜に!

【ポン】
...甘いため息の証人よ!
庭の中でみなささやいているぞ
金色のツリガネ草も鈴を鳴らす ...
愛のこもった言葉をつぶやく...

【ピン】
...花たちは露の真珠で飾られて!

【ピン ポン パン】
栄光あれ 栄光あれ 半裸の美しいボディは
未知の神秘を今や知ろうとしている!
栄光あれ 勝利した陶酔と愛よ
チャイナに平和がよみがえった
チャイナに平和がよみがえったのだ
平和がよみがえったのだ!

舞台裏からの宮殿の騒音が悲しい現実にと3人の大臣を呼び戻す

【ピン】
われらは夢を見ていたようだ すでに群衆は集まってきている
ランタンを手に 召使どもや兵士ども
巨大なドラムの音が聞こえるぞ
緑の寺院の!
もう足音がする おびただしい数の
ペキンの民の履物の

【ポン】
トランペットが聞こえる!平和などどこにもないぞ!

【パン】
セレモニーが始まるぞ

【ピン ポン パン】
我々も楽しもうではないか
拷問をもう一度!

第2景
宮殿の広大な前庭 ほぼ中央には巨大な大理石の階段がある 八人の賢人たちが登場する めいめいが三巻の絹の巻物を持っている これらにはトゥーランドットの謎の解答が書かれているのだ

【群衆】
偉大で 巨大で 堂々と
封印された謎の答を手に
すでに賢人たちが行進してきているぞ
封印された謎の答を手に
すでに賢人たちが行進してきているぞ
あそこにピンが!あそこにポンが!あそこにパンが!

階の上には玉座に座った皇帝が現れる 年老いて威厳にあふれている

【群衆】
万年の時をわれらが皇帝に!
御身に栄光あれ!

【皇帝】
恐ろしい誓いがわしを縛り付けておる
この暗い掟を遵守するようにと
そしてわしの手にしておる聖なる笏は
血にまみれているのじゃ
もう血はたくさんじゃ!若者よ 行け!

【カラフ】
天子さま お願いいたします
挑戦させてください!

【皇帝】
わしに死ぬことを許してはくれぬのか 負うことなく
そちの若い命の重さを!

【カラフ】
天子さま お願いいたします
挑戦させてください!

【皇帝】
わしは望まぬ 再び広げることを
恐怖をこの宮殿に 世界に

【カラフ】
天子さま お願いいたします
挑戦させてください!

【皇帝】
異邦人よ 死に酔っておるのか!では仕方ない!
お前の運命を試すが良い!

【群衆】
万年の時をわれらが皇帝に!

【高官】
ペキンの民衆よ!
これは法である 清らなるトゥーランドット姫は
王家の血を引く者の花嫁とならん
姫が出される三つの謎を解いた者の
だが 挑戦せし者は 失敗したときには
斧にその誇り高き首を差し出すのじゃ!

【少年たち】
砂漠から海から
聞こえませんか 千の声のささやきが
プリンセス 私のもとへおいでください!
すべてが輝き 輝き 輝くのですから!

トゥーランドットは王座の足元に彼女の場所を取る 体全体が金色に飾られている

【トゥーランドット】
この宮殿の中で 今より幾千年もの昔
絶望の叫びが響き渡ったのです
その叫びは 子孫から子孫を通じて
この私の魂のうちに宿りました!
プリンセス ルー・リン
優しく 清らかなご先祖は支配したのです
厳しい沈黙の中 清らかな喜びで
そして抵抗してきました 屈することなく決然と
苛烈な異国の攻撃に
今 私の中で彼女はよみがえる!

【群衆】
それはタタールの王が
その七つの旗を広げていた時のこと

【トゥーランドット】
でも 皆がよく記憶しているその時代は
混乱と恐怖と銃声の時代でした
王国は破れました!王国は破れました!
そしてルー・リン様 私のご先祖は引きずり出されたのです
あなたのような男に あなたのような男に
異邦人よ あの恐ろしい夜に
どこに姫の若い声があるというの!

【群衆】
何世紀もの間 彼女は眠っている
巨大な墓の中に

【トゥーランドット】
おお王子たちよ 長いキャラバンを組んで
世界のすみずみから
ここにあなたたちの運を試しにくる方々よ
私は復讐してやるのよ あなたたちに、あなたたちに
あの清らかな姫の その叫びの その死の!
その叫びとその死の!
私は誰のものにもなりません!
決して 決して誰のものにも!
彼女を殺した者たちへの恐怖は
私の心の中に住んでいるのです
いいえ いいえ!私は誰のものにもなりません!
ああ 私の中に誇りがよみがえる
大いなる清らかさの!
異邦人よ!幸運を弄んではなりません!
謎は三つ 死はひとつ!

【カラフ】
いや 違う!謎は三つ
ひとつなのは生だ!

【トゥーランドット】
いいえ 違うわ! ...
謎は三つ...死は一つなの!

【カラフ】
謎は三つ 生はひとつ!

【群衆】
異国の王子に
大胆な試練をお与えください
おおトゥーランドットさま!トゥーランドットさま!

【トゥーランドット】
異邦人よ お聞きなさい
暗い夜に虹色の幻影が飛ぶ
空高く翼を広げ
無数の黒い人々の間を
世界の皆が呼び求め
そしてすべて世界の皆が探し求める
だがその幻影は夜明けと共に消える
心の中で生まれ変わるために
毎晩生まれ
そして毎日死ぬ!

【カラフ】
そうだ! よみがえる! よみがえる!
(歓喜に満ちて)
それと一緒に私も運んで行ってくれ
トゥーランドット姫:それは 「希望」だ!

【賢人たち】
(第一の巻き物を広げて)
希望!希望!希望!である

【トゥーランドット】
そう 希望です いつも失望をもたらす!
炎のよう燃え立つが
しかし炎ではない
それは、時には狂乱する
熱気をほとばしらせ 熱く燃える!
力を失えばそれは澱む
あなたが負けたり死んだりすれば冷たくなるが
あなたが征服を夢見るなら 燃え立つ 燃え立つ!
あなたが聞けば震えあがる声を持つ
そして鮮やかな夕日のように輝く!

【皇帝】
しくじるでないぞ 異邦人よ!

【群衆】
命を賭けて!
命を賭けて!話せ!
しくじるな 異邦人よ!話せ!
話せ!
話せ!
話せ!

【リュー】
そして愛のために!

【カラフ】
そうだ プリンセス!
燃え上がり そして同時に弱まる
あなたがこの私を見ると この血管の中では
それは「血」だ!

【賢人たち】
血!血!血!である

【群衆】
勇気を出せ 謎を解くんだ!

【トゥーランドット】
(衛兵に その群衆を指して)
そのならず者を打て!
(王子に)
炎を与える氷
そしてあなたの炎から
もっとたくさんの氷が!
真っ白でしかも黒い!
あなたが自由でいたければ
あなた奴隷にするし
あなたが下僕となることを受け入れるならば
あなたを王にするの!
異邦人よ 恐怖で蒼ざめていますね!
あなたは負けを感じ取ったのでしょう!
異邦人よ 炎を与える氷
それは何ですか?

【カラフ】
私の勝利だ
今、あなたは私のものだ!
私の炎は あなたを融かすだろう
トゥーランドット!

【賢人たち】
トゥーランドット!トゥーランドット!トゥーランドット!

【群衆】
トゥーランドット!トゥーランドット!
栄光あれ、栄光あれ、おお勝利者に!
栄光あれ、栄光あれ、おお勝利者に!
あなたに生がほほ笑んでいる!
あなたに愛がほほ笑んでいる!
万年の時をわれらが皇帝に!
光輝よ この世界の万物の王よ!

【トゥーランドット】
天子さま!聖なる父上!いやです!
あなたの娘を放り出さないで
異邦人の腕の中へ!

【皇帝】
誓いは神聖なものじゃ!

【トゥーランドット】
いや、そんなこと言わないで!あなたの娘だって神聖なの!
あなたは彼に娘を与えることはできません、
奴隷として彼に。
ああ 嫌!あなたの娘は神聖なのです!
あなたは彼に娘を与えることはできません、
恥のために死んで行く奴隷のように!
(王子に)
そんな風に私を見ないで!
あなたは私の誇りを笑っているのね
そのように私を見ないで!
私はお前のものにはならぬ!
いや いやです あなたのものにはなりません!
私はなりたくない 私はなりたくない!
いや いやです あなたのものにはなりません!

【皇帝】
誓いは神聖なものじゃ!

【群衆】
誓いは神聖なものです!

【トゥーランドット】
いやよ そんな風に私を見ないで
私は誰のものにもなりません!

【群衆】
彼は勝利したのです プリンセス!
彼はあなたのために命を捧げた!

【トゥーランドット】
私は誰のものにもなりません!

【群衆】
彼の勇気へのご褒美となるのです! ...
...彼の勇気へのご褒美と!
彼はあなたのために自分の命を賭けた!
誓いは神聖なものです!

【トゥーランドット】
(王子に)
あなたは私をその腕に力ずくで抱きたいというのですか
嫌がって震えているのに?

【群衆】
神聖な 神聖な 神聖なのです 誓いは 神聖なのです!

【カラフ】
いや いや 高慢なプリンセスよ
私は愛に燃えているあなたが欲しいのです!

【群衆】
勇敢な!大胆な!
勇敢な!おお力強い!

【カラフ】
三つの謎をあなたは出して
その三つを私は解きました
ただ一つだけ あなたに私から出しましょう
あなたは私の名前をご存じない
私にその名前を告げてください
私にその名前を告げてください
夜が明ける前に
そうすれば夜明けと共に私は死にましょう!

トゥーランドットは頭を垂れ うなずく

【皇帝】
天よ 願い給え この最初の日の出に
わが息子にそなたがなっておることを!

【群衆】
御身の足元にわれらひれ伏さん
光輝よ この世界の万物の王よ!
御身の英知に 御身の仁徳に
われらは御身に身を捧げん 慎ましき喜びのうちに
御身のもとにわれらの愛が届かんことを!
万年の時をわれらが皇帝に!
御身 イエン・ワンのお世継ぎなるお方に
われら叫ばん
万年の時をわれらが皇帝に!
高く 高く御旗を!
御身に栄光あれ!御身に栄光あれ!
ATTO SECONDO

QUADRO PRIMO
Appare un padiglione formato da una vasta tenda tutta decorata da simboliche figure cinesi.

PING
Olà, Pang! Olà, Pong!
Poichè il funesto gong
desta la reggia e desta la città,
siam pronti ad ogni evento:
se lo straniero vince, per le nozze,
e s'egli perde, pel seppellimento.

PONG
Io preparo le nozze ...

PANG
... ed io le esequie, ...

PONG
… le rosse lanterne di festa, ...

PANG
... le bianche lanterne di lutto, …

PONG
... gli incensi e le offerte, …

PANG
… gli incensi e le offerte …

PONG
… monete di carta dorate,
il bel palanchino scarlatto, …

PANG
... thè, zuccero, noci moscate,
il feretro grande, ben fatto, . . .

PONG
... i bonzi che cantano, …

PANG
... i bonzi che gemono, …

PONG, PANG
… e tutto quanto il resto,
secondo vuole il rito, ...

PANG
... minuzioso …

PONG
... minuzioso ...

PONG,PANG
… infinito!

PING
O China, o China,
che or sussulti e trasecoli
inquieta,
come dormivi lieta,
gonfia dei tuoi settantamila secoli!

PING, PONG, PANG
Tutto andava secondo
l'antichissima regola del mondo.

PANG
Poi nacque ...

PONG
Poi nacque …

PING
Poi nacque ...

PING, PONG, PANG
... Turandot!

PING
E sono anni che le nostre feste
si riducono a gioie come queste: …

PONG
… tre battute di gong, …

PANG
... tre indovinelli ...

PING
... e giù teste!

PONG
E giù teste!

PING
E giù teste!

PANG
L'anno del Topo furon sei.

PONG
L'anno del Cane furon otto.

PANG, PING, PONG
Nell'anno in corso,
il terribile anno della Tigre,
siamo già al tredicesimo!

PONG, PANG
… tredicesimo,
con quello che va sotto!

PING
Che lavoro!

PANG
Che lavoro!

PONG
Che noia!

PING
Che lavoro!

PANG
Che lavoro!

PONG
Che noia!

PING, PONG, PANG
A che siamo mai ridotti?
I ministri siam del boia!
Ministri del boia!

PING
Ho una casa nell' Honan
con il suo laghetto blù,
tutto cinto di bambù.
E sto qui a dissiparmi la mia vita,
a stillarmi il cervel sui libri sacri ...

PONG,PANG
... sui libri sacri!

PING
... sui libri sacri!
E potrei tornar laggiù …

PANG
Tornar laggiù!

PONG
Tornar laggiù!

PING
… presso il mio laghetto blù …

PANG
Tornar laggiù!

PONG
Tornar laggiù!

PING
... tutto cinto di bambù!

PONG
Ho foreste, presso Tsiang ...
… che più belle non ce n'è,
che non hanno ombra per me.
Ho foreste,
che più belle non ce n'è!

PANG
Ho un giardino, presso Kiu,
che lasciai per venir qui,
e che non rivedrò,
non rivedrò mai più, mai più!

PING
E potrei tornar laggiù,
presso mio laghetto bIù, ...
… tutto cinto di bambù!
E stiam qui …

PONG
Stiam qui!

PANG
Stiam qui!

PING
... a stillarci il cervel ...

PING, PONG, PANG
... sui libri sacri!

PONG
E potrei tornare a Tsiang ...

PING
E potrei tornar laggiù …

PANG
E potrei tornare a Kiu …

PING
… a godermi il lago bIù, …

PONG
... Tsiang, …

PANG
... Kiu, ...

PING
… Honan, ...
… tutto cinto di bambù!

PONG
… e potrei tornare a Tsiang!

PANG
… e potrei tornare a Kiu!

PING
O mondo, ...

PONG
O mondo, ...

PANG
O mondo, ...

PING, PONG, PANG
… pieno di pazzi innamorati!

PONG
Ne abbiam ...

PANG
Ne abbiam ...

PONG
Ne abbiam visti arrivar degli aspiranti!

PING
O quanti!

PONG
O quanti!

PING
Ne abbiam visti, ecc.

PANG
O, quanti, o quanti!

PONG
O quanti!

PING
O mondo pieno di pazzi innamorati!
Vi ricordate il principe
regal di Samarcanda?
Fece la sua domanda,
e lei con quale gioia
gli mandò il boia!

LA FOLLA
coro interno
Ungi, arrota,
che la lama guizzi e sprizzi, ...

PING
Il boìa!

LA FOLLA
... che la lama guízzi e spìzzì …
... tuoco e sangue!

PONG
E l'Indiano gemmato Sagarika, …
... cogli orecchini come campanelli?
Amore chiese, fu decapitato!

PANG
Ed il Birmano?

PONG
E il prence dei Kirghisi?

PONG,PANG
Uccisi! Uccisi! Uccisi! Uccisi!

PING
E il Tartaro dall'arco di sei cubiti

LA FOLLA
Ungi, arrota, ...
… che la lama sprizzi sangue! ...

PING
… di ricche pelli cinto?

LA FOLLA
... Dove regna Turandot ...

PONG
Estinto!

PANG
Estinto!

LA FOLLA
… il lavoro ...
... mai non langue!

PING
E decapita!

PANG
Uccidi, …

PING
Uccidi! Uccidi! Uccidi! Ammazza!

PANG
... estingui! Uccidi! Estingui! Ammazza

PONG
Ammazza! Ammazza! Ammazza!

LA FOLLA
Ungi, arrota, che la lama sprizzi sangue!

PING, PON G, PANG
Addio, amore, addio, razza!
Addio, stirpe divina!
Addio, ecc.
E finisce la China!
Addio, stirpe divina!

PING
come un'invocazione
O tigre! O tigre!

PING, PANG, PONG
O grande marescialla del cielo,
fa che giunga la gran notte attesa,
la notte della resa!

PING
Il talamo le voglio preparare!

PONG
Sprimaccerò per lei le molli piume.

PANG
Io l'alcova le voglio profumare.

PING
Gli sposi guiderò reggendo il lume.

PING, PONG, PANG
Poi tutt'e tre in giardino
noi canterem ...

PONG
... d'amor fino al mattino ...

PING
... così ...

PANG
… così: ...

PING, PONG, PANG
Non v'è in China per nostra fortuna
donna più che rinneghi l'amor!
Una sola ce n'era e quest'una
che fu ghiaccio,
ora è vampa ed ardor!
Principessa, il tuo impero si stende
dal Tsè?Kiang all'immenso Jang?Tsè!

PING
Pong e Pang cantano a bocca chiusa accompagnandolo.
Ma là, dentro alle soffici tende,
c'è uno sposo che impera su te!

PING, PONG, PANG
Tu dei baci già senti l'aroma,
già sei doma, sei tutta languor!

PONG,PANG
Gloria, gloria alla notte segreta,
che il prodigio ora vede compir!

PING, PANG
Gloria, gloria alla ...

PONG
Alla gialla coperta di seta ...

PING, PANG
... notte segreta!

PONG
... testimonio dei dolci sospir!
Nel giardin sussurran le cose
e tintinnan campanule d'or …
Si sospiran parole amorose, …

PING
... di rugiada s'imperiano i fior!

PING, PONG, PANG
Gloria, gloria al bel corpo discinto
che il mistero ignorato ora sa!
Gloria all'ebbrezza e all'amore che ha vinto
e alla China la pace ridà,
alla China la pace ridà,
la pace ridà!

Dall'ínterno, il rumore della Reggia richiama i tre ministri alla triste realtà.

PING
Noi si sogna e il palazzo già formicola
di lanterne, di servi e di soldati.
Udite il gran tamburo
del tempio Verde!
Già stridon le infinite
ciabatte di Pekino.

PONG
Udite trombe! Altro che pace!

PANG
Ha inizio la cerimonia.

PING, PONG, PANG
Andiamo a goderci
l'ennesimo supplizio!

QUADRO SECONDO
Appare il vasto piazzale della Reggia. Quasi al centro è un'enorme scalea di marmo. Appariscono otto sapienti. Hanno ciascuno tre rotoli di seta. Questi contengono la soluzione degli enigmi di Turandot.

LA FOLLA
Gravi, enormi ed imponenti
col mister dei chiusi enigmi
già s'avanzano i sapienti,
col mister dei chiusi enigmi
già s'avanzano i sapienti.
Ecco Ping! Ecco Pong! Ecco Pang!

Sulla sommità della sca!a, seduto sul trono, apparisce l'Imperatore. È tutto antico e venerabile.

LA FOLLA
Diecimila anni al nostro Imperatore!
Gloria a te!

L'IMPERATORE
Un giuramento atroce mi costringe
a tener fede al fosco patto.
E il santo scettro ch'io stringo
gronda di sangue.
Basta sangue! Giovine, va’!

CALAF
Figlio dei Cielo, io chiedo
d'affrontar la prova!

L'IMPERATORE
Fa ch'io possa morir senza portare
il peso della tua giovine vita!

CALAF
Figlio dei Cielo, io chiedo
d'affrontar la prova!

L'IMPERATORE
Non voler, non voler che s'empia ancor
d'orror la Reggia, il mondo.

CALAF
Figlio dei Cielo, io chiedo
d'affrontar la prova!

L'IMPERATORE
Straniero, ebbro di morte! E sia!
Si compia il tuo destino!

LA FOLLA
Diecimila anni al nostro Imperatore!

IL MANDARINO
Popolo di Pekino!
La legge è questa: Turandot, la Pura,
sposa sarà di chi, di sangue regio,
spieghi gli enigmi ch'ella proporrà.
Ma chi affronta il cimento e vinto resta
porga alla scure la superba testa!

I RAGAZZI
Dal deserto al mar
non odi mille voci sospirar:
Principessa, scendi a me!
Tutto splenderà, splenderà, splenderà!

Turandot va a collocarsi ai piedi del trono Bellissima, è tutta una cosa d'oro.

TURANDOT
In questa Reggia, or son mill'anni e mille,
un grido disperato risonò.
E quel grido, traverso stirpe e stirpe
qui nell'anima mia si rifugiò!
Principessa Lou?Ling,
ava dolce e serena che regnavi
nel tuo cupo silenzio in gioia pura,
e sfidasti inflessibile e sicura
l'aspro dominio,
oggi rivivi in me!

LA FOLLA
Fu quando il Re dei Tartari
le sette sue bandiere dispiegò.

TURANDOT
Pure nel tempo che ciascun ricorda,
fu sgomento e terrore e rombo d'armi.
Il regno vinto! Il regno vinto!
E Lou?Ling, la mia ava, trascinata
da un uomo come te, come te
straniero, là nella notte atroce
dove si spense la sua fresca voce!

LA FOLLA
Da secoli ella dorme
nella sua tomba enorme.

TURANDOT
O Principi, che a lunghe carovane
d'ogni parte del mondo
qui venite a gettar la vostra sorte,
io vendico su voi, su voi
quella purezza, quel grido e quella morte!
Quel grido e quella morte!
Mai nessun m'avrà!
Mai nessun, nessun m'avrà!
L'orror di chi l'uccise
vivo nel cuor mi sta.
No, no! Mai nessun m'avrà!
Ah, rinasce in me l'orgoglio
di tanta purità!
Straniero! Non tentar la fortuna!
Gli enigmi sono tre, la morte una!

CALAF
No, no! Gli enigmi sono tre,
una è la vita!

TURANDOT
No, no! …
… Gli enigmi sono tre, la morte è una!

CALAF
Gii enigmi sono tre, una è la vita!

LA FOLLA
Al Principe straniero
offri la prova ardita,
o Turandot! Turandot!

TURANDOT
Straniero, ascolta:
"Nella cupa notte vola un fantasma iridescente.
Sale e spiega l'ale
sulla nera infinita umanità.
Tutto il mondo l'invoca
e tutto il mondo l'implora.
Ma il fantasma sparisce coll'aurora
per rinascere nel cuore.
Ed ogni notte nasce
ed ogni giorno muore!

CALAF
Si! Rinasce! Rinasce!
E in esultanza
mi porta via con sè,
Turandot: “La Speranza”!

I SAPIENTI
aprono il primo rotolo
La Speranza! La Speranza! La Speranza!

TURANDOT
Sì, la speranza che delude sempre!
"Guizza al pari di fiamma,
non è fiamma.
È talvolta delirio.
È febbre d'impeto e ardore!
L'inerzia lo tramuta in un languore.
Se ti perdi o trapassi, si raffredda.
Se sogni la conquista, avvampa, avvampa!
Ha una voce che trepido tu ascolti,
e dei tramonto il vivido baglior!"

L'IMPERATORE
Non perderti, straniero!

LA FOLLA
È per la vita!
È per la vita! Parla!
Non perderti, straniero! Parla!
Parla!
Parla!
Parla!

LIÙ
È per l'amore!

CALAF
Sì, Principessa!
Avvampa e insieme langue,
se tu mi guardi, nelle vene:
"Il sangue!"

I SAPIENTI
Il sangue! Il sangue! Il sangue!

LA FOLLA
Coraggio, scioglitore degli enigmi!

TURANDOT
alle Guardie, additando la folla
Percuotete quei vili!
al Principe
"Gelo che ti dà foco
e dal tuo foco
più gelo prende!
Candida ed oscura!
Se libero ti vuoi
ti fa più servo.
Se per servo t'accetta,
ti fa Re!"
Su, straniero, ti sbianca la paura!
E ti senti perduto!
Su, straniero, il gelo che dà foco,
che cos'è?

CALAF
La mia vittoria
ormai t'ha data a me!
Il mio fuoco ti sgela:
"Turandot"!

I SAPIENTI
Turandot! Turandot! Turandot!

LA FOLLA
Turandot! Turandot!
Gloria, gloria, o vincitore!
Gloria, gloria, o vincitore!
Ti sorrida la vita!
Ti sorrida l'amor!
Diecimila anni al nostro Imperatore!
Luce, Re di tutto il mondo!

TURANDOT
Figlio dei Cielo! Padre augusto! No!
Non gettar tua figlia
nelle braccia dello straniero!

L'IMPERATORE
È sacro il giuramento!

TURANDOT
No, non dire! Tua figlia è sacra!
Non puoi donarmi a lui,
a lui come una schiava.
Ah, no! Tua figlia è sacra!
Non puoi donarmi a lui
come una schiava morente di vergogna!
al Principe
Non guardarmi così!
Tu che irridi al mio orgoglio,
non guardarmi così!
Non sarò tua!
No, no, non sarò tua!
Non voglio, non voglio!
No, no, non sarò tua!

L'IMPERATORE
È sacro il giuramento!

LA FOLLA
È sacro il giuramento!

TURANDOT
No, non guardarmi così,
non sarò tua!

LA FOLLA
Ha vinto, Principessa!
Offrì per te la vita!

TURANDOT
Mai nessun m'avrà!

LA FOLLA
Sia premio al suo ardimento! ...
... Sia premio al suo ardimento!
Offrì per te la vita!
È sacro il giuramento!

TURANDOT
al Principe
Mi vuoi nelle tue braccia a forza,
riluttante, fremente?

LA FOLLA
È sacro, è sacro, è sacro il giuramento, è sacro!

CALAF
No, no, Principessa altera.
Ti voglio tutta ardente d'amor!

LA FOLLA
Coraggioso! Audace!
Coraggioso! O forte!

CALAF
Tre enigmi m'hai proposto,
e tre ne sciolsi.
Uno soltanto a te ne proporrò:
il mio nome non sai.
Dimmi il mio nome.
Dimmi il mio nome,
prima dell'alba,
e all'alba morirò!

Turandot piega il capo, annuendo.

L'IMPERATORE
Il cielo voglia che col primo sole
mio figliolo tu sia!

LA FOLLA
Ai tuoi piedi ci prostriam,
Luce, Re di tutto il mondo!
Per la tua saggezza, per la tua bontà
ci doniamo a te, lieti in umiltà,
a te salga il nostro amor!
Diecimila anni al nostro Imperatore!
A te, erede di Hien?Wang
noi gridiam:
Diecimiia anni al nostro Imperatore!
Alte, alte le bandiere!
Gloria a te! Gloria a te!



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|