オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第3幕

第1場
暗い洞窟。煮え立った大釜が中央にある。雷と稲妻


【魔女たち】
Ⅰ.三度にゃあと鳴いたぞ さかりのついたネコが
Ⅱ.三度嘆いて啼いたぞ ヤツガシラが
Ⅲ.三度 風に向かって鳴いたぞ ヤマアラシが

【全員】
時間になったよ
さあおいで!すばやくかき回せ 大釜を
強力なソースをぐるぐるかき混ぜろ
姉妹たちよ、仕事だよ!もう湯煙が立ち
はじけて泡立ってるよ
[大釜の中に投げ込む]

Ⅰ.お前、毒のあるヒキガエル
トリカブトを吸ってできた毒を
お前、スモモに、お前、ブライアー
夕暮れ時に摘んだもの
さあ グツグツと煮えるがいい
地獄の釜の中で

Ⅱ.お前、マムシの舌
お前、コウモリの毛
お前、猿の血、
お前、犬の歯、
さあ 煮立って混ざり込め
地獄の煮汁に

Ⅲ.お前、赤子の指
出生時に首を絞めたもの
お前、タタール人の唇
お前、異端者の心臓
さあ 中に入って 溶け込め
地獄の粥に

【全員】
[周りを踊りながら]
そしてお前たち、霊よ
黒や白
赤や青の
よくかき混ぜろ!
お前たち かき混ぜ方は
良く知ってるだろ
よくかき混ぜろ! よくかき混ぜろ!


第2場
マクベスと魔女たち

【マクベス】
[入ってきて、彼の部下の何人かに話しかける]
呼び出すまでは、静かに待っておれ
[魔女に向かって進み出て]
何をしているのだ 不思議な女たちよ?

【魔女たち】
[厳粛に]
名も無い仕事だよ

【マクベス】
地獄の仕事を私はお前たちに頼みたい!
私は自分の運命を知りたいのだ たとえ天と地が
過去の戦争を繰り返す羽目になろうとも

【魔女たち】
未知の力からあんたは聞きたいかい
あたしたちが仕えるご主人さまに、それともあたしたちから?

【マクベス】
そいつを呼び出してくれ もしもその予言が
暗闇の謎を明るくすることができるのなら

【魔女たち】
地の底から 高みから
さまよう霊たちよ、昇って来い、降りて来い!

稲妻が光り、地の底から兜をかぶった幻影が現れる

【マクベス】
話してくれ 精霊よ...

【魔女たち】
霊はもうお前の心の中を読み取っているよ
黙ってお聞き その秘密の言葉を

【幻影】
おおマクベス!マクベス!マクベス!
マクダフには注意しろ

【マクベス】
抱いていた疑いを明らかなものにしてくれた!
ではあと一言...

幻影は消える

【魔女たち】
要求には応えてくれないのさ
だが別のもっと強力なのが来たぞ
[雷鳴 血まみれの子が現れる]
黙ってお聞き その秘密の言葉を

【幻影】
おおマクベス!マクベス!マクベス!
血にまみれ 獰猛でいられるのなら
女から生まれた者は誰もお前に危害を加えることはない
[消える]

【マクベス】
おおマクダフよ、お前の命は助けてやるぞ...
[激しく]
いや!...死ぬのだ!わが王家の胸にとって
二重の鎧となるのだからな 貴様の死は!
[雷鳴と稲妻:王冠をかぶり苗木を手にした子が現れる]

だが何を警告しておるのだ あの電光と雷鳴は?...
王家の冠をつけた子ではないか!

【魔女たち】
黙ってお聞き

【幻影】
心を強く持て
栄光に満ち、無敵であろう
あのバーナムの森が
整然と お前に向かって動いてくるまでは
[消える]

【マクベス】
幸せな予言だ!魔法の力でも
これまで森が動いたことはないぞ
[魔女たちに]
では言え、私の王座に上るのか
バンクォーの子孫が?

【魔女たち】
探るな!

【マクベス】
それが知りたいのだ!それが知りたいのだ
言わねばお前らの上に私の剣が落ちるぞ!
[大釜が地に沈む]
大釜が消えた!なぜだ?
[地下からバグパイプの音]
何の音楽だ!言え!これは何だ?

【魔女たち】
Ⅰ.現れよ!
Ⅱ.現れよ!
Ⅲ.現れよ!

【全員】
それから霧のようにまた消えろ

八人の王たちが一人また一人と通り過ぎて行く 最後にバンクオーが手に鏡を持って現れる

【マクベス】
[最初の王に]
消え去れ 王家の亡霊よ
お前はバンクオーにそっくりだ!
お前の王冠は稲妻だ
私の目を焼き焦がす!
[二番目の王に]
消え去れ、恐ろしい幻影よ
額に王家の帯を巻いている!
[他の王たちに]
他にもまだ出てくるのか?...
三人目?...四人目?...五人目?
おお恐ろしや!...最後のは
その手に鏡を光らせておる
新しい王たちが映しだされているのだな
そのガラスの内に...
そしてバンクオー、ああ、恐ろしい光景だ!
彼らを指さしながら私を笑っているぞ?
死ね、おぞましき子孫どもめ​​!
[剣を抜いて幻影に踊りかかるが すぐに立ち止まり]
ああ、お前たちに命はなかったのだな!
[魔女たちに]
こいつらが生きることになるのか?

【魔女たち】
そうだよ

【マクベス】
おお私の負けだ!
[気を失う]

【魔女たち】
気絶したね!...大気の精霊よ
気絶した王の正気を戻しておくれ!


第3場
精霊たちが下りきてマクベスのまわりを踊る、魔女たちは次のように歌う

【合唱】
オンディーヌにシルフよ
白い翼で
この蒼ざめた
額に風を送れ
大渦巻きを紡ぎ出せ
調和の取れたキャロルで
そして五感と魂を
慰めておやり

精霊や魔女たちは消える


第4場
マクベス夫人、マクベスと伝令

【マクベス】
ここはどこだ?...皆逃げ去ったか!...ああ これから何世紀でも
呪われていろ 永遠にこの時間め!

【伝令】
王妃様です

【マクベス】
(何ごとだ?)

【夫人】
[入ってくる]
やっと見つけましたわ!何をしてたのです?

【マクベス】
再び魔女たちに尋ねていたのだ

【夫人】
それで答えは何と?

【マクベス】
マクダフに注意せよと

【夫人】
続けて

【マクベス】
女から生まれた者が私を殺すことはないと

【夫人】
それから

【マクベス】
私は無敵だと あの
バーナムの森が私に向かって進んでくるまでは

【夫人】
続けて

【マクベス】
だが バンクオーの子孫たちが現れた
そして、彼らが支配するであろうと!

【夫人】
嘘です!
死と破壊をあの悪しき一族に!

【マクベス】
そうだ 死を!マクダフの城を燃やしてしまえ!
妻と子供たちも滅ぼすのだ!

【夫人】
バンクオーの息子も探し出して殺すのよ!

【マクベス】
すべての血を流すのだ われらの敵の!

【夫人】
昔の勇敢さを取り戻したようですね

【ふたり】
死と復讐の時よ
雷鳴よ、地球全体に鳴り響け
耳をつんざけ 暗い情念のように
心臓の筋をみな麻痺させろ
死の時よ、今こそ急いで来たれ!
消すことのできない運命は記している:
この企ては罪を重ねなければならぬ
なぜなら血で始められたことなのだから
ATTO TERZO

SCENA I
Un'oscura caverna. Nel mezzo una caldaia che bolle. Tuoni e lampi.

STREGHE
I. Tre volte miagola la gatta in fregola.
II. Tre volte l'upupa lamenta ed ulula.
III. Tre volte l'istrice guaisce al vento.

TUTTE
Questo è il momento.
Su via! sollecite giriam la pentola,
Mesciamvi in circolo possenti intingoli:
Sirocchie, all'opera! l'acqua già fuma,
Crepita e spuma.
gettando nella caldaia

I. Tu, rospo venefico
Che suggi l'aconito,
Tu, vepre, tu, radica
Sbarbata al crepuscolo
Va', cuoci e gorgoglia
Nel vaso infernal.

II. Tu, lingua di vipera,
Tu, pelo di nottola,
Tu, sangue di scimmia,
Tu, dente di bòtolo,
Va', bolli e t'avvoltola
Nel brodo infernal.

III. Tu, dito d'un pargolo
Strozzato nel nascere.
Tu, labbro d'un Tartaro,
Tu, cuor d'un eretico,
Va' dentro, e consolida
La polta infernal.

TUTTE
danzando intorno
E voi, Spirti
Negri e candidi,
Rossi e ceruli,
Rimescete!
Voi che mescere
Ben sapete,
Rimescete! Rimescete!


SCENA II
Macbeth e le precedenti.

MACBETH
sull'ingresso, parlando ad alcuno de'suoi
Finché appelli, silenti m'attendete.
Si avanza verso le Streghe
Che fate voi, misteriose donne?

STREGHE
con solennità
Un'opra senza nome.

MACBETH
Per quest'opra infernal io vi scongiuro!
Ch'io sappia il mio destin, se cielo e terra
Dovessero innovar l'antica guerra.

STREGHE
Dalle incognite posse udire lo vuoi,
Cui ministre obbediam, ovver da noi?

MACBETH
Evocatele pur, se del futuro
Mi possono chiarir l'enigma oscuro.

STREGHE
Dalle basse e dall'alte regioni,
Spirti erranti, salite, scendete!

Scoppia un fulmine e sorge da terra un capo coperto d'elmo

MACBETH
Dimmi, o spirto...

STREGHE
T'ha letto nel cuore;
Taci, e n'odi le voci segrete.

APPARIZIONE
O Macbetto! Macbetto! Macbetto!
Da Macduff ti guarda prudente.

MACBETH
Tu m'afforzi l'ascolto sospetto!
Solo un motto...

L'apparizione sparisce

STREGHE
Richieste non vuole.
Ecco un altro di lui più possente.
Tuono: apparisce un fanciullo insanguinato
Taci, e n'odi le occulte parole.

APPARIZIONE
O Macbetto! Macbetto! Macbetto!
Esser puoi sanguinario, feroce:
Nessun nato di donna ti nuoce.
Sparisce

MACBETH
O Macduffo, tua vita perdono...
feroce
No!... morrai! sul regale mio petto
Doppio usbergo sarà la tua morte!
Tuoni e lampi: sorge un fanciullo coronato che porta un arboscello
Ma che avvisa quel lampo, quel tuono?...
Un fanciullo col serto dei Re!

STREGHE
Taci, ed odi.

APPARIZIONE
Sta' d'animo forte:
Glorioso, invincibil sarai
Fin che il bosco di Birna vedrai
Ravviarsi, e venir con te.
Sparisce

MACBETH
Lieto augurio! Per magica possa
Selva alcuna giammai non fu mossa.
alle Streghe
Or mi dite: salire al mio soglio
La progenie di Banco dovrà?

STREGHE
Non cercarlo!

MACBETH
Lo voglio! lo voglio,
o su di voi la mia spada cadrà!
La caldaia cala sotterra
La caldaia è sparita! perché?
suono sotterraneo di cornamusa
Qual concento! Parlate! Che v'è?

STREGHE
I. Apparite!
II. Apparite!
III. Apparite!

TUTTE
Poi qual nebbia di nuovo sparite.

Otto Re passano l'uno dopo l'altro. Da ultimo viene Banco con uno specchio in mano

MACBETH
al primo
Fuggi, regal fantasima,
Che Banco a me rammenti!
La tua corona è folgore,
Gli occhi mi fai roventi!
al secondo
Via, spaventosa immagine,
Che il crin di bende hai cinto!
agli altri
Ed altri ancor ne sorgono?...
Un terzo?... un quarto?... un quinto?
O mio terror!... dell'ultimo
Splende uno specchio in mano.
E nuovi Re s'attergano
Dentro al cristallo arcano...
È Banco, ahi, vista orribile!
Ridendo a me li addita?
Muori, fatal progenie!
Trae la spada, s'avventa sugli spettri, poi s'arresta
Ah, che non hai tu vita!
alle Streghe
Vivran costor?

STREGHE
Vivranno.

MACBETH
Oh me perduto!
Perde i sensi

STREGHE
Ei svenne!... Aerei spirti,
Ridonate la mente al Re svenuto!


SCENA III
Scendono gli spirti, e mentre danzano intorno a Macbeth, le Streghe cantano il seguente

CORO
Ondine e Silfidi
Dall'ali candide,
Su quella pallida
Fronte spirate.
Tessete il vortice
Carole armoniche,
E sensi ed anima
Gli confortate.

Spirti e Streghe spariscono


SCENA IV
Lady Macbeth, Macbeth e Araldo.

MACBETH
Ove son io?... fuggiro!...Oh, sia ne secoli
Maledetta quest'ora in sempiterno!

ARALDO
La regina

MACBETH
(Che?)

LADY
entrando
Vi trovo alfin! Che fate?

MACBETH
Ancora le streghe interrogai.

LADY
E disser?

MACBETH
Da Macduffo ti guarda.

LADY
Segui.

MACBETH
Te non ucciderà nato da donna.

LADY
Segui.

MACBETH
Invitto sarai finché la selva
Di Birna contro te non mova.

LADY
Segui.

MACBETH
Ma pur di Banco apparvemi la stirpe...
E regnerà!

LADY
Menzogna!
Morte e sterminio sull'iniqua razza!

MACBETH
Sì morte! Di Macduffo arda la rocca!
Perano moglie e prole!

LADY
Di Banco il figlio di rinvenga, e muoia!

MACBETH
Tutto il sangue si sperda a noi nemico!

LADY
Or riconosco il tuo coraggio antico.

A DUE
Ora di morte e di vendetta,
Tuona, rimbomba per l'orbe intero,
Come assordante l'atro pensiero
Del cor le fibre tutte intronò.
Ora di morte, ormai t'affretta!
Incancellabile il fato ha scritto:
L'impresa compiere deve il delitto
Poiché col sangue si inaugurò.


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|