オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第1幕
アッティラの宿営地近くの森

夜である 近くの小川には月の光が注いでいる

ロマンツァ

【オダベッラ】
好きなだけ泣きなさい...
好きなだけ わが心よ
今この時には 休んでいるわ
虎でさえも 私一人だけが
あちこちさまよっている
だけど いつもこの時を
私が待ち 私は求めているの

おお!流れ行く雲に
あなたではありませんか 父上 映っているのは?...
天よ!..姿が変わるわ!...
私のフォレストね

止めて おお小川よ そのざわめきを
大気よ さざめくのを止めて ...
私が愛する人たちの魂の
声が聞こえるように

デュエット

【オダベッラ】
何の足音かしら!
(フォレスト、蛮族の仮装をして現れる)

【フォレスト】
いとしい女よ!

【オダベッラ】
ああ神さま! ...

【フォレスト】
やっとあなたを見つけたぞ!

【オダベッラ】
そうよ..彼の声だわ!
あなた...あなたなの! フォレスト?あなた、私の愛する方?
フォレスト 会いたかったわ!... 心が私を窒息させそうよ!
あなたは私を避けるのですか?あなたは!そんなに激しく?

【フォレスト】
私を前にして恐ろしくはないのか?

【オダベッラ】
(われに返って)
何ですって!...あなたは何をおっしゃるの?

【フォレスト】
とぼけても無駄だ
すべて知っているんだ すべて探った!
あなたへの愛のために 怒り狂い 非常識にも
危険を顧みず 今私はここに来たのだ!
私があなたに見いだしたものが 残酷な女よ 分かるだろう...

【オダベッラ】
あなたが?...あなたが、フォレスト、そのようなことを?

【フォレスト】
そうだ 私が何者か しかと見るがいい
あなたが裏切った男だ 不実な女め
ここでは杯と歌の間で
あなたは殺人者にほほ笑んでいる...
灰の中の祖国は
あなたの心に浮かぶこともないのだ...
あなたの死に行く父の
苦悩と嘆きもまた

【オダベッラ】
あなたの短剣で私を刺して...
あなたの言葉ではなく フォレスト
呪わないでください この哀れな女を...
酷い誤解なのです!
天の父よ 御身ならお読み下さるのでしょうに
私の胸の内を 天から...
ああ!彼に伝えてください どれほど望んでいるのかを
激しい復讐を この心の中で

【フォレスト】
行け!そして悪名高い冒涜者に告げるがいい
私ひとり残るということを 奴の飢えを満たすために

【オダベッラ】
ああ!...何ということなの お願いです
ああ!私の言うことを聞いて でなければ殺して 残酷な方!

【フォレスト】
何が言いたいのだ?

【オダベッラ】
フォレスト、覚えていますか
ユディットがイスラエルを救ったことを?
あなたが戦死されたと聞いて泣き崩れたあの日から
栄光の戦場で父上と一緒に
ユディットの物語を繰り返すことを
オダベッラは主に誓ったのです

【フォレスト】
神よ..何ということだ!

【オダベッラ】
あの化け物の剣を
ご覧ください これを!主が望まれたことなのです!

【フォレスト】
オダベッラ、私はあなたの足元にひれ伏そう...

【オダベッラ】
私の胸に来て!勇気が倍になりますから!

【フォレストとオダベッラ】
ああ あなたは酔いしれる 抱擁のうちに
限りない大いなる喜びよ!
私たちに与えられたこの瞬間に
今この悲しみは消え去った!
ああ!ここで一つに溶け合って行く
ふたつの不幸な人生が...
私たちを慰め、復活させるのは
一つの希望 一つの誓いだけなのです


アッティラのテント

地上、虎の皮をかぶって横になってウルディーノが眠っている
左側の奥には半分持ち上げられたカーテンで 隔てられた別の部屋を設けている そこにアッティラが見える 非常に低い東洋風の寝台で寝ている 同じように虎の皮をかぶっている


アリア

【アッティラ】
(驚いて飛び起きる)
ウルディーノ! ウルディンよ!

【ウルディーノ】
王様!

【アッティラ】
お前は見なかったのか?

【ウルディーノ】
何をでございますか?

【アッティラ】
お前には聞こえなかったのか?

【ウルディーノ】
私ですか?何も

【アッティラ】
だが激しく
ここをうろついておった わしに話しかけてきた...
その声は
洞窟の中の風のようであったぞ!

【ウルディーノ】
おお王様 あたりは
皆 静まっております..徹夜の歩哨の
足音がするのみです

【アッティラ】
忠実なる者よ 聞け!
わが魂を膨れあがらせて
ローマの前に立ち現れたとき
わしの前に 巨大なひとりの老人が現れ
わしの髪をつかんだ...
五感は麻痺させられ
手は剣の上で凍りついた
そやつはわしの顔に微笑んで
そしてわしにこう命じたのじゃ
鞭をお前が負わせられるのは
人間に対してのみのこと
立ち去れ!...門は閉ざされておるぞ
ここは神々のおわす土地じゃ! と
わしの中に その響きはまだ残っておる
陰鬱に 致命的に
アッティラへの胸の魂は
恐怖で凍りついたのだ

【ウルディーノ】
恐ろしや!われらは何をしなければならないのですか?

【アッティラ】
(気を取り直し)
今 わしの感覚は解放されておる!
わが恐れには恥じ入るばかりじゃ
ドルイド神官たちを 諸侯を 王たちを呼び出せ
風よりも速く
邪悪なローマよ お前のところへ飛んで行くぞ
(ウルディーノ退出)
国境を越え
わしは待つぞ おお亡霊め!
アッティラにそれを禁じることなど
誰ができようぞ?
見るが良い 恐れおののいて
わしがそこを退くかどうかを
それとも最後にわしが復讐して
世界をわがものにするのかどうかを


フィナーレ

ウルディーノが舞台に登場する 諸侯と王たちも

【合唱】
お話し下さい ご命令を

【アッティラ】
わが勇敢なる軍勢よ
皆で侵攻せよ 進軍ラッパの響きと共に
ヴォータンがお前たちを栄光に導くだろう
ただちに動くのだ

【合唱】
ヴォータンに栄光あれ
ラッパの一吹きで われらは血に誘われましょう
いつでも準備ができております あなた様の忠実な僕は
ヴォータンに栄光あれ

【少年たちと少女たち】
(舞台裏 遠くから)
さあ 心をお訪ねください
おお創造主の精霊よ...

【アッティラ】
何ごとだ!

【少年たちと少女たち】
御身の額より雨と
降らせたまえ 生命の宝物を

【アッティラ】
これはこだまではないぞ
わがラッパの!開けろ あそこだ!...


アッティラの宿営地

奥の丘の上から進み出て来るのは
レオーネと6人の長老に率いられた行列
白のローブをまとい手にヤシの葉を持った乙女と子供たちの一団である
舞台は武装したアッティラの軍勢で溢れている  群衆の中よりフォレスト 及び兜を取ったオダベッラ そして前場の人物たちが現れる

【ウルディーノと合唱】
誰が来ているのだ?

【少年たちと少女たち】
(進み出て)
あやまてる感覚を照らし
愛をこの胸に吹き込みたまえ
敵を倒し 与えたまえ
美しく清らかなる平和を

【アッティラ】
(次第に動揺して)
ウルディーノ!あれがその陰鬱な亡霊だ!...
こいつに挑んでやるぞ...誰だ わしを引き止めるのは?

【レオーネ】
鞭をお前が負わせられるのは
人間に対してのみのこと
立ち去れ!...門は閉ざされておるぞ
ここは神々のおわす土地じゃ!

【アッティラ】
何ということだ!言葉も同じだ
わしを襲ったあのとてつもない幻影と
(突然の恐怖に圧倒されて天を仰ぐ)
違う!...今 わしの魂に侵入しておるのは夢ではない!
天を覆う二人の巨人だ...

炎がその目に 剣も燃えている...
燃える切っ先はわしに向けられておるのだ

ああ!...亡霊よ 止めてくれ
人は退くぞ
神々の前で王はひれ伏すのだ!

【ウルディーノ】
兄弟の叫びに耳を貸さず
血と戦いのみを求めしわれに
ごくわずかな弱き者の声が
なぜこのような新しい感情を駆り立てるのだ?

これは何なのだ!地面にひれ伏させるとは
初めてフン族の王を!

【レオーネ オダベッラ フォレスト 乙女たち】
ああ、主は美徳を求めて!
一人の羊飼いがゴリアテに勝利し
慎ましい乙女に人は救われた
未知の人々の間に信仰は広がり...
敬虔で誠実な群衆を前に
今邪悪な王が退く!
ATTO PRIMO
Bosco presso il campo d'Attila

È notte; nel vicino ruscello bulicano i raggi della luna

Romanza

ODABELLA
Liberamente or piangi...
Sfrenati, o cor.
La queta ora, in che posa
Han pur le tigri, io sola
Scorro di loco in loco.
Eppur sempre quest'ora
Attendo e invoco.

Oh! nel fuggente nuvolo
Non sei tu, padre, impresso?...
Cielo!.., ha mutato immagine!...
Il mio Foresto è desso.

Sospendi, o rivo, il murmure,
Aura, non più fremir...
Ch'io degli amati spiriti
Possa la voce udir.

Duetto

ODABELLA
Qual suon di passi!
Viene Foresto, in costume barbaro

FORESTO
Donna!

ODABELLA
Gran Dio!! ...

FORESTO
Ti colgo alfine!

ODABELLA
Sì... la sua voce!
Tu... tu! Foresto? tu, l'amor mio?
Foresto, io manco!... m'affoga il cor!
Tu mi respingi? tu! sì feroce?

FORESTO
Nè a me dinanzi provi terror?

ODABELLA
riscuotendosi
Ciel!... che dicesti?

FORESTO
T'intingi invano:
Tutto conosco, tutto spiai!
Per te d'amore, furente, insano
Sprezzai perigli, giunto son qui!
Qual io ti trovi, barbara, il sai...

ODABELLA
Tu?... tu, Foresto, parli così?

FORESTO
Sì, quello io son, ravvisami,
Che tu tradisti, infida:
Qui fra le tazze e i cantici
Sorridi all'omicida...
E la tua patria in cenere
Pur non ti cade in mente...
Del padre tuo morente
L'angoscia e lo squallor.

ODABELLA
Col tuo pugnal feriscimi...
Non col tuo dir, Foresto;
Non maledir la misera...
Crudele inganno è questo!
Padre, ben puoi tu leggere
Dentro il mio sen dal cielo...
Oh! digli tu se anelo
D'alta vendetta in cor.

FORESTO
Va! racconta al sacrilego infame,
Ch'io sol resto a sbramar la sua fame.

ODABELLA
Deh!... pel cielo, pei nostri parenti,
Deh! m'ascolta, o m'uccidi, crudele!

FORESTO
Che vuoi dirmi?

ODABELLA
Foresto, rammenti
Di Giuditta che salva Israele?
Da quel dì che ti pianse caduto
Con suo padre sul campo di gloria,
Rinnovar di Giuditta l'istoria
Odabella giurava al Signor.

FORESTO
Dio!.., che intendo!

ODABELLA
La spada del mostro
Vedi, è questa! il Signor l'ha voluto!

FORESTO
Odabella, a'tuoi piedi mi prostro...

ODABELLA
Al mio seno! s'addoppia il valor!

FORESTO e ODABELLA
Oh t'innebria nell'amplesso,
Gioia immensa, indefinita!
Nell'istante a noi concesso
Si disperde il corso duol!
Ah! qui si effonde in una sola
Di due miseri la vita...
Noi ravviva, noi consola
Una speme, un voto sol.


Tenda d'Attila

Sopra il suolo, coperto da una pelle di tigre, e disteso Uldino che dorme. In fondo alla sinistra, per mezzo di una cortina sollevata a mezzo, la quale forma come una stanza appartata, scorgesi Attila in preda al sonno sopraletto orientale assai basso, e coperto egualmente do pelli di tigre

Aria

ATTILA
balzando esterrefatto
Uldino! Uldin!

ULDINO
Mio Re!

ATTILA
Non hai veduto?

ULDINO
Che mai?

ATTILA
Tu non udisti?

ULDINO
Io? nulla.

ATTILA
Eppur feroce
Qui s'aggirava. Ei mi parlò...
Sua voce
Parea vento in caverna!

ULDINO
Oh Re, d'intorno
Tutto è silenzio.., della vigil scolta
Batte soltanto il piè.

ATTILA
Mio fido, ascolta!
Mentre gonfiarsi l'anima
Parea dinanzi a Roma,
M'apparve immane un veglio,
Che m'afferrò la chioma...
Il senso ebb'io travolto,
La man gelò sul brando;
Ei mi sorrise in volto,
E tal mi fe' commando:
Di flagellar l'incarco
Contro i mortali hai sol.
T'arretra!... or chiuso è il varco;
Questo de' Numi è il suol!
In me tai detti suonano
Cupi, fatali ancor,
E l'alma in petto ad Attila
S'agghiaccia pel terror.

ULDINO
Raccapriccio! E che far pensi?

ATTILA
riaccendendosi
Or son liberi i miei sensi!
Ho rossor del mio spavento.
Chiama i druidi, i duci, i re.
Già più rapido del vento,
Roma iniqua, volo a te.
Uldino esce
Oltre quel limite
T'attendo, o spettro!
Vietarlo ad Attila
Chi mai potrà?
Vedrai se pavido
lo là m'arretro,
Se alfin me vindice
Il mondo avrà.


Finale

entrano in scena Uldino, Duci e Re

CORO
Parla, imponi.

ATTILA
L'ardite mie schiere
Sorgan tutte alle trombe guerriere,
È Wodan che a gloria v'appella:
Moviam tosto.

CORO
Sia gloria a Wodan.
Allo squillo, che al sangue ne invita,
Pronti ognora i tuoi fidi saran.
Sia gloria a Wodan.

VERGINI e FANCIULLI
interno e lontano
Vieni, le menti visita,
O spirto creator...

ATTILA
Che fia!

VERGINI e FANCIULLI
Dalla tua fronte piovere
Fanne il vital tesor.

ATTILA
Non questo è l'eco
Delle mie trombe! Aprite, olà!...


Il campo dAttila

dalla collina infondo vedesi avanzare, preceduta da
Leone e da sei Anziani, processionalmente una
schieradi Vergini e Fanciulli in bianche vesti recanti
palme.
La scena è ingombra dalle schiere d'Attila in armi. Fra lamoltitudine appare Foresta con visiera calata, Odabella e Detti

ULDINO e CORO
Chi viene?

VERGINI e FANCIULLI
avanzandosi
I guasti sensi illumina,
Spirane amore in sen.
L'oste debella e spandasi
Di pace il bel seren.

ATTILA
commovendosi a poco a poco
Uldino! è quello il bieco fantasma!...
Il vo' sfidar... Chi mi trattiene?

LEONE
Di flagellar l'incarco
Contro i mortali hai sol.
T'arretra!... or chiuso è il varco;
Questo de' numi è il suol.

ATTILA
Gran Dio! le note istesse
Che la tremenda vision m'impresse.
leva la testa al cielo sopraffatto da subito terrore
No!... non è sogno ch'or l'alma invade!
Son due giganti che investon l'etra...

Fiamme son gl'occhi, fiamme le spade...
Le ardenti punte giungono a me.

Ah!... Spirti, fermate.
Qui l'uom s'arretra;
Dinanzi ai numi prostrasi il Re!

ULDINO
Sordo ai lamenti pur de' fratelli,
Vago di sangue, di pugne solo:
La flebil voce di pochi imbelli
Qual nuovo senso suscita in me?

Qual possa è questa! Prostrato al suolo
La prima volta degli Unni il Re!

LEONE, ODABELLA, FORESTO e VERGINI
Oh, dell'Eterno mira virtute!
Da un pastorello vinto è Golìa,
Da umil fanciulla l'uomo ha salute,
Da gente ignota sparsa è la fè...
Dinanzi a turba devota e pia
Ora degli empi s'arretra il Re!


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|