オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第2幕

第1場
城の中の部屋。
考え込みながらマクベスが入ってくる マクベス夫人が続く

【夫人】
なぜ私を避けるのです、そしていつも私は
ずっと深い物思いに耽るあなたを見なければならぬのですか?
済んだことは取り返しは付きません! 魔女たちは
真実を語り、あなたは王になったのです。
ダンカンの息子は、突然の
イングランドへの亡命で
親殺しと疑われ、空いた王位は
あなたに残されたのです

【マクベス】
だがあの超自然の女たちは
バンクオーが王の父となると予言した...
では彼の息子たちが支配者となるのか?ダンカンは
彼らのために殺されたのか?

【夫人】
彼と彼の息子が生きている、それは事実です...

【マクベス】
だが不死の命を持つわけではない...

【夫人】
ええ 不死身ではありません!

【マクベス】
ではまた別の血が流されねばならぬのだ 妻よ!

【夫人】
どこで?いつですか?

【マクベス】
今夜だ

【夫人】
あなたの計画はどのくらい揺らぎないのかしら?

【マクベス】
バンクオーよ!あの世にお前の王国を開くのだ ...
[急いで出て行く]


第2場
夫人ひとり

【夫人】
光は色あせ、天の灯台は消えてゆく
広い天空を駆け巡る永遠の太陽の光は!
待ち望んだ夜よ 用心深くヴェールを
人を傷つける罪深き手にかけておくれ
新たな犯罪!それが必要なのです!
宿命の行為は為されねばならぬのです
死者にとっては支配することは無意味
彼らには永遠のレクイエムを
[歩きながら]
おお王位を求める喜び!
王の笏よ、ついにお前はわたしのもの!
すべての死すべき者の欲望は
静かにお前の中に潜んでいるのだ
もうすぐ死んで倒れるだろう
王になると予言されたかの者は


第3場
公園。遠くにマクベスの城。

【刺客の合唱】
Ⅰ.誰がわれらに集まれと言ったのだ?
Ⅱ.マクベス様だ
Ⅰ.で、何をしろと?
Ⅱ.バンクオーを殺さねばならぬのだ
Ⅰ.いつ?...どこでだ?...
Ⅱ.お前たちと一緒に
息子と一緒に奴はここに来る
Ⅰ.待ち伏せしよう きっとうまく行く

【全員で】
太陽は姿を消した...夜は支配する
邪悪さと - そして流血を
夜の闇よ、急いで消し去れ
大地と天のすべての光を
時は近い!...さあ隠れるぞ
沈黙の中で、奴を待ち伏せだ
震えよ バンクオー! - 貴様の脇腹を
このナイフの切っ先が刺すのだ!
[去る]


第4場
バンクオーとフリーアンス

【バンクオー】
気を付けて進め、わが息子よ...
この闇から早く抜け出そう ...言い知れぬ不安が
わが胸に生まれるのを感じるのだ
悪い予兆と疑惑に満ちた不安が
何と空は陰鬱なことか
影がいつもより暗くのしかかっている!
あの夜もちょうどこんな感じであった
ダンカン王、わが主君が刺殺されたのも
千もの忌わしいイメージが
災いを私に告げているようだ
そして、私の思いには立ちふさがる
亡霊とそして恐怖が
[彼らは公園に入って行く]
[バンクオーの声 舞台裏から]
ああ!...逃げろ、息子よ...裏切り者だ!

フリーアンス 刺客に追われ舞台を横切って行く


第5場
壮大な大広間 祝宴が準備されている
マクベス、マクベス、マクダフ、マクベス夫人、淑女たちと騎士たち

【合唱】
ばんざい、王様!

【マクベス】
有難う諸君、気高い紳士たちよ

【合唱】
ばんざい、王妃様!

【夫人】
皆さま方の祝賀に感謝で返礼致しましょう

【マクベス】
それではご着席を
席次に従って
私はお迎えできたことに満足しています
これほどのお客様をこの宴に
わが妻も座らせて頂きましょうぞ
彼女のための王妃の席に
しかしその前に、彼女には乾杯の
音頭を取る栄誉に浴させて頂ければ有難い

【夫人】
あなたの王としてのご指名に
私は従いましょう 閣下

【合唱】
そして、あなた様は返礼を聞かれるでしょう
私たちの心からの

【夫人】
さあ 杯を満たしましょう
選りすぐりのワインで
喜びが生まれ
悲しみは死ぬのです
われらから逃げ去るでしょう
憎しみや怒りは
栄え 支配するのは
ただ愛だけです
味わいましょう 妙薬を
すべての傷を癒し
新しい命を
心に再び生み出してくれる
追い払いましょう よどんだ
胸の不安を
喜びが生まれ
悲しみは死ぬのです

【全員】
[繰り返す]
追い払いましょう よどんだ
胸の不安を
喜びが生まれ
悲しみは死ぬのです


第6場
前場の登場人物。戸口のところに現れた刺客のひとり。マクベスは彼のところへ行く

【マクベス】
[小声で]
お前の顔は血で汚れておるな

【刺客】
これはバンクオーのものです

【マクベス】
本当か?

【刺客】
はい

【マクベス】
で、やつの息子は?

【刺客】
取り逃がしました!

【マクベス】
何と!...しかしバンクオーは?

【刺客】
死にました

マクベスは刺客にその場を離れるよう合図する


第7場
刺客以外の前場の登場人物

【夫人】
[マクベスに近づいて]
どうして離れておられるのですが 王にしてわが夫よ
この喜ばしき祝宴から?...

【マクベス】
バンクオーがここに欠けておるのだ!あの勇者こそ
この選ばれた場を締めくくるのに
もっともふさわしい男なのだ
われらの王国全体を眺めても

【夫人】
来られるとおっしゃっていましたが、来ておりませんね

【マクベス】
では私が彼の代わりに座ることにしよう
[マクベスは座ろうとしに行く。だが彼だけに見えるバンクォーの亡霊がその席を占めている]
誰がこんなことをしたのだ?

【全員】
あなたは何をおっしゃっているのですか?

【マクベス】
[亡霊に向かって]
私に言うな、私に言うな、私がやったなどと!...
その血みどろの髪を私に向かって振らないでくれ...

【全員】
[立ち上がる]
マクベス殿がおかしくなられた!我々は帰りましょうぞ...

【夫人】
お待ちください!...この病もすぐ治りましょう...
[マクベスに小声で]
あなた男でしょ?

【マクベス】
そうだ、しかも豪胆な男だ
たとえ私がこんな姿を見ていようともだ 悪魔でさえ
恐怖するであろう姿をな...そこ...そこに...お前には見えぬのか?
[亡霊に向かって]
ああ、お前がその髪を振り乱すことができるのなら
言ってくれ!墓は殺害された者を甦らせることができるのか?
[亡霊は消える]

【夫人】
[マクベスに小声で]
あなた おかしいわよ!

【マクベス】
この目は確かに奴を見たのだ...

【夫人】
[強い調子で]
お座り下さい、わが夫よ!お客様方が皆不安になりましょう
喜びをまた目覚めさせるのです!

【マクベス】
皆様方 申し訳ない
再び幸せな乾杯を鳴り響かせましょうぞ
今ここに居らぬバンクオーのことを忘れぬように

【夫人】
さあ 杯を満たしましょう
選りすぐりのワインで
喜びが生まれ
悲しみは死ぬのです
われらから逃げ去るでしょう
憎しみや怒りは
栄え 支配するのは
ただ愛だけです
味わいましょう 妙薬を
すべての傷を癒し
新しい命を
心に再び生み出してくれる
飲み干しましょう 輝かしき
バンクオーのために このグラスを!
戦士たちの華にして
スコットランドの名誉である彼に

【全員】
[繰り返す]

再び亡霊が現れる

【マクベス】
[おののいて]
去れ 地獄の魂よ!...口を開き
大地よ それを飲み込め... 燃え上がらせろ その骨を!
沸き立つの血が私の顔に降りかかる!
その視線を私の顔に向け - 心臓までを刺し貫くのだ!

【全員】
災​​いだ!恐怖だ!

【マクベス】
どれ程の者が私より勇敢だというのか!
トラよ、ライオンよ 襲いかかるが良い...
掴みかかられようと ...マクベスが震えるのを見ることはない
さあ知るがいい - 私が恐怖を感じているかどうか...
だが、立ち去れ!ああ 立ち去れ 恐ろしき亡霊よ!
[亡霊は消える]
ああ 助かった!

【夫人】
[マクベスに小声で]
(恥を知りなさい、あなた!)

【マクベス】
私の血をあの亡霊は求めている
そしてそうなるのだ そうなるのだ、誓ってもよい!
この未来のヴェールを
魔女のところへ行って引きちぎって来ようぞ

【夫人】
[マクベスに]
臆病な魂よ!あなたの恐怖心が
幻の亡霊を生み出したのですよ
犯罪はもうなされている
死んだ者は甦ることはないのです

【マクダフ】
不吉な謎だ!...逃げた方が良いな
この地を ここは落ちてしまったようだ
呪われた手の内に
もはや邪悪な者しか 生きることはできぬのだ

【全員】
不吉な謎だ!おびえつつ
亡霊と彼は話していた!
盗賊どもの巣窟に
この地はなってしまったのだ
ATTO SECONDO

SCENA I
Stanza nel castello.
Macbeth pensoso, seguito da Lady Macbeth.

LADY
Perché mi sfuggi, e fiso
Ognor ti veggo in un pensier profondo?
Il fatto è irreparabile! Veraci
Parlar le maliarde, e re tu sei.
Il figlio di Duncan, per l'improvvisa
Sua fuga in Inghilterra,
Parricida fu detto, e vuoto il soglio
A te lasciò.

MACBETH
Ma le spirtali donne
Banco padre di regi han profetato...
Dunque i suoi figli regneran? Duncano
Per costor sarà spento?

LADY
Egli e suo figlio vivono, è ver...

MACBETH
Ma vita immortale non hanno...

LADY
Ah si, non l'hanno!

MACBETH
Forz'è che scorra un altro sangue, o donna!

LADY
Dove? Quando?

MACBETH
Al venir di questa notte.

LADY
Immoto sarai tu nel tuo disegno?

MACBETH
Banco! l'eternità t'apre il suo regno...
Parte precipitoso


SCENA II
Lady sola.

LADY
La luce langue, il faro spegnesi
Ch'eterno corre per gli ampi cieli!
Notte desiata provvida veli
La man colpevole che ferirà.
Nuovo delitto! E' necessario!
Compiersi debbe l'opra fatale.
Ai trapassati regnar non cale;
A loro un requiem, l'eternità.
con trasporto
O voluttà del soglio!
O scettro, alfin sei mio!
Ogni mortal desio
Tace e s'acqueta in te.
Cadrà fra poco esanime
Chi fu predetto re.


SCENA III
Parco. In lontananza il castello di Macbeth.

CORO DI SICARI
I. Chi v'impose unirvi a noi?
II. Fu Macbetto.
I. Ed a che far?
II. Deggiam Banco trucidar.
I. Quando?... Dove?...
II. Insiem con voi.
Con suo figlio ei qui verrà.
I. Rimanete, or bene sta.

TUTTI
Sparve il sol... la notte or regni
Scellerata, - insanguinata.
Cieca notte, affretta e spegni
Ogni lume in terra e in ciel.
L'ora è presso!... or n'occultiamo,
Nel silenzio lo aspettiamo.
Trema, o Banco! - nel tuo fianco
Sta la punta del coltel!
Partono


SCENA IV
Banco e Fleanzio.

BANCO
Studia il passo, o mio figlio...
usciam da queste tenebre...un senso ignoto
Nascer mi sento il petto,
Pien di tristo presagio e di sospetto.
Come dal ciel precipita
L'ombra più sempre oscura!
In notte ugual trafissero
Duncano, il mio signor.
Mille affannose immagini
M'annunciano sventura,
E il mio pensiero ingombrano
Di larve e di terror.
Si perdono nel parco.
Voce di Banco entro la scena:
Ohimé!...Fuggi, mio figlio!...oh tradimento!

Fleanzio attraversa la scena inseguito da un sicario


SCENA V
Magnifica sala. Mensa imbandita.
Macbeth, Lady Macbeth, Macduff, Dama di Lady Macbeth, Dame e Cavalieri.

CORO
Salve, o Re!

MACBETH
Voi pur salvete, nobilissimi signori.

CORO
Salve, o donna!

LADY
Ricevete la merce' dei vostri onori.

MACBETH
Prenda ciascun l'orrevole
Seggio al suo grado eletto.
Pago son io d'accogliere
Tali ospiti a banchetto.
La mia consorte assidasi
Nel trono a lei sortito,
Ma pria le piaccia un brindisi
Sciogliere, a vostr'onor.

LADY
Al tuo regale invito
Son pronta, o mio signor.

CORO
E tu ne udrai rispondere
Come ci detta il cor.

LADY
Si colmi il calice
Di vino eletto;
Nasca il diletto,
Muoia il dolor.
Da noi s'involino
Gli odi e gli sdegni,
Folleggi e regni
Qui solo amor.
Giustiamo il balsamo
D'ogni ferita,
Che nova vita
Ridona al cor.
Cacciam le torbide
Cure dal petto;
Nasca il diletto,
Muoia il dolor.

TUTTI
Ripetono
Cacciam le torbide
Cure dal petto;
Nasca il diletto,
Muoia il dolor.


SCENA VI
I precedenti. Un Sicario si affaccia ad un uscio laterale. Macbeth gli si fa presso.

MACBETH
sottovoce
Tu di sangue hai brutto il volto.

SICARIO
E' di Banco.

MACBETH
Il vero ascolto?

SICARIO
Si.

MACBETH
Ma il figlio?

SICARIO
Ne sfuggì!

MACBETH
Cielo!... e Banco?

SICARIO
Egli morì

Macbeth fa cenno al Sicario, che parte


SCENA VII
I precedenti, meno il Sicario.

LADY
avvicinandosi a Macbeth
Che ti scosta, o re mio sposo,
Dalla gioia del banchetto?...

MACBET:
Banco falla! il valoroso
Chiuderebbe io serto eletto
A quant'avvi di più degno
Nell'intero nostro regno.

LADY
Venir disse, e ci mancò.

MACBETH
In sua vece io sederò.
Macbeth va per sedere. Lo spettro di Banco, veduto solo da lui, ne occupa il posto
Di voi chi ciò fece?

TUTTI
Che parli?

MACBETH
allo spettro
Non dirmi, non dirmi ch'io fossi!...
Le ciocche cruente non scuotermi incontro...

TUTTI
sorgono
Macbetto è soffrente! Partiamo...

LADY
Restate!... Gli è morbo fugace...
piano a Macbeth
E un uomo voi siete?

MACBETH
Lo sono, ed audace
S'io guardo tal cosa che al dimone istesso
Porrebbe spavento...là...là...nol ravvisi?
allo spettro
Oh, poi che le chiome scrollar t'è concesso,
Favella! il sepolcro può render gli uccisi?
L'Ombra sparisce

LADY
piano a Macbeth
Voi siete demente!

MACBETH
Quest'occhi l'han visto...

LADY
forte
Sedete, o mio sposo! Ogni ospite è tristo.
Svegliate la gioia!

MACBETH
Ciascun mi perdoni:
Il brindisi lieto di nuovo risuoni,
Né Banco obliate, che lungi è tuttor.

LADY
Si colmi il calice
Di vino eletto;
Nasca il diletto,
Muoia il dolor.
Da noi s'involino
Gli odi e gli sdegni,
Folleggi e regni
Qui solo amor.
Giustiamo il balsamo
D'ogni ferita,
Che nova vita
Ridona al cor.
Vuotiam per l'inclito
Banco i bicchieri!
Fior de' guerrieri,
Di Scozia onor.

TUTTI
ripetono

Riappare lo spettro

MACBETH
spaventato
Va, spirto d'abisso!... Spalanca una fossa,
O terra l'ingoia... Fiammeggian quell'ossa!
Quel sangue fumante mi sbalza nel volto!
Quel guardo a me volto - trafiggemi il cor!

TUTTI
Sventura! terrore!

MACBETH
Quant'altri io pur oso!
Diventa pur tigre, leon minaccioso...
M'abbanca... Macbetto tremar non vedrai,
Conoscer potrai - s'io provi timor...
Ma fuggi! deh, fuggi, fantasma tremendo!
L'Ombra sparisce
La vita riprendo!

LADY
piano a Macbeth
(Vergogna, signor!)

MACBETH
Sangue a me quell'ombra chiede
E l'avrà, l'avrà, lo giuro!
Il velame del futuro
Alle streghe squarcierò.

LADY
a Macbeth
Spirto imbelle! il tuo spavento
Vane larve t'ha creato.
Il delitto è consumato:
Chi morì tornar non può.

MACDUFF
Biechi arcani!... s'abbandoni
Questa terra: or ch'ella è retta
Da una mano maledetta
Viver solo il reo vi può.

TUTTI
Biechi arcani! sgomentato
Da fantasmi egli ha parlato!
Uno speco di ladroni
Questa terra diventò.


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|