オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第2幕
エツィオの宿営地

遠く七つの丘の大都市が見える

アリア

【エツィオ】
(手にパピルスの文書を持って、腹を立てた様子で)
「フン族とは休戦だ
ローマへ エツィオよ すぐに戻れ...
貴殿への命令である ヴァレンティアン」
命令だと!...このように
戴冠した子供が 私を呼び戻すのか?...
それともあの野蛮人の軍勢以上に
わが軍を恐れているのか!
この勇敢で思慮深い戦士が
ずっと頭を下げ続けるのか
臆病な傀儡の面前で?
まあ帰ってやろう...だがこの力を生かすこととは
最大限に
それは祖国をこの極限状態から救うことなのだ

不滅の頂上の
栄光の美しさより いつの日か
祖先の霊よ ああ現れたまえ
ほんの一瞬であっても!
そこを越えて勝利の鷲が
世界中を飛び回ったのだ...ああ!
下劣な死体と化したローマを
誰が今や見分けることができようか?

誰が来たのだ?

幾人かのローマの兵士たちに導かれてアッティラの奴隷の群れが現れる

【合唱】
エツィオ様に挨拶せんと
アッティラ様がわれらを寄こしました
王は望んでおられます 同意下さることを
エツィオ様とその部下がお出で頂くことに

【エツィオ】
行け!われらはすぐに戦場に戻らねばならぬ
(兵士たちは出て行くが 一人残る:それはフォレストである)
お前は何を望んでおる?

【フォレスト】
エツィオ殿 共に助かるには
あなたの徳が必要なのだ

【エツィオ】
(驚いて)
何が言いたいのだ?...ああ お前は誰だ?

【フォレスト】
今それを知ることは無駄だ
あの不敬な野蛮人が
今日死ぬのを見られようぞ

【エツィオ】
何を言っておる?

【フォレスト】
あなたの為さねばならぬことは
私の作戦を実行することだ

【エツィオ】
どうやって?

【フォレスト】
合図をしたら
ローマの軍団を準備して貰いたい
山を見たときに
狼煙が上がっていたら
襲い掛かるのだ 勇猛に
混乱した一群に!
さあ行ってくれ...

【エツィオ】
君のために必ずややり遂げよう
しっかりと見て 事を起こすぞ
(フォレストは急いで去って行く)
賽は投げられたのだ
戦の準備はできている
私が倒れるときも 強者として倒れるだろう
そしてわが名は残るのだ
私は見ることはないのだ この最愛の土地が
生気を失い 細かく分割されるのを...
最後のローマ人のことを
すべてのイタリア人たちは嘆くであろう


アッティラの宿営地 第1幕と同じような厳粛な饗が始まろうとしている

夜は明るくたくさんの炎で照らされている
この目的のために準備された太い樫の丸太から噴き上げる炎で フン族、東ゴート族 、ヘルール族などがいる 戦士たちが
歌う間にアッティラが ドルイドの神官たちや巫女たち、諸侯、王を率いて入ってきて席に着く オダベッラはアマゾネスの衣装を着ている

第2フィナーレ

【フン族と東ゴート族】
天の限りなき蒼穹
敵より奪い取りし大地
そして燃え上がる大気が
アッティラの王宮なのだ
祝宴の喜びは
今やあたりに広がっている
切り落とされた手足や首で
われらは楽しもう 新しい一日を!
(トランペットの音が到着を告げる
ウルディーノが連れてきたローマの将校たちの)

【アッティラ】
(立ち上がって)
エツィオ よく来た!われらの休戦の
印に この宴を為そうぞ

【エツィオ】
アッティラよ 戦場でも貴殿は偉大だが
一層寛大であるな
敵をもてなす時には

【ドルイドの神官たち】
(アッティラに近づくとそっと彼に言う)
王様 危険でございます
異邦人と席を同じくするのは

【アッティラ】
それがどうした?

【ドルイドの神官たち】
天に
雲が集まるのをご覧ください
血に染まった...鳥の叫びに
裏切り者の叫びが混ざり合っています
山から亡霊が叫んでいるのです!

【アッティラ】
去れ 不吉な預言者ども!

【ドルイドの神官たち】
ヴォータンがあなた様をお守りくださいますように

【アッティラ】
(巫女たちに)
フン族の聖なる娘たちよ
竪琴を鳴らし 広めるのじゃ
わが祝宴に 陽気な歌を
(全員着席する
巫女たちは真ん中に並んで次のような歌を歌い出す)


【巫女たち】
誰が心に光を与えるのでしょう?...
どんな星の
空からのかすかな震えもないのに
誰が心に光を与えるのでしょう?...
ほほ笑む月のどんな親しげな光も
打ち砕かれた幻想にはきらめくことはないのに...
けれど風はうなり 雷鳴はとどろき
トランペットの音は響きます
(突然吹いた突風が吹き消してしまう
ほとんどの炎を 全員立ち上がる 自然の恐ろしい力に
恐怖して 沈黙と一層の悲しみ フォレストはオダベッラに駆け寄る エツィオはアッティラに近づく)

【全員】
ああ!

【合唱】
山々の精霊が
目の前で咆えている
樫の木の煙も
その手に覆われた...
恐怖と神秘が
魂の上に君臨する...
さまよえる亡霊たちが
暗闇の中に現れた

【エツィオ】
(アッティラに)
私との約束を思い出せ
エツィオと共に戦うのだ
古いつわものの
手を軽蔑するのではないぞ
決心しろ 間もなく
手遅れになるぞ
(この尊大な野蛮人の
星も既に消えようとしている)

【フォレスト】
(オダベッラに)
おお花嫁よ 喜ぶがいい
今こそゴールなのだ
殺された父上の
復讐を果たせるだろう
あの杯を見てくれ
怒りの使いとなってくれるのだ
邪悪な者の唇に
ウルディンが一服盛ったのだ

【オダベッラ】
(独白)
(私たちは、復讐をしなければならないの
こいつの部下を使って?...
やつは倒されるのではありません
裏切り者の手によって
あの啓示の日に
私は神に誓ったのです
この剣なのだと
彼を打ち倒すのは)

【アッティラ】
(エツィオに)
わしを苛立たせるのか おおローマ人よ...
驚かせても無駄だ
それとも信じているのか この風が
わしに恐怖を覚えさせていると?
雨雲と暴風の中で
わしの祝宴は華やぐのだ ...
(ああ腹立たしい!もはや感じないのだ
アッティラの心を!)

【ウルディーノ】
(独白)
(運命の時の
瞬間が近づく
ウルディンよ 恐いのか?
お前はブルターニュ人ではないのか?
おお お前の心はもはや苦しまないのか
泣いている故郷のことで?
下賤な奴隷の身分のことで?)

空が明るくなる

【全員】
恐ろしい嵐は
稲妻のように消え去った
新たな平安で
空は覆われた!

【アッティラ】
(気を取り直して)
まわりの樫の木に再び火をつけよ
(奴隷たちは指示に従う)
踊りを遊興を再び始めるのだ...
皆にとってこの日が祝祭の日となるように
ウルディーノ 祝いの杯を持って来るのだ

【フォレスト】
(そっとオダベッラへ)
なぜあなたは震えているんだ?...あなたの顔は青ざめている

【アッティラ】
(杯を受け取り)
お前に杯を、わしが呼び出す偉大なるヴォータンに!

【オダベッラ】
(彼を抑えて)
王様 いけません!..毒が!...

【合唱】
何ということだ!

【アッティラ】
(激怒して)
誰が毒を盛ったのだ?

【オダベッラ】
(ああ宿命の一瞬よ!)

【フォレスト】
(毅然と歩み出て)
私だ

【アッティラ】
(彼だと気づいて)
フォレストか!

【フォレスト】
そうだ かつて
王冠を貴様の髪から奪い取った男だ...

【アッティラ】
(剣を抜いて)
ああ!わしの手のうちにとうとう落ちたな
お前の胸から魂を引きずり出してやる

【フォレスト】
(軽蔑して)
今なら簡単だろう...

【アッティラ】
(その言葉に動きを止めて)
(ああ腹立たしい!わしの恥だ!)

【オダベッラ】
王様 誰も私の獲物を横取りすることはできますまい
私はあなた様をお救い致しました...罪を暴いたのです...
私一人にその罪人の処罰をお任せくださいませ

【アッティラ】
(誇りに満ちた行為を歓迎しつつ)
そなたに与えよう!だがもっと立派な褒美を
わしに忠実なそなたには取って置いたぞ
そなたは 明日 歓呼で迎えられるのじゃ
者共より 王の花嫁として
おお わが勇者どもよ!今日一日だけは
わしは喜びと歌とを願うぞ
雷鳴は再びあたりに響くのだ
その後、復讐の惨劇となって
エツィオよ その間にローマに告げよ 
わしが夢のヴェールを引き裂いたと

【オダベッラ】
(衝動を抑え フォレストに)
あなたを惑わす怒りを抑えて
逃げて 助かって おお愛しい人
私を軽蔑し 私を非難してもいいわ
言ってください 私が卑怯で下劣だと...
だけど ああ 逃げて...明日になれば
私はすっかりあなたに許して頂けるのだから

【フォレスト】
(オダベッラに)
行くさ ああ 一人で生きるのだ
復讐の日まで
だが どんな苦しみを どんな悲しみを
お前の罪の代償に与えることができるのだろうか?
お前を待っている後悔が
永遠に苦しみであり続けることを願うぞ

【エツィオ】
(誰が秘密を暴くことができたであろうか?
誰がそれを愛する者の心に委ねられたであろうか?
行け 貪るがいい 行け 満たされよ
宿命の男よ 快楽を
だが明日には 浮かれた貴様に
エツィオは武器を手に襲い掛かるだろう)

【ウルディーノ】
(私は自分の血が凍りついて行くのを感じた...
一体誰がわれらを裏切ることができようか?
私を稲妻から 蛇から
あなたは救って下さった 勇敢な戦士よ...
ああ寛大なお方! あなたは私のことを
常にあなたの希望に忠実であるとお考えください)

【合唱】
おお強大なる王様 その心を目覚めさせて下さい...
血にお戻りください 炎にお戻りください!
さあ 罰して さあ 打ちのめしてください
裏切り者どもの群れを!
もはやあざ笑われることも 弄ばれることもないのです
われらが奴らの神々に
ATTO SECONDO
Campo d'Ezio

Scorgesi lontana la grande città dei sette colli

Aria

EZIO
tenendo in mano un papiro spiegata e mostrando dispetto
Tregua è cogl'Unni.
A Roma, Ezio, tosto ritorna...
A te l'impone Valentinion.
L'impone!... e in cotal modo,
Coronato fanciut, me tu richiami?...
Or, or, più che del barbaro
Le mie schiere paventi!
Un prode guerrier canuto
piegherà mai sempre
Dinanzi a imbelle, a concubino servo?
Ben io verrò.., ma qual s'addice al forte,
Il cui poter supremo
La patria leverà da tanto estremo!

Dagl'immortali vertici
Belli di gloria, un giorno,
L'ombre degli avi, ah sorgano:
Solo un istante intorno!
Di là vittrice l'aquila
Per l'orbe il vol spiegò... ah!
Roma nel vil cadavere
Chi ravvisare or può?

Chi vien?

preceduta da alcuni saldati romani presentasi uno stuolo di schiavi d'Attila

CORO
Salute ad Ezio,
Attila invia per noi.
Brama che a lui convengano
Ezio, ed i primi suoi.

EZIO
Ite! noi tosto al campo verrem.
i Saldati partono, una è rimastoa: egli è Foresto
Che brami tu?

FORESTO
Ezio, al comune scampo
Manca la tua virtù.

EZIO
sorpreso
Che intendi?... Oh chi tu sei?

FORESTO
Ora saperlo è vano;
Il barbaro profano
Oggi vedrai morir.

EZIO
Che narri?

FORESTO
Allor tu dei
L'opera mia compir.

EZIO
Come?

FORESTO
Ad un cenno pronte
Stian le romane schiere;
Quando vedrai dal monte
Un fuoco lampeggiar,
Prorompano, quai fiere,
Sullo smarrito branco!
Or va...

EZIO
Dite non manco,
Saprò vedere, e oprar.
Foresta parte rapidamente
È gettata la mia sorte,
Pronto sono ad ogni guerra;
S'io cadrò, cadrò da forte,
E il mio nome resterà.
Non vedrò l'amata terra
Svenir lenta e farsi a brano...
Sopra l'ultimo romano
Tutta Italia piangerà.


Campo d'Attila come nell'atto primo, apprestato a solenne convito

La notte è vivamente rischiarata da cento fiamme che
irrompono da grossi tronchi di quercia preparati all'uopo. Unni, Ostrogoti, Eruli, ecc.Mentre i guerrieri
cantano, Attila, seguita dai Druidi, dalle Sacerdotesse, dai Duci e Re, va ad assidersi al posto, Odabella gli è presso in costume d'Amazzone.

Finale Secondo

UNNI ED OSTROGOTI
Del ciel l'immensa volta,
Terra, ai nemici tolta,
Ed aer che fiammeggia
Son d'Attila la reggia.
La gioia delle conche
Or si diffonda intorno;
Di membra e teste tronche
Godremo al nuovo giorno!
una squillo di tromba annuncia l'arriva degli
ufficialiromani preceduti da Uldino

ATTILA
alzandosi
Ezio, ben vieni! Della tregua nostra
Fia suggello il convito.

EZIO
Attila, grande in guerra sei,
Più generoso ancora
Con ospite nemico.

DRUIDI
si avvicinano ad Attila e gli dicano sottovoce
O Re; fatale è
Seder collo stranio.

ATTILA
E che?

DRUIDI
Nel cielo
Vedi adunarsi i nembi
Di sangue tinti... Di sinistri augelli
Misto all'infausto grido
Dalle montagne urlò lo spirto infido!

ATTILA
Via, profeti del mal!

DRUID!
Wodan ti guardi.

ATTILA
alle Sacerdotesse
Sacre figlie degli Unni,
Percuotete le cetre, e si diffonda
Delle mie feste la canzon gioconda.
tutti si assidano. Le
Sacerdotesse, schieratesi nel mezzo, alzano il seguente canto

SACERDOTESSE
Chi dona luce al cor?...
Di stella alcuna
Dal cielo il vago tremolar non pende;
Chi dona luce al cor?..
Non raggio amico di ridente luna
Alla percossa fantasia risplende...
Ma fischia il vento, rumoreggia il tuono,
Sol dan le corde della tromba il suono.
un improvviso e rapido soffio procelloso spegne gran
parte delle fiamme. Tutti si alzano per natural moto di
terrore. Silenzio e tristezza generale. Foresta è corso ad Odabella, Ezio s'è avvicinato ad Attila.

TUTTI
Ah!

CORO
Lo spirto de' monti
Ne rugge alle fronti,
Le quercie fumanti
Sua mano coprì...
Terrore, mistero
Sull'anima ha impero...
Stuol d'ombre vaganti
Nel buio apparì.

EZIO
ad Attila
Rammenta i miei patti,
Con Ezio combatti;
Del vecchio guerriero
La mano non sprezzar.
Decidi. Fra poco
Non fora più loco.
(Del barbaro altiero
Già l'astro dispar.)

FORESTO
ad Odabella
O sposa, t'allieta,
È giunta la meta,
De'padri lo scempio
Vendetta otterrà.
La tazza là mira
Ministra dell'ira,
Al labbro dell'empio,
Uldin l'offrirà.

ODABELLA
da sè
(Vendetta avrem noi
Per mano de' suoi?...
Non fia ch'egli cada
Pel loro tradir.
Nel giorno segnato
A Dio l'ho giurato
È questa la spada
Che il deve colpir.)

ATTILA
ad Ezio
M'irriti, o Romano...
Sorprendermi è vano:
O credi che il vento
M'infonda terror?
Nei nembi e tempeste
S'allietan mie feste...
(Oh rabbia! non sento
Più d'Attila il cor!)

ULDINO
da sè
(Dell'ora funesta
L'istante s'appresta..
.Uldin paventi?
Breton non sei tu?
O il cor più non t'ange
La patria che piange?
La rea servitù?)

II cielo si rasserena

TUTTI
L'orrenda procella
Qual lampo sparì.
Di calma novella
Il ciel si vestì!

ATTILA
riscuotendosi
Si riaccendan le quercie d'intorno,
gli schiavi eseguiscono il cenno
Si rannodi la danza ed il giuoco...
Sia per tutti festivo tal giorno.
Porgi, Uldino, la conca ospitai.

FORESTO
sottovoce ad Odabella
Perchè tremi?... s'imbianca il tuo volto.

ATTILA
ricevendo la tazza
Libo a te, gran Wodano, che invoco!

ODABELLA
trattenendolo
Re, ti ferma!.., è veleno!...

CORO
Che ascolto!

ATTILA
furibondo
Chi 'I temprava?

ODABELLA
(Oh momento fatal!)

FORESTO
avanzandosi con fermezza
lo.

ATTILA
ravvisandolo
Foresto!

FORESTO
Sì, quel che un giorno
La corona strappò dal tuo crine...

ATTILA
traendo la spada
Ah! In mia mano caduto se' alfine,
Ben io l'ama dal sen ti trarrò.

FORESTO
con scherno
Or t'è lieve...

ATTILA
fermandosi a tai parole
(Oh mia rabbia! oh mio scorno!)

ODABELLA
Re, la preda niun toglier mi può.
Io t'ho salvo.., il delitto svelai...
Da me sol fia punito l'indegno.

ATTILA
compiacendosi del fiero atto
Io tel dono! Ma premio più degno,
Mia fedele, riserbasi a te:
Tu doman salutata verrai
Dalle genti qual sposa del re.
Oh miei prodi! un solo giorno
Chiedo a voi di gioia e canto,
Tuonerà di nuovo intorno
Poscia il vindice flagel.
Ezio, in Roma annuncia intanto
Ch'io de' sogni ho rotto il vel.

ODABELLA
con represso impeto o Foresto
Frena l'ira che t'inganna;
Fuggi, salvati, o fratello.
Me disprezza, me condanna,
Di' che vile, infame io son...
Ma, deh, fuggi... al dì novello
Avrò tutto il tuo perdon.

FORESTO
ad Odabella
Parto sì, per viver solo
Fino al dì della vendetta:
Ma qual pena, ma qual duolo
A tua colpa si può dar?
Del rimorso che t'aspetta
Duri eterno il flagellar.

EZIO
(chi l'arcan svelar potea?
Chi fidarlo a core amante?
Va, ti pasci, va, ti bea
Fatal uom, di voluttà
Ma doman su te festante
Ezio in armi piomberà)

ULDINO
(Io gelar m'intesi il sangue...
Chi tradir poteane omai?
Me dal fulmine, dall'angue,
Tu salvasti, o pro' guerrier...
Ah generoso! E tu m'avrai
Sempre fido al tuo voler.)

CORO
Oh Re possente, il cor riscuoti...
Torna al sangue, torna al fuoco!
Su, punisci, su, percuoti
Questo stuolo di traditor!
Non più scherno, non più giuoco
Noi sarem de' numi lor.


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|