オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第4幕

第1場
スコットランドとイングランドの国境の荒れ地 遠くにバーナムの森がある
スコットランドからの亡命者たち、男、女、子供。マクダフは絶望して離れたところに立っている

【合唱】
虐げられた祖国よ!優しい名前も
いいや、お前はもう母という名を持つこともできぬのだ
お前のすべての息子たちが
墓の中へと入ってしまったのだから
孤児たちの そして嘆きにくれる
夫や子供を亡くした者たちの
新たな太陽が昇るたびの
叫び声は天に昇り 天を悲しませる
その叫びに天は応えられる
憐れみを感じて
無限に伝えていこうと
虐げられた祖国よ、お前の悲しみよ
死者のために永遠に鐘は鳴り続けるだろう
しかし、誰にも勇気がないのだ
ただ涙を流し続けることの
苦しむ者や 死せる者たちのために

【マクダフ】
おお子供たちよ、わが子供たちよ!あの暴君に
お前たちはみな殺された 一緒にいた
不幸な母親までもが!...ああ
あの虎の爪のもとに 私は母と子供を残してきてしまったのか?
ああ、この父の手は
全く守れなかったのだ 愛しきものたちよ
危険な暗殺者が
お前たちを殺すのを
亡命し 隠れていた私を
お前たちは呼んだが 無駄であった
お前たちが最後のあがきと
最後の息をする日であったのに
あの暴君の目の前にお連れ下さい
主よ!それでもなお奴が私から逃げるのなら
その腕を奴に広げて
御身の許しを奴に与えても構わない


第2場
ドラムの音と共にマルコムが登場 多くのイギリス兵を率いている

【マルコム】
ここはどこだ?あの森は?

【合唱】
バーナムの森です!

【マルコム】
それぞれ折り取って、枝を手に持ち
身をひそめるのだ その陰に
[マクダフに]
復讐があなたの慰めにもなろう

【マクダフ】
それはできないのです...奴には子がいない!

【マルコム】
祖国を憎んでおらぬ者は
みな武器を取れ 私に続け

マルコムとマクダフは剣を取る

【全員】
裏切られた祖国が
泣きながらわれらを呼んでいる!
兄弟たちよ!虐げられた祖国を
救いに馳せ参じよう
神の怒りは
敵を打ち砕くのだ
その恐ろしい罪に
主は愛想を尽かされているからな


第3場
第1幕と同じマクベスの城でのシーン 夜
医師とマクベス夫人の侍女

【医師】
二晩待ったが 何も起こらなかったな

【侍女】
きっと現れますわ

【医師】
眠りながら何を話しているのだ?

【侍女】
生きている人間が繰り返すのは無理です...彼女があそこに!


第4場
マクベス夫人、前場の登場人物

【医師】
手に持っているランプは?

【侍女】
あのランプはいつも
ベッドの隣に置いてあるものです

【医師】
ああ、何と大きく目を見開いて!

【侍女】
ですが何もご覧になっておられません

夫人はランプを下に置いて、そして両手をこする、まるで何かを拭い取ろうとするかのように

【医師】
なぜ手をこすっているんだ?

【侍女】
洗っているとお思いに!

【夫人】
血の痕がまだここにあるわ...
消えなさい、言ってるでしょ、呪われろ!...
一...二時...時間になったわ!
震えているの!... 入りたくないの?
戦士がそんなに臆病なの?
おお情けない!...さあ、急ぎなさい!...
でも誰が知っていたでしょう あんな老いぼれに
こんなにたくさんの血があるなんて?

【医師】
何と話しているのだ?...

【夫人】
ファイフの殿は
夫で父親だったのに 今はそうではないの?...
一体何が起こったの?...
[両手を見つめて]
そして、もうこの手をきれいにすることはできないの?...

【侍女と医師】
おお 恐ろしい!...

【夫人】
血のあとが
まだここにある...アラビアじゅう探しても
そう この小さな手を清める
香油はもう見つからないのね
ああ!...

【医師】
ため息か?

【夫人】
部屋着を着て
夜の...さあ、行って手を洗ってきて!...
バンクオーは死んだわ そして
死んだ者はもう立ち上がることはないの

【医師】
これもまたか?...

【夫人】
寝室へ、寝室へ...
やってしまったことはもうどうにもできません...
誰かがノックを!... 、行きましょうマクベス
その蒼ざめた顔でばれないように

【侍女と医師】
ああ、王妃様にお慈悲を、主よ!


第5場
城の部屋 - マクベス

【マクベス】
裏切り者め!イングランドと組んで私に刃向かうか!
強力な予言者が私にこう言っておるのだ:
「血にまみれ 獰猛でいられるのなら
女から生まれた者は誰もお前に危害を加えることはない」と
私はお前たちなど恐れぬ、あの若造もだ
お前たちを率いる!この王座を確実なものとするだろう
この戦いは
あるいは永遠に私をそこから突き落とすかだ...だが生気が
全身から失せていくように感じる!
慈悲、尊敬、愛、
年老いた日々の慰め
そんなものが花咲くわけがあるまい
お前の白髪の齢に
そしてまたお前の王家の墓石に
優しい言葉を願うこともできぬ
罵りの言葉だけだ、ああ!
お前の弔いの歌となるのは!

【舞台裏からの叫び声】
王妃様が亡くなられた!

【マクベス】
何のうめき声だ?


第6場
夫人の侍女とマクベス

【侍女】
王妃様がお亡くなりに!

【マクベス】
[無関心で軽蔑したかのように]
命だと...誰が気にするか?...
哀れな愚か者のたわ言だ
何の意味もない風の音だ!

侍女退場


第7場
戦士たちの合唱とマクベス

【合唱】
陛下!ああ、陛下!

【マクベス】
何だ...何が起こったのだ?

【合唱】
バーナムの森が動いております!

【マクベス】
[驚いて]
謀りおったな 地獄の予言め!...
ここに持って来い 鎧を、剣を、短剣を!
勇者たちよ 武器を取れ!死か勝利かだ

【合唱】
武器を取れ!そうだ、死か勝利かだ

トランペットの音が舞台裏より。その間に場面は変わり、丘や森に囲まれた広い平原が現れる。奥にはゆっくり進んで行くイングランドの兵士たちに占められている。めいめいが自分の前に木の枝を持っている


第8場
マルコム、マクダフと兵士たち

【マルコム】
枝を捨て、手に武器を取れ!
私に従え!
[マルコム マクダフ 兵士たち退場]
武器を!武器を!

舞台裏からは戦いの轟音が聞こえてくる


第9場
マクベス マクダフに追われてくる、その後女たちの合唱

【マクダフ】
わが子供たちの殺害者め 追い詰めたぞ

【マクベス】
失せろ!女から生まれた者は
私を殺すことはできないのだ

【マクダフ】
私は生まれていない、引き裂かれたのだ
子宮の中から

【マクベス】
何と言うことだ!

剣を振るい必死に戦いながら舞台から消える



第10場

【合唱】
[舞台に現れる]
不吉な日!
子供たちのために祈りましょう!
轟音が静まった!

【舞台裏からの声】
勝利だ!...

【女たち】
[喜びにあふれて]
勝利!...


最終場
前場の登場人物、マルコムは後ろにイングランドの兵士たちを率いる、その後ろにマクベス軍の捕虜たちが続く

【マルコム】
どこへ逃げ去ったのだ
あの簒奪者は?

【マクダフ】
そこに 私に突き刺されて
[片膝を地につけて]
万歳、王様!

【合唱】
万歳、王様!
マクベスは、マクベスはどこだ?
あの簒奪者はどこなのだ?
一撃で倒されたのだ
勝利の神に
[マクダフに]
彼は勇敢な英雄だ
この裏切り者を殺した!
祖国は、王家は救われた
彼に名誉と栄光がありますように

【女たちの合唱】
御身にわが感謝が届きますように
偉大なる復讐の神よ
私たちを自由にして下さった方に
栄光の賛歌を歌いましょう

【マクダフ】
皆 王に信頼を捧げましょう
われらの愛を取り戻して下さった!
ここに現れた暁が
あなた様に平和と栄光を与えて下さらんことを!

【マルコム】
信じよ、スコットランドよ 私を
抑圧者は消えたのだ!
この喜びを永遠に
われらの勝利としようではないか
ATTO QUARTO

SCENA I
Luogo deserto ai confini della Scozia e dell'Inghilterra. In distanza la foresta di Birnam.
Profughi scozzesi, Uomini, Donne, Fanciulli. Macduff in disparte, addolorato.

CORO
Patria oppressa! il dolce nome
No, di madre aver non puoi,
Or che tutta a figli tuoi
Sei conversa in un avel.
D'orfanelli e di piangenti
Chi lo sposo e chi la prole
Al venir del nuovo Sole
S'alza un grido e fere il Ciel.
A quel grido il Ciel risponde
Quasi voglia impietosito
Propagar per l'infinito,
Patria oppressa, il tuo dolor.
Suona a morto ognor la squilla,
Ma nessuno audace è tanto
Che pur doni un vano pianto
A chi soffre ed a chi muor.

MACDUFF
O figli, o figli miei! da quel tiranno
Tutti uccisi voi foste, e insieme con voi
La madre sventurata!... Ah, fra gli artigli
Di quel tigre io lasciai la madre e i figli?
Ah, la paterna mano
Non vi fu scudo, o cari,
Dai perfidi sicari
Che a morte vi ferir!
E me fuggiasco, occulto,
Voi chiamavate invano,
Coll'ultimo singulto,
Coll'ultimo respir.
Trammi al tiranno in faccia,
Signore! e s'ei mi sfugge,
Possa a colui le braccia
Del tuo perdono aprir.


SCENA II
Al suono del tamburo entra Malcolm, conducendo molti soldati inglesi.

MALCOLM
Dove siam? che bosco è quello?

CORO
La foresta di Birnamo!

MALCOLM
Svelga ognuno, e porti un ramo,
Che lo asconda, innanzi a sé.
a Macduff
Ti conforti la vendetta.

MACDUFF
Non l'avrò... di figli è privo!

MALCOLM
Chi non odia il suol nativo
Prenda l'armi e segua me.

Malcolm e Macduff impugnano le spade

TUTTI
La patria tradita
Piangendo ne invita!
Fratelli! gli oppressi
Corriamo a salvar.
Già l'ira divina
Sull'empio ruina;
Gli orribili eccessi
L'Eterno stancar.


SCENA III
Scena nel Castello di Macbeth come nell'Atto Primo. Notte.
Medico e Dama di Lady Macbeth.

MEDICO
Vegliammo invan due notti.

DAMA
In questa apparirà.

MEDICO
Di che parlava nel sonno suo?

DAMA
Ridirlo non debbo a uom che viva... Eccola!


SCENA IV
Lady Macbeth e precedenti.

MEDICO
Un lume recasi in man?

DAMA
La lampada che sempre
si tiene accanto al letto.

MEDICO
Oh, come gli occhi spalanca!

DAMA
E pur non vede.

Lady depone il lume e si frega le mani, facendo l'atto di cancellare qulche cosa

MEDICO
Perché sfrega le man?

DAMA
Lavarsi crede!

LADY
Una macchia è qui tuttora...
Via, ti dico, o maledetta!...
Una... Due... gli è questa l'ora!
Tremi tu?... non osi entrar?
Un guerrier così codardo?
Oh vergogna!... orsù, t'affretta!...
Chi poteva in quel vegiardo
Tanto sangue immaginar?

MEDICO
Che parlò?...

LADY
Di Fiffe il Sire
Sposo e padre or or non era?...
Che n'avvenne?...
Si guarda le mani
E mai pulire queste mani io non saprò?...

DAMA e MEDICO
Oh terror!...

LADY
Di sangue umano
Sa qui sempre... Arabia intera
Rimondar sì piccol mano
Co' suoi balsami non può.
Oimè!...

MEDICO
Geme?

LADY
I panni indossa
Della notte... Or via, ti sbratta!...
Banco è spento, e dalla fossa
Chi morì non surse ancor.

MEDICO
Questo ancor?...

LADY
A letto, a letto...
Sfar non puoi la cosa fatta...
Batte alcuno!... andiam, Macbetto,
Non t'accusi il tuo pallor.

DAMA e MEDICO
Ah, di lei pietà, Signor!


SCENA V
Sala nel Castello. - Macbeth

MACBETH
Perfidi! All'anglo contro me v'unite!
Le potenze presaghe han profetato:
"Esser puoi sanguinario, feroce;
Nessuno nato da donna ti nuoce".
No, non temo di voi, né del fanciullo
Che vi conduce! Raffermar sul trono
Questo assalto mi debbe,
O sbalzarmi per sempre... Eppur la vita
Sento nelle mie fibre inaridita!
Pietà, rispetto, amore,
Conforto ai dì cadenti,
Non spargeran d'un fiore
La tua canuta età.
Né sul tuo regio sasso
Sperar soavi accenti:
Sol la bestemmia, ahi lasso!
La nenia tua sarà!

GRIDA interne
Ella è morta!

MACBETH
Qual gemito?


SCENA VI
Dama della Regina e Macbeth.

DAMA
E' morta la Regina!

MACBETH
con indifferenza e sprezzo
La vita... che importa?...
È il racconto d'un povero idiota;
Vento e suono che nulla dinota!

la Dama parte


SCENA VII
Coro di guerrieri e Macbeth.

CORO
Sire! ah, Sire!

MACBETH
Che fu?...quali nuove?

CORO
La foresta di Birna si muove!

MACBETH
attonito
M'hai deluso, presago infernale!...
Qui l'usbergo, la spada, il pugnale!
Prodi, all'armi! La morte o la gloria.

CORO
Dunque all'armi! sì, morte o vittoria.

Suono interno di trombe. Intanto la scena si muta, e presenta una vasta pianura circondata da alture e boscaglie. Il fondo è occupato da soldati inglesi, i quali lentamente si avanzano, portando ciascheduno una fronda innanzi a sé


SCENA VIII
Malcolm, Macduff e Soldati.

MALCOLM
Via le fronde, e mano all'armi!
Mi seguite!
Malcolm, Macduff e Soldati partono
All'armi! all'armi!

Di dentro odesi il fragore della battaglia


SCENA IX
Macbeth incalzato da Macduff, poi Coro di donne.

MACDUFF
Carnefice de' figli miei, t'ho giunto.

MACBETH
Fuggi! Nato di donna
Uccidermi non può.

MACDUFF
Nato non son; strappato
Fui dal seno materno.

MACBETH
Cielo!

Brandiscono le spade e, disperatamente battendosi, escono di scena


SCENA X

CORO
entrando in scena
Infausto giorno!
Preghiam pe' figli nostri!
Cessa il fragor!

VOCI INTERNE
Vittoria!...

DONNE
con gioia
Vittoria!...


SCENA ULTIMA
I precedenti, Malcolm seguito da Soldati inglesi, i quali si trascinano dietro, prigionieri, quelli di Macbeth.

MALCOLM
Ove s'è fitto
l'usurpator?

MACDUFF
Colà da me trafitto.
piegando un ginocchio a terra
Salve, o re!

CORO
Salve, o re!
Macbeth, Macbeth ov'è?
Dov'è l'usurpator?
D'un soffio il fulminò
Il Dio della vittoria.
a Macduff
Il prode eroe egli è
Che spense il traditor!
La patria, il re salvò;
A lui onore e gloria.

CORO DONNE
Salgan mie grazie a te,
Gran Dio vendicator;
A chi ne liberò
Inni cantiam di gloria.

MACDUFF
S'affidi ognun al re
Ridato al nostro amor!
L'aurora che spuntò
Vi darà pace e gloria!

MALCOLM
Confida, o Scozia, in me;
Fu spento l'oppressor!
La gioia eternerò
Per noi di tal vittoria.


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|